ここから本文です。

統合財務システムの整備

従来の財務会計機能に加えて、予算編成支援、決算管理機能等を新たに追加することで、予算から執行、決算までのデータ統合、一元管理し、財務管理の業務プロセス全体を通じて効率化・省力化を図ります。さらに、ホストコンピュータからの脱却、市町村とのシステム共同化により、更なるコストの削減を図ります。

統合財務システム(イメージ図)

統合財務システムの特長

  1. 予算編成支援 (予算編成プロセスの透明化、議案等作成支援)
  2. 決算管理 (決算情報のアカウンタビリティ、議案等作成支援)
  3. 事項別管理 (事項別に予算から決算までのデータを一元的に管理)
  4. 電子決裁、入力支援等 (電子決裁連携、ガイダンス表示、各種データ管理手法改善)
  5. Web方式 (システムに関与する職員の異動、増減等に柔軟に対応)

スケジュール

平成17年4月~平成18年3月 システム開発
平成18年7月~平成19年2月 研修実施(予算編成支援系 平成18年7月~平成18年9月、執行系 平成18年11月~平成19年2月)
平成18年10月~ 運用開始(予算編成支援系)
平成19年4月~ 運用開始(執行系)

お問い合わせ

政策企画部情報政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

johoseisaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?