ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和元年第32週>令和元年8月5日〜令和元年8月11日

今週のコメント

令和元年第32週の報告です。
感染性胃腸炎は定点あたり2.72件、手足口病は1.36件と報告されています。手足口病乙訓と京都市伏見区のみ引き続き警報レベルとなっています。伝染性紅斑乙訓、京都市左京区、南区、右京区、伏見区警報レベルとなっています。咽頭結膜熱乙訓で定点あたり3.75件と警報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が11件、カルバペネム耐性腸内細菌科腸内細菌感染症 ・ 劇症型溶血性レンサ球菌感染症 ・ 侵襲性肺炎球菌感染症 ・ 梅毒 ・ 播種性クリプトコックス症風しんがそれぞれ1件 、百日咳が4件報告されました。また、眼科定点の報告として流行性角結膜炎が4件報告されました。
百日咳はけいれん性の咳発作を特徴とする5類感染症であり、主に小児期にみられます。しかしワクチン接種をしていない方や、接種後免疫の低下した成人でも発症がみられるため注意が必要です。近年の特徴として小学校高学年以上の患者が増加しており、2019年30週の全国の報告でも10代が105例と最も多くなっています。
2017年12月31日までは、指定届出機関である全国約3,000カ所の小児科定点医療機関が週毎に保健所に届け出なければならないとされていましたが、2018年1月1日から、適切な検査診断で百日咳と診断された症例は年齢を問わず全数把握疾患として報告するようにと改正されました。診断した医師は、都道府県知事に対して、患者の年齢、性別等を7日以内に届け出なければならないとされていますのでご協力お願いします。また、学校保健安全法では、第2種感染症に指定されており、咳が止まるまで、もしくは5日間の適正な抗菌薬治療が終了するまでは出席停止となっています。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 11件 報告されました
3類感染症 報告がありません
4類感染症 報告がありません
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症劇症型溶血性レンサ球菌感染症侵襲性肺炎球菌感染症梅毒
播種性クリプトコックス症風しん が それぞれ1件 、 百日咳 が 4件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 2.72 2.98
2 手足口病 1.36 6.88
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 0.92 1.16
4 RSウイルス感染症 0.89 1.67
5 伝染性紅斑 0.88 0.58
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

報告がありません

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 4件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の伝染性紅斑地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 11 2.75
山城北 5 0.56
山城南 - -
南丹 1 0.20
中丹西 - -
中丹東 - -
丹後 4 1.00
京都市 46 1.07
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南