ホーム >> 感染症情報(週報)

<平成31年第14週>平成31年4月1日〜平成31年4月7日

今週のコメント

平成31年第14週の報告です。
感染性胃腸炎が定点あたり5.89件と増加しています。その他の感染症は大きな変化はありません。乙訓京都市右京区での伝染性紅斑は今週も引き続き警報レベルとなっています。また、水痘京都市上京区で定点あたり1.00件、乙訓で定点あたり1.67件と注意報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が10件、レジオネラ症が1件、カルバベネム耐性腸内細菌感染症・侵襲性肺炎球菌感染症百日咳がそれぞれ3件 、梅毒が 1件報告されました。また、基幹定点の報告としてロタウイルスによる感染性胃腸炎が3件、眼科定点の報告で流行性角結膜炎が3件報告されました。
風疹の患者報告数が増加しています。2019年第1〜14週の累積患者数は1202人と1000人を超えました。風しんは2013年の流行以降、年間100人前後で推移していましたが、2018年には2937人が報告され2019年もすでに1000人を超える報告があります。関東地方からの報告が多いですが、京都府からも複数の報告がされています。報告されている風しん患者の中心は、過去にワクチンを受けておらず、風しんウイルスに感染したことがない、抗体を保有していない集団であり、これらの方々への対策が重要です。また妊娠出産年齢の女性の抗体保有率は95%以上と高値ですが抗体価が低い方もおられますので、妊娠20週頃までの風しんウイルス感染には注意が必要です。近年、風しん患者の中心は小児から成人へとうつっており、先天性風しん症候群の予防のためにも女性は妊娠前2回の風しんワクチンを接種し、さらに周囲の方のもワクチン接種を行うことが重要です。風しんはワクチンで予防可能な疾患です。厚生労働省はこれまで風しんの定期接種を受ける機会のなかった男性を対象に抗体検査とワクチン接種を行うことを発表しましたので、お住いの自治体ホームページなどで確認してください。
京都府風しん情報

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 10件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 レジオネラ症 が 1件 報告されました
5類感染症 カルバベネム耐性腸内細菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症百日咳 が それぞれ3件 、 梅毒が 1件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 5.89 5.35
2 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.31 1.94
3 インフルエンザ 1.17 1.46
4 伝染性紅斑 0.56 0.56
5 RSウイルス感染症 0.35 0.44
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

感染性胃腸炎(ロタウイルス) が 3件
報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 3件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の伝染性紅斑地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 15 5.00
山城北 1 0.11
山城南 - -
南丹 - -
中丹西 - -
中丹東 1 0.20
丹後 - -
京都市 25 0.58
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南