ホーム > お知らせ・ご案内 > 広報・広聴の取組 > 京都府議会/府議会だより > 府議会だよりNo.6 平成26年5月発行 > 京都府議会 よもやま話

ここから本文です。

更新日:2014年7月1日

京都府議会 よもやま話

 

全国初の公聴会を開催

 昭和22年12月5日、当時の民生委員会は全国初の公聴会を議場で開催。議題は母子寮入居者、戦争傷痍者(しょういしゃ)、引揚者、遺族などの生活問題であり、関係団体の代表者や学識経験者から意見を聞きました。
 「母親に職を、子どもに託児所を、夜具を、衣類を」、「戦争で失明した者同士で憩える家を作ってください。」など戦争犠牲者たちの切々たる声に、司会を務めていた大野熊雄民生委員長は思わずもらい泣きをしたとのことです。この公聴会をきっかけに全国で初めての視覚障害者のための施設「京都寮」が開設されました。また、この全国初の公聴会の模様は放送局からも録音放送されました。

写真:鴨川母子寮

当時使われていた鴨川母子寮

お問い合わせ

京都府議会事務局委員会課調査係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398