ホーム > 京都の魅力・観光 > 伝統的行催事 > 上奈良ずいきみこし

ここから本文です。

上奈良ずいきみこし

上奈良の御園神社は、延暦6年(787年)11月、桓武天皇の時代に社を建立し、奈良の春日大社から三神を移座したと伝えられている。その地は「奈良の御園」として朝廷に献上する瓜、ナス、ダイコンなどの野菜を栽培したところでもあった。その名残が毎年10月、五穀豊穣を祈願して、その年に収穫されたサトイモの茎で屋根を葺き、トウガラシ、アズキなど30種もの野菜で飾りたてた「ずいきみこし」の巡行にみることができる。

  • 行催事開催日:10月上旬
  • 行催事開催場所:八幡市・御園神社
  • 交通アクセス:京阪本線「八幡市」駅から京阪宇治交通バスで「上奈良」下車

上奈良ずいきみこし

さらに詳しい地図情報を見る(府・市町村共同統合型地理情報システム)(外部リンク)

  • 問い合わせ先:ずいきみこし保存会 075-981-2692

 

目次へ戻る

お問い合わせ

商工労働観光部観光政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4843

ファックス:075-414-4870

kanko@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?