ホーム > お知らせ・ご案内 > 広報・広聴の取組 > 京都府議会/府議会だより > 府議会だよりNo.24 平成29年12月発行 > 決算特別委員会開催~平成28年度会計決算~

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

決算特別委員会開催~平成28年度会計決算~

決算特別委員会設置

書面審査・総括質疑

部局ごとの書面審査や知事に対する総括質疑を行い、さまざまな指摘・要望が出されました。
  • 「介護保険の保険料、利用料の負担軽減を」
  • 「積極的な無電柱化を進めるべき」
  • 「ヘルプマークの周知・啓発を推進すべき」
  • 「太陽光発電や風力発電を推進し、従来型電源を縮小すべき」

書面審査・総括質疑

総括質疑(主な項目)10月24日(火曜日)

巽 昭
(自民 京丹後市)
  • 地域経済の格差について
  • 災害に強い京都府づくりについて
園崎 弘道
(自民 城陽市)
  • 障害者スポーツの聖地化について
  • エコ意識の醸成について
磯野 勝
(自民 向日市)
  • 電柱の無いまちづくりの推進について
  • 乙訓かぐや姫観光の推進について
成宮 真理子
(共産 西京区)
  • 「貧困と格差」からいのちを守る老人医療助成制度の本人負担の軽減、子どもの医療費無料化、国民健康保険料の引き下げについて
  • 住民のいのちと安全をおびやかす原発再稼働について
加味根 史朗
(共産 右京区)
  • 米軍レーダー基地及び福知山市での米軍射撃訓練について
  • 正規労働者の拡大及び京都府職員の時間外勤務の削減について
酒井 常雄
(民進 城陽市)
  • 少子化対策総合戦略について
  • 将来的なインフラ整備について
小原 舞
(民進 舞鶴市)
  • 京都舞鶴港振興について
  • 京都府北部における中小企業の人手不足について
村井 弘
(公明 宇治市・久世郡)
  • ハザードマップの作成と活用について
  • 小規模茶園に対する支援策について

決算の認定

10月30日(月曜日)に平成28年度決算は認定されました。

平成28年度一般会計歳出額
9,382億円

<ワンポイント>決算認定は議会の権限です!

決算特別委員会は、京都府の決算について、どのように使われ、どういった成果を上げたかなどを審議し、認定するため特別に設置された委員会だワン。

意見・提言

書面審査や総括質疑の中で出された指摘・要望事項37項目を意見・提言として取りまとめ、知事に対し、来年度の予算編成に反映するよう求めました。

  • 地域資源や特色を活かし、市町村などとの連携による持続的かつ効果的な地域創生の取り組みを推進すること
  • 関係機関との連携のもと、地域の防災対策や危機管理体制のさらなる充実に努めること
  • スポーツの国際大会開催を見据え、市町村などと連携し、スポーツ振興を一層推進すること
  • 魅力あふれる学校づくりを推進し、高校教育の充実に努めること

※その他の項目については府議会HPをご覧ください。


10月30日(月曜日)に「意見・提言」として知事に手渡しました。

お問い合わせ

京都府議会事務局総務課広報広聴係

京都市上京区下立売通新町西入

ファックス:075-441-8398