京都府 > 京都府感染症発生動向調査

文字サイズの変更

京都府感染症情報センター
  サイトマップ
京都府ホームページ 京都府保健環境研究所ホームページ
トップページ 今週の感染情報 情報バックナンバー 感染症情報センターとは アクセス リンク
今週の感染症情報

ホーム >> 今週の感染症報告

<平成19年第51週>平成19年12月17日〜平成19年12月23日

今週のコメント

 今週の京都府感染症動向では、インフルエンザが増加して第二位に入りました。近隣の和歌山県や兵庫県では県単位で注意報が出ています。しかし京都府内ではまだ注意報基準10に達する地域はありません。
 インフルエンザはインフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。一般かぜと違って、のどの痛み、咳や痰などの呼吸器症状だけでなく、38度以上の高熱や頭痛、筋肉痛、関節痛など全身に症状が現れ、症状が重くなることが特徴です。インフルエンザの最も効果的な予防方法は流行前に予防接種を受けることです。流行が始まりつつある今からは、@流行期に人ごみを避ける、A外出後はうがいや手洗いをする、B室内の湿度を保つ、C十分に栄養や休養を取って体力をつける、など日常生活で予防を心がけるようにしましょう。

  全数報告の感染症

分類 報告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核の報告が4件ありました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 レジオネラ症の報告が1件ありました
5類感染症 報告がありません
 
定点把握の対象となる5類感染症

定点当たりの報告数の多い上位5疾患

■京都府及び全国での定点当たりの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 16.73 18.99
2 インフルエンザ 1.85 7.18
3 水痘 1.30 2.19
4 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.09 2.04
5 RSウイルス感染症 0.82 1.20

■基幹定点

報告がありません


■眼科定点

流行性角結膜炎の報告が11件ありました

■京都府での定点当たりの報告数が多い上位5疾患の推移


先週からの推移は次のとおりです。
今週も第1位は「感染性胃腸炎」 17.40→16.73 。
「インフルエンザ」は今週第2位になりました。 1.23→1.85 でやや増加。第3位が「水痘」 1.52→1.30 です。
第4位・第5位は先週と変わらず 「A群溶血性レンサ球菌咽頭炎」・「RSウイルス感染症」です。それぞれ 1.20→1.09 ・ 0.73→0.82 です。


疾患ごとのページへのリンク

■京都府

インフルエンザ 咽頭結膜熱 A群溶血性連鎖球菌咽頭炎 感染性胃腸炎 水痘
手足口病   伝染性紅斑   突発性発疹   百日咳   風疹
ヘルパンギーナ   麻疹(成人麻疹を除く)  	  流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎

ページトップへ

Copyright(c) 2006 Kyoto Prefecture Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.