ホーム >> 感染症情報(週報)

<令和2年第41週>令和2年10月5日〜令和2年10月11日

今週のコメント

新型コロナウイルス感染症の京都府内での発生状況については こちらをご覧ください


全数報告の感染症

分 類 報 告
1類感染症 報告がありません
2類感染症 結核 が 10件 報告されました
3類感染症 腸管出血性大腸菌感染症 が 1件 報告されました
4類感染症 レジオネラ症 が 1件 報告されました
5類感染症 カルバベネム耐性腸内細菌科細菌感染症 が 2件 、 劇症型溶血性レンサ球菌感染症後天性免疫不全症候群
梅毒 が それぞれ1件 報告されました
全数報告一覧へ

定点把握の対象となる5類感染症

■京都府及び全国での定点当りの報告数が多い上位5疾患

感染症名 定点当たりの報告数
京都府 全国
1 感染性胃腸炎 1.03 1.71
2 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 0.61 0.78
3 ヘルパンギーナ 0.31 0.26
4 突発性発しん 0.26 0.44
5 流行性角結膜炎 0.11 0.24
■京都府の定点当りの報告数の一覧表へ 保健所別年齢階級別

■基幹定点

報告がありません

■眼科定点

流行性角結膜炎 が 2件 報告されました

▲ページTOPへ

■京都府での定点当りの報告数が多い上位5疾患の推移

▲ページTOPへ

今週の感染性胃腸炎地図(京都府版)

地図
罹患数 定点当たり
乙訓 10 2.50
山城北 5 0.50
山城南 - -
南丹 - -
中丹西 14 4.67
中丹東 3 0.60
丹後 1 0.25
京都市 46 1.07
京都市版はこちら
近隣版はこちら
▲ページTOPへ
インフルエンザ RSウイルス感染症 咽頭結膜熱 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎 感染性胃腸炎
水痘   手足口病   伝染性紅斑   突発性発しん   ヘルパンギーナ
流行性耳下腺炎   急性出血性結膜炎   流行性角結膜炎
▲ページTOPへ
丹後 中丹東 中丹西 南丹 京都市 乙訓 山城北 山城南