ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和元年第40週>令和元年9月30日〜令和元年10月6日

今週のコメント

令和元年第40週の報告です。
感染性胃腸炎は定点あたり2.55件、RSウイルス感染症は定点あたり1.38件報告がありました。伝染性紅斑京都市伏見区警報レベルとなっています。水痘京都市伏見区警報レベル西京区注意報レベルとなっています。全数報告対象の感染症は、結核が7件、腸管出血性大腸菌感染症が1件、デング熱が1件、カルバペネム耐性腸内細菌感染症梅毒がそれぞれ1件、百日咳が2件報告されました。また、基幹定点からマイコプラズマ肺炎が4件、眼科定点から流行性角結膜炎が6件報告されました。
デング熱は蚊が媒介するウイルス感染症で、3〜7日の潜伏期間の後に突然の発熱で発症し、筋肉痛、関節痛、眼の奥の痛みを伴います。体幹から拡がる発疹を伴い、7日間ほどの経過で改善することが多いです。国内感染症例の報告もありましたが、多くは熱帯・亜熱帯地域(特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸国)への海外渡航時に感染したものです。デングウイルスに対する抗ウイルス薬は無く、症状に応じて鎮痛剤の投与や輸液が行われます。
また、ワクチンもないため、蚊に刺されないように予防対策をすることが重要となります。気温の低下にともない蚊の活動性の低下が予想されますが報告が続いていますので注意してください。

全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 7件 報告されました
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 が 1件 報告されました
4類感染症 デング熱 が 1件 報告されました
5類感染症 カルバペネム耐性腸内細菌感染症梅毒 が それぞれ1件 、 百日咳 が 2件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 2.55 3.10
2 RSウイルス感染症 1.38 2.07
3 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 1.26 1.66
4 手足口病 0.90 1.82
5 伝染性紅斑 0.62 0.64
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

マイコプラズマ肺炎 が 4件 報告されました

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 6件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の水痘地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 1 0.25
山城北 - -
山城南 - -
南丹 - -
中丹西 - -
中丹東 - -
丹後 - -
京都市 30 0.70
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南