ホーム > 府議会の活動 > さまざまな取組 > 議会改革の検討 > 議会改革に関する議長諮問に対する検討(令和元年度から)

ここから本文です。

更新日:2019年7月16日

議会改革に関する議長諮問に対する検討(令和元年度から)

議長から議会運営委員会への諮問

令和元年7月3日、田中議長から議会運営委員会に対し、次の2項目の諮問がされました。

  1. 選挙区ごとに選出される議員には、それぞれの地域の課題や要望をしっかりと把握し、地域の多様な可能性を感じながら、それらを府域全体の発展に資する府政の方針・政策・施策として鍛え上げる力量が求められており、そのための議員力向上の取組の実施検討
  2. 二元代表制の一翼を担う議会は、知事等の執行機関に対する政策提言という重要な機能を有しており、その機能が今まで以上に機動的かつ効果的に発揮される、議会・委員会運営のあり方の検討(試行の検証を含む。)

r010703_kaikaku-shimon

令和元年7月3日、議会運営委員会において田中議長から秋田委員長に諮問書を手交

議会改革に関する諮問書(PDF:43KB)

1.議員力向上の取組の実施検討

政策調整会議における検討

令和元7月4日、議長からの諮問事項である、「1.選挙区ごとに選出される議員には、それぞれの地域の課題や要望をしっかりと把握し、地域の多様な可能性を感じながら、それらを府域全体の発展に資する府政の方針・政策・施策として鍛え上げる力量が求められており、そのための議員力向上の取組の実施検討」について、理事調整会議から政策調整会議に対し、実施案の検討について依頼がなされました。今後、同会議において検討が進められます。

理事調整会議からの依頼書(PDF:32KB)

政策調整会議委員

  • 池田正義(自民):座長
  • 能勢昌博(自民)
  • 馬場紘平(共産)
  • 田中健志(府民)
  • 小鍛治義広(公明)

2.議会・委員会運営のあり方の検討

議会改革検討小委員会の設置

令和元年7月4日、議長からの諮問に基づき、「2.二元代表制の一翼を担う議会は、知事等の執行機関に対する政策提言という重要な機能を有しており、その機能が今まで以上に機動的かつ効果的に発揮される、議会・委員会運営のあり方の検討(試行の検証を含む。)」について検討するため、議会運営委員会に議会改革検討小委員会が設置されました。今後、同小委員会において検討が進められます。

令和元年7月4日設置

  • 荒巻隆三(自民):委員長
  • 菅谷寛志(自民)
  • 能勢昌博(自民)(作業部会長)
  • 岸本裕一(自民)
  • 家元 優(自民)(作業部会委員)
  • 宮下友紀子(自民)
  • 光永敦彦(共産)
  • 浜田良之(共産)(作業部会委員)
  • 平井斉己(府民)
  • 堤 淳太(府民)(作業部会委員)
  • 諸岡美津(公明)
  • 小鍛治義広(公明)(作業部会委員)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府議会事務局議事課政策法務係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398