ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府保健環境研究所 > 京都府市連携「夏休み体験教室 科学の目で見なおそう身の周り」を開催しました

ここから本文です。

京都府市連携「夏休み体験教室 科学の目で見なおそう身の周り」を開催しました

京都府保健環境研究所では、毎年、夏休み期間に、実験や検査を通して、身近な問題に対する意識を高めていただくことを目的に、体験教室を開催しています。

平成29年度は京都市との合同開催で小学生・2コース(京都府保健環境研究所)、中学生・3コース(京都市衛生環境研究所)の計5コースを用意しました。

7月28日(金曜日)の開催日、京都府保健環境研究所が会場の小学生コースには、事前に申込のあった51名が集まり、次の実験に真剣に取り組むとともに、楽しく過ごしていただきました。


ムラサキキャベツで水溶液の性質をしらべよう

ムラサキキャベツを使って、身の周りにあるH29kankyophoto1

さまざまな水溶液の酸性・アルカリ性をしらべました。

詳しい内容はこちらのテキストをご覧ください。

 

ムラサキキャベツで水溶液の性質を調べよう(PDF:585KB)

 

iPS細胞を見てみよう!

H29hokenphoto人のからだのしくみや成り立ちを学ぶとともに、

iPS細胞の実物を観察しました。

詳しい内容はこちらのテキストをご覧ください。

 

iPS細胞を見てみよう!(PDF:2,322KB)

 


 

参加者の声

 

いろいろなしらないことやおもしろいことをやってとてもたのしかった。

ふだんつかえない道具がつかえてとても楽しかったです。

iPS細胞や細胞の意味がくわしく分かった。

そのほかにも、おもしろかった、楽しかったという感想がたくさん寄せられました。

 

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?