ここから本文です。

総務事務システムの整備

個々の職員が総務事務に係る各種申請・届出について、自らのパソコンで情報を入力(発生源入力)する総務事務システムを導入することにより「中間経由事務を排除」するとともに、大量・反復して人手を介する処理が発生する事務を、事務集中処理部門において「集中処理」を行うことにより、間接業務の大幅な効率化を実現します。

総務事務システムの整備・事務集中処理(イメージ図)

総務事務システムの特長

  1. 休暇、手当、旅費等の手続は、職員本人が自らのパソコン画面に入力して実施します。
  2. 手作業による煩雑な旅費・通勤手当業務の簡素化します。
  3. 交通費計算ソフト、GISの活用により、自動計算と迅速な支給を実現します。
  4. 手当、旅費、臨時職員等に係る事務を集中処理し、所属の事務負担を大幅に削減します。
  5. 職員給与支給時の明細等をパソコン画面で閲覧可能とし、紙による明細の配布事務を削減します。

スケジュール

平成19年4月~ 運用開始

お問い合わせ

政策企画部情報政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

johoseisaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?