ホーム > お知らせ・ご案内 > 広報・広聴の取組 > 京都府議会/府議会だより > 府議会だよりNo.5 平成26年2月発行 > 議会改革の動き  ~補正予算審議の充実~

ここから本文です。

更新日:2016年4月8日

議会改革の動き  ~補正予算審議の充実~

 

 府議会では「開かれた議会」や「政策提案・監視機能の強化」を目指して、議会改革に取り組んでいます。
今回、予算に対するチェック機能の強化の観点から次の取り組みを行います。

知事選挙のある年の予算編成

 平成26年4月に知事選挙が行われます。4年ごとの知事選挙のある年は、2月定例会で決定される次年度当初予算は骨格的なものにとどめ、新しく知事が決まった後の6月定例会で、新たな知事の方針に基づく肉付けの補正予算が編成されます。

肉付け(補正)予算チェックの強化

 知事選挙後の6月定例会での肉付け(補正)予算は、新たな知事による政策が盛り込まれた重要な予算であることから、当初予算と同様に予算特別委員会を設置して審議するなど、議会によるチェックを強化します。

議会改革の動き

お問い合わせ

京都府議会事務局総務課広報広聴係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398