ホーム > 暮らし・環境 > 住宅・土地 > 京都府の住宅行政 > シックハウス対策について

ここから本文です。

シックハウス対策について

「シックハウス症候群」って何?

「新築後入居したら頭痛がする」「外出先から家に入ると目がチカチカする」など、主に新築・リフォームの住宅で居住者が原因不明の体調不良を訴えることがあります。
このような、住まいが原因でおこる体調不良を「シックハウス症候群」と呼んでいます。

症状を引き起こす要因は?

様々な要因が複雑に関係しています。
その主なものは、

  • 建材、家具、生活用品等からの化学物質の放散
  • 暖房器具からの燃焼ガス
  • 住宅の高気密化による室内空気循環の悪化
  • 化学物質に対する感受性の個人差

などがあります。

ワンポイント

化学物質過敏症

化学物質に対する感受性には個人差がありますが、多量の化学物質にさらされて症状が出ると、今までその人にとって許容量であったごく少量の化学物質にも過敏に反応して症状が出てしまうことがあります。これを化学物質過敏症といいます。
なお化学物質過敏症とシックハウス症候群の関係は明確になっていません。

どんな症状が出るの?

人によって実にさまざまですが、ここに代表的な症状を示します。
なお、シックハウス症候群はその発症に至るメカニズム等に未解明な部分が多く、これらの症状があってもシックハウス症候群か、それとも風邪など他の病気かを区別するのは困難です。

シックハウス症候群による代表的な症状

頭が痛い
目がチカチカする 涙が出る
吐き気がする 息切れがする ぜんそくの発作が出る
咽がイガイガする
皮膚がかさつく やたらかゆい
腰が痛い
膝が痛い
脱力感・けん怠感・不安感がする
耳なりがする
鼻の奥がヒリヒリする クシャミが出る
心臓がドキドキする 不整脈が出る
手足がふるえる・冷える
食欲がない お腹が痛い 下痢をする

原因となる化学物質の発生源にはどんなものがあるの?

建材や壁紙など住居そのものや、家具やカーテンのほか、芳香剤、消臭剤、防虫剤などの様々な生活用品が主な発生源となる可能性があります。

室内の化学物質等の発生源

<天井> 接着剤・塗料
<壁紙> 接着剤・防カビ剤 可塑剤
<カーテン> 難燃化剤 可塑剤
<衣類> 防虫剤
<開放式暖房器具> ガス・石油ストーブ等
<芳香剤・殺虫剤><たばこ煙>等
<家具> 接着剤・塗料
<カーペット> 難燃化剤 可塑剤
<畳> 防虫剤
<フローリング> 接着剤・難燃化剤 防カビ剤
<床下> シロアリ駆除剤

ワンポイント

室内温度の上昇に伴い、化学物質の放散量は増加します。夏の蒸し暑い時期は、特に注意してください。

室内にはどのような種類の化学物質があるの?

室内には様々な発生源から多種多様な化学物質が放たれています。
厚生労働省では、室内空気の実態調査において特に高濃度で検出された化学物質から順に、望ましい環境の目安として室内濃度指針値を定めていますので、室内の空気汚染の度合いを確認する際の参考としてください。
なお、他の化学物質についても、順次、室内濃度指針値が定められる予定です。

揮発性有機化合物 主な用途 室内濃度指針値
ホルムアルデヒド 接着剤、防腐剤 0.08ppm
トルエン 塗料溶剤 0.07ppm
キシレン 塗料溶剤 0.20ppm
パラジクロロベンゼン 防虫剤、芳香剤 0.04ppm
エチルベンゼン 塗料溶剤 0.07ppm
スチレン プラスチック・ゴム合成原料 0.05ppm
クロルピリホス 防蟻剤 0.07ppb
ただし小児の場合0.007ppb
フタル酸ジ-n-ブチル 可塑剤 0.02ppm
テトラデカン 塗料溶剤 0.04ppm
フタル酸ジ-2-エチルヘキシル 可塑剤 7.6ppb
ダイアジノン 殺虫剤 0.02ppb

室温25度の場合の指針値を示す。ppmは百万分の1、ppbは10億分の1(平成13年9月現在)

関連用語

揮発性有機化合物(VOC=Volatile Organic Compounds)

常温で蒸発する有機化合物のことです。通常いくつもの化合物が混ざって存在しています。
<例>トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン

総揮発性有機化合物(TVOC= Total Volatile Organic Compounds)

個々の揮発性有機化合物の総和です。厚生労働省ではVOC汚染を全体として低減させるために、目標暫定値を400マイクロg/m^3と定めています。

ホルムアルデヒド

住まいでしばしば発生する代表的な化学物質です。
無色で刺激臭を有し、常温ではガス体です。
水によく溶け、35%~37%の水溶体はホルマリンとして知られています。

可塑剤

ポリ塩化ビニール、プラスチック、合成ゴム等の硬質な材料に柔軟性を与えたり、加工を容易にしたりするために添加される物質のことです。

症状が出たらどうすればいいの?

(1)症状緩和のために医師の診察を受けましょう。

まず、かかりつけの医師に相談し、それぞれ症状や異常を感じている部分の症状緩和の措置をとってもらいましょう。
症状が複雑な場合や緩和が認められない場合は、必要に応じて内科、アレルギー科、心療内科等で総合的・専門的な相談や診療をうけましょう。

(2)積極的に室内の空気を入れ替えましょう。

換気のポイント

  1. 2か所以上の窓や扉を開けて風の流れ道を作りましょう。
  2. サッシやドアに換気用の小窓や、壁に換気口が備えつけられていたら、なるべく開放するようにしましょう。
  3. 集合住宅で窓が一面しかないような場合は一方の窓の代わりに、キッチンや浴室などの換気扇を利用しましょう。
  4. 風の流れ道を家具などで塞がないように気をつけましょう。

(3)化学物質の発生源を把握して、それを取り除きましょう。

体調不良を感じるようになったきっかけを調べてみてください。また、家の中で特に強い臭いや刺激を感じる場所がないか探してみましょう。
化学物質の発生源を把握してその発生源が移動等できるものなら取り除き、できない場合は、室内に観葉植物、活性炭、茶殻等を置いたり、対象の化学物質に効果のある空気清浄器を使用して原因物質を吸着させてみてください。

予防のために気をつけることは?

(1)新築・リフォームの際には

1、なるべく化学物質を含まない材料を選びましょう。

木質建材や壁紙等の建築材料については、日本農林規格(JAS)、日本工業規格(JIS)でホルムアルデヒド放散量の規格が決まっていて、建築基準法で規格に応じた使用制限が定められています。
設計者に自分の生活スタイルや体質を伝え、使用材料について十分検討した上で工事をしてもらいましょう。

内装仕上げに使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、次のような制限が行われます。

建築材料の区分 ホルムアルデヒドの発散 JIS、JASなどの表示記号 最内装仕上げの制限
建築基準法の規制対象外 放散速度
5マイクログラム/平方メートル・時以下
F☆☆☆☆ 制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料 5マイクログラム/平方メートル・時
~20マイクログラム/平方メートル・時
F☆☆☆ 使用面積が制限される
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料 20マイクログラム/平方メートル・時
~120マイクログラム/平方メートル・時
F☆☆
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料 120マイクログラム/平方メートル・時を超える 旧E2、Fc2 又は表示なし 使用禁止

※マイクログラムは、100万分の1グラムの重さ。放散速度1マイクログラムは建材1平方メートルにつき1時間当たり1マイクログラムの科学物質が発散されることをいいます。
※建築物の部分に使用して5年経過したものについては、制限なし。

2、通風に適した間取りにしたり適切な位置に換気扇や窓に設置するなど換気がスムーズできるように配慮しましょう。

さらに換気についても、建築基準法で原則全ての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられています。

(2)家具や生活用品をチェックしましょう。

家具やカーテンなどの購入の際には、それらが安全なものであるかをチェックしましょう。
芳香剤・消臭剤・殺虫剤等の使用は必要最小限に留めましょう。

(3)体に抵抗力をつけましょう。

バランスのよい食事を摂り、適度な運動、十分な睡眠を心掛けて、身体に抵抗力をつけましょう。

3、建築基準法では、上記の「建築材料の使用制限」、「換気設備の設置義務」と併せて、建物の木部のしろあり予防・駆除剤として、「クロルピリホス」を使用することを禁止しています。

相談窓口は?

京都府では府域の各保健所にシックハウス症候群の健康相談窓口を設置しています。測定機関の紹介など情報提供もしておりますのでお気軽に御相談ください。

相談窓口一覧へ

お問い合わせ

建設交通部住宅課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5359

jutaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?