ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係るワクチンの接種について

新型コロナワクチンの接種に関する情報を、府民の皆様に分かりやすくお伝えしていきます。

接種時期

医薬品としての承認がなされれば、医療従事者等の後、高齢者、基礎疾患を有する方等の順に接種を進めていく見込みです。

接種を受ける際の同意の取得

強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行いますので、予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくこととなります。

行政機関をかたった「なりすまし」にご注意ください!

市区町村が電話やメールで個人情報を求めることはありません。詳しくは便乗悪質商法の注意喚起!(消費者庁HP)をご確認ください。

 

接種順位・時期

以下のような順でワクチンを受けていただく見込みです。(以下厚生労働省HPより抜粋)

順位 対象者

接種時期

1 医療従事者等

令和3年3月上旬~

2 高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方) 令和3年4月12日(月曜)~
3

高齢者以外で基礎疾患を有する者や高齢者施設等の従事者、60~64歳の者

未定
4 上記以外の方 未定

注)範囲については、厚生労働省HP(外部リンク)をご確認ください。

接種後にはワクチンが免疫を付ける反応を起こすことによる副反応が生じる可能性があります。

詳細・お問合せは新型コロナワクチンの副反応についてをご確認ください。

接種対象者別のお知らせ

(1)医療従事者等

感染リスクの高い医療従事者等への新型ワクチンの接種については、医療従事者、医療関係団体等の協力のもと京都府で準備を進めております。

医療従事者向けの優先接種については、医療従事者等への新型コロナウイルス感染症に係る予防接種(サイト内ページ)をご確認ください。

(2)高齢者、(3)基礎疾患を有する方(高齢者除く)、高齢者施設等で従事されている方、60~64歳の方、(4)(1)~(3)以外の方を対象とした住民接種について

具体的な時期や方法については、京都府及び市町村で調整中ですが、今後市町村から周知される予定です。

京都府の取組

新型コロナワクチン接種調整会議

京都府では、市町村と連携し、医師会等関係団体の協力を得て、接種を希望する府民が身近な地域で適切にワクチンを接種できるよう、京都府新型コロナワクチン接種調整会議を設置しています。

▷第1回京都府新型コロナワクチン接種調整会議(令和3年1月22日)

全体版(PDF:2,003KB)

次第(PDF:65KB)資料1(PDF:99KB)資料2(PDF:743KB)資料3(PDF:486KB)資料4(PDF:665KB)

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の円滑な実施に関する協定締結

府内全域での円滑なワクチン接種に向け、京都府及び市町村並びに医療関係団体が相互に協力し、府民の皆さまに安心してワクチンを受けていただける体制を整えるため、京都府、京都府市長会、京都府町村会、京都府消防長会、一般社団法人京都府医師会、一般社団法人京都府病院協会、一般社団法人京都私立病院協会、一般社団法人京都府薬剤師会、公益社団法人京都府看護協会の9者で協定を締結いたしました。(令和3年2月19日)

▷協定締結式の様子

kyoutei左から、京都府看護協会 会長 中島すま子様、京都府薬剤師会 会長 河上英治様、京都府私立病院協会 会長 清水鴻一郎様、京都府病院協会 会長 辰巳哲也様、京都府医師会会長 松井道宣様、京都府知事 西脇隆俊、京都府市長会 会長 山崎善也様、京都府町村会 会長 汐見明男様、京都府消防長会 会長 中澤明彦様

新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種の円滑な実施に関する協定書(PDF:171KB)

 

 

 

 

 

お問い合わせ

新型コロナワクチン接種に関する相談は、国・都道府県・市町村及びワクチンメーカー等がそれぞれの役割に応じて対応しています。

 

関連リンク

各市町村窓口や国からの情報を案内しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

京都府健康福祉部ワクチン接種チーム
vaccine2021@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?