ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ » 健康・医療 » 心の健康のためのサービスガイド

> トップ > 新着情報 > 北部タスクフォース養成研修会

令和元年度

「子どものためのメンタルヘルス予防教育プログラム」北部タスクフォース養成研修会

不登校や自殺等、子どもたちが抱える心の問題は、全国的にも大きな課題であり、より効果的な予防介入法が求められています。こうした現状を受け、京都府精神保健福祉総合センターでは京都府の事業として同志社大学や国の機関との共同で「子どものためのメンタルヘルス予防教育プログラム」の社会実装をすすめてきました。

この度プログラムの普及に向けて、当プログラムの実施・指導ができるタスクフォース注1養成研修会を開催しますので、お知らせします。

» プログラムの詳細

日時(全3回)

(開場はいずれも午後0時30分です。)
研修会A 令和元年11月29日(金曜) 午後1時30分〜午後4時
研修会B 令和元年12月16日(月曜) 午後1時30分〜午後4時
研修会C 令和2年1月20日(月曜) 午後1時30分〜午後4時
  • 研修会A・B・Cの3日間を受講後、タスクフォース養成研修会終了証が発行されます。

  • 3日間全てのご参加が難しい場合には、一部、または全てを来年度以降のタスクフォース養成研修会にて受講していただくことも可能です。

  • 今年度の南部開催は終了いたしました。あらかじめご了承ください。
    南部研修会では29名のタスクフォースが誕生しました。

会場

市民交流プラザふくちやま 市民交流スペース(11月29日、1月20日)及び会議室4−1(12月16日のみ)
(京都府福知山市駅前町400)

最寄駅:JR福知山駅北口より徒歩1分

※駐車場(一部有料)もご利用いただけますが、収容台数に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用下さい。

市民交流プラザふくちやま

内容

  • プログラムの内容の解説・体験
  • プログラム実施校の先生による講演
  • 質疑応答

※ 各回内容が異なります。

講師

同志社大学心理学部 教授 石川 信一
京都府精神保健福祉総合センター 相談指導課長 村澤 孝子
同志社大学研究開発推進機構 特定任用研究員 肥田 乃梨子
京都府精神保健福祉総合センター 臨床心理士 小國 真由子

参加対象及び定員

国公私立小学校、中学校、義務教育学校、高等学校及び特別支援学校の教職員、スクールカウンセラー、心理士、精神保健福祉士 等 50名程度(先着順)

テキスト

当プログラムの子ども用冊子、指導案、技法解説、Q&A集をまとめた、カラーテキスト6冊は当日受講者に無料で配付します。(各回開催時に2冊ずつ配付。)

参加申込・問合せ先

京都府精神保健福祉総合センター 相談指導課 小國 村澤まで
Mail: a-05164@pref.kyoto.lg.jp Tel: 075-641-1810

申込方法:氏名、所属、職名を御記入の上、上記アドレスまでお申し込み下さい。
申込締切:令和元年11月22日(金曜)午後5時15分

主催

京都府精神保健福祉総合センター 同志社大学 社会技術研究開発センター(RISTEX)

注1
タスクフォースとは、一般的には「緊急かつ重要な任務に従事する精鋭部隊」を意味しますが、このプロジェクトでは、メンタルヘルス予防教育プログラムを普及するために養成された指導者のことを指します。プログラム実践校からの依頼を受け、現地へ訪問し、プログラム実施を担当する教員に対して指導助言を行うことを業務とします。
タスクフォース業務への謝礼は、時給2,000円(交通費別途支給)…お受け取りが可能な立場の方のみ
また、御所属の学校で、プログラムを御指導いただくこともできます。

 

トップページに戻る


ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.