ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府の産業立地 > 京都府内の大学・研究機関等 研究機関 > 京都府保健環境研究所 > 京都府市連携「夏休み体験教室 科学の目で見なおそう身の周り」を開催しました

ここから本文です。

京都府市連携「夏休み体験教室 科学の目で見なおそう身の周り」を開催しました

京都府保健環境研究所では、毎年、夏休み期間に、実験や検査を通して、身近な問題に対する意識を高めていただくことを目的に、体験教室を開催しています。

平成30年度は京都市との合同開催で小学生・2コース(京都府保健環境研究所)、中学生・3コース(京都市衛生環境研究所)の計5コースを用意しました。

7月27日(金曜日)の開催日、京都府保健環境研究所が会場の小学生コースには、事前に申込のあった43名が集まり、次の実験に真剣に取り組むとともに、楽しく過ごしていただきました。


ごみをリサイクルしてみよう

牛乳パックで紙すきをし、作った紙を使ってごみをリサイクルしてみよう

風鈴を作りました。

詳しい内容はこちらのテキストをご覧ください。

 

ごみをリサイクルしてみよう(PDF:395KB)

 

iPS細胞を見てみよう!

ヒトの体のしくみや成り立ちを学ぶとともに、iPS細胞をみてみよう!

iPS細胞の実物を観察しました。

詳しい内容はこちらのテキストをご覧ください。

 

iPS細胞を見てみよう!(PDF:1,090KB)

 


 

参加者の声

 

今まで特別な機械を使わないと、リサイクルできないと思っていたけど、簡単なもので出来ると知って、家でもやってみたいと思いました。

どうして紙が作られているかとかがいろいろ分かった。

先生の説明も分かりやすかったし、滅多に見られないiPS細胞が、見られたので、よかったです。

初めて知ることがたくさんで、楽しかったです。

今日の教室でiPS細胞はいろいろな細胞になれることが分かりました。いろいろな細胞になれるので、治せなかった病気も治せるかもしれないのですごいと思いました。

 

そのほかにも、おもしろかった、楽しかったという感想がたくさん寄せられました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?