ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府保健環境研究所 > 府民公開講座「健康長寿社会の実現に向けた『iPS細胞』の活用について」を開催しました

ここから本文です。

府民公開講座「健康長寿社会の実現に向けた『iPS細胞』の活用について」を開催しました

京都府保健環境研究所では、府民の皆様の健康の保持・増進と環境の保全のため、各種試験・検査・調査研究を行っています。

今回、府政の重要課題である「健康長寿」をテーマとし、府民の皆様に知識を深めていただくとともに、本研究所の仕事についてより知っていただくため、府民公開講座を開催しました。

11月20日(月曜日)の開催日、会場の新・都ホテルには、約140名の参加がありました。


講演「『iPS細胞』研究のこれまでとこれから」

 京都大学iPS細胞研究所 中川 誠人氏から、iPS細胞が作られた経緯やES細胞との違い、また培養方法などiPS細胞の基礎的知識を解説いただき、さらに、自分の細胞をストックし将来に役立てる「再生医療用iPS細胞ストックプロジェクト」の紹介などの講演をいただきました。 

 koza17_1

講演「iPSテクノロジーの活用で医薬・医療分野の未来を拓く」

 (株)iPSポータル 小林 義史氏から、現在難病であるFOP(進行性骨化性線維異形成症)の治療や、ワクチン製造への利用などの最新の研究紹介をはじめ、創薬分野の現状と課題などをわかりやすく説明いただきました。 

 koza17_2

講演・実習「『iPS』細胞を実際に見てみよう! ~保健環境研究所の業務紹介~」 

 iPS細胞や、iPS細胞から作成した、動いている心筋細胞を、実際に顕微鏡で観察する実習を行いました。 
また、実験室の様子やiPS細胞を取り扱う時の服装をビデオで解説し、当研究所でiPS細胞を取り扱うために倫理審査を受けたこと等を説明しました。

 koza17_3

 

参加者の声

 

・iPS細胞の実物を見られて感動した。

・これからの医療に是非役立っていけばよいと思った。

・難しい内容を分かりやすく説明してもらえて、良い講演だった。

・今後もこのような講座を継続していくことにより、府民に役立つと思う。

そのほかにも、興味深かった、参考になったという感想が寄せられました。

 

  

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?