ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(城陽市史第一巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(城陽市史第一巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>城陽市史第一巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

城陽市史を編さんして 
城陽市史の完結にあたって
凡例

自然環境編

第一節 城陽市の位置と環境

一 地理的位置 2

近畿の中央部 / 行政区画の変遷

二 恵まれた自然環境 5

自然環境 / 社会環境 / 開発の進展と人口の急増

第二節 地質・地形環境

一 地質の構成 8

丹波層群 / 大阪層群 / 段丘層 / 沖積層

二 地形の形成 13

山地 / 丘陵 / 段丘 / 低地 / 活断層 / 地形の人工改変

第三節 気候環境と災害

一 気候・気象の特徴 20

瀬戸内型気候区の東端部 / 四季の明瞭な温和な気候

二 気象災害 22

木津川が作った平野の洪水 / 明治以降の木津川決壊 / 氾濫原での近年の洪水 / 山地・山麓の洪水

第四節 生物環境

一 植物 33

多彩な植物 / 動植物環境調査から / 貴重な群落と植物種 / 特色ある植物

二 動物 39

多様な動物群 / 貴重な動物

第五節 大地の生い立ちと環境の変遷

一 自然と人の関係史 42

自然と人間の関わり

二 扇状地の発達と遺跡の変遷 43

大谷川扇状地の地形変化と遺跡立地 / 芝山遺跡周辺の谷の埋積 / 天井川地形の発達史

三 沖積低地の変遷と植生・土地利用の推移 47

沖積低地の骨格 / 縄文時代の地形と植生条件 / 古代~中世の地形条件 / 近隣地域の植生転換期

 

原始古代編

第一章 黎明期の城陽

第一節 狩猟と採集の時代

一 狩猟と採集の人々 58

狩猟採集時代とは / 狩猟採集民の暮らし / 日本列島の狩猟採集時代

二 城陽の狩猟採集民 63

南山城地域における定住化 / 定住と集落 / 森山ムラの風景 / 狩猟採集社会の幕引き

第二節 稲作の時代

一 弥生人のくらし 74

弥生時代 / 時代区分 / 弥生人 / 弥生人のまつり / 弥生人の墓

二 南山城の弥生遺跡

弥生遺跡の分布 / 巨椋池沿いの大集落 / 弥生時代の森山ムラ / 情報ネットワーク / その他の弥生遺跡

第二章 古墳時代の城陽

第一節 古墳の出現

一 墳丘墓から古墳へ 86

墳丘墓 / 古墳時代 / 前方後円墳の出現 / ヤマト政権の成立

二 芝ヶ原古墳の出現 91

南山城の墳丘墓 / 庄内期の集落の発見 / 芝ヶ原古墳と塚本東遺跡

三 久津川古墳群の成立 97

椿井大塚山古墳 / 南山城の前期古墳 / 南山城における大首長の消長 / 京都府内最大の古墳群 / 久津川古墳群最古の古墳 / 久津川古墳群の前期古墳 / 久津川古墳群の前期首長墓系譜

第二節 巨大古墳の展開

一 巨大古墳の時代 113

巨大古墳の世紀 / 大王の時代

二 南山城における大首長墳の系譜 115

大古墳の出現 / 幻の大首長墳 / 最初の大首長墳 / 山城最大の前方後円墳 / 大首長の後継者 / 大首長墳の系譜

三 久津川古墳群の展開 124

大首長を補佐した人々 / 大首長を支えた有力首長の墓 / 首長を支える人々の墓 / 首長連合としての地域支配体制 / 衰退する在地首長 / 周辺の中期古墳 / 最古の須恵器が出土した古墳群

第三節 古墳の拡大と衰退 134

一 ヤマト政権の変質と後期古墳の出現 134

地域支配体制の解体 / 継体大王の出現 / 横穴式石室の導入 / 南山城の後期古墳

二 久津川古墳群の衰退 138

大前方後円墳の消滅と後期古墳 / 最後の有力首長墳 / 平地の後期古墳 / 前方後円墳から円墳へ

三 新興勢力の台頭 146

南山城での横穴式石室の導入 / 青谷地域の後期古墳 / 冑山古墳群 / 新勢力と旧勢力 / 青谷川流域の古墳群 / 姿を現した巨石古墳 / 陶棺を納める古墳 / 青谷地域の新勢力首長系譜

四 古墳の終末 160

終末期古墳と古墳の終焉 / 久津川古墳群の終末期古墳 / 横穴式石室を造った人々 / 青谷地域の終末期古墳 / 茶臼塚古墳の被葬者

第四節 古墳時代の集落 166

一 集落と豪族居館 166

豪族居館 / 集落と豪族居館の変遷

二 久津川古墳群をつくった人々の集落 167

森山の豪族居館 / 初めてみつかった五世紀の集落

三 久津川地域での集落の拡大 171

六世紀後半の集落 / 古墳群の衰退と集落の出現

第五節 “もの”が語る古墳時代 175

一 古墳時代の“もの” 175

二 古墳を飾るもの―埴輪・葺石― 175

埴輪と葺石 / 埴輪の起源と円筒埴輪 / 形象埴輪 / 久津川古墳群の埴輪 / 青谷地域の埴輪 / 葺石

三 真実を写すもの―鏡― 185

神仙思想と鏡 / 倭人の好物―鏡 / 古墳と鏡 / 芝ヶ原古墳の鏡 / 三角縁神獣鏡 / 久津川王家の鏡 / 鏡の衰退

四 権力を象徴するもの―武器・武具・馬具― 195

武器 / 刀と剣 / 槍と矛 / 弓と矢 / 武具 / 甲冑 / 盾と胡ろく・靭 / “魔”を防ぐもの / 馬具

五 身につけるもの―服飾品― 203

服飾品 / 腕輪 / 玉類 / 金属製装身具 / 衣服と装い / 服飾品が示す古墳時代

六 日常に使うもの―土器― 210

土師器と須恵器 / 土師器の移り変わり / 須恵器の始まり―初期須恵器― / 須恵器の普及

 

第三章 古代国家の成立と城陽

第一節 ヤマト政権と南山背 216

一 継体と南山背 216

雄略天皇と国家の形成 / 継体天皇の出現 / 継体は応神の五世の子孫か / 継体と木津川・淀川水系

二 ヤマト政権の伸張と栗隈大溝 222

新政権としての継体朝 / 六世紀における国家形成の進行 / 栗隈大溝と栗隈県 / 栗隈大溝の所在地

第二節 渡来人の移住と相楽館

一 南山背の渡来人 226

渡来系氏族の分布 / 秦忌寸氏 / 奴理能美 / 馬首・葦屋主寸(村主)氏 / 黄文連氏 / 高麗人

二 高麗使人と相楽館 231

高麗使の来朝 / 相楽館の役割 / 高句麓使と王辰爾 / 対高句麗外交と南山背

第四章 律令国家の展開と城陽

第一節 律令制下の地方支配

一 律令国家の成立と諸豪族 234

七世紀の東アジア / 律令国家の形成 / 王権と諸豪族 / 律令制支配の仕組み

二 地方行政 237

山背国司 / 国府と国司の職掌 / 久世郡・綴喜郡 / 郡司の職掌と里(郷)

三 奈良時代の交通 240

七道と駅制 / 東山・北陸道と城陽 / 東山道・北陸道の市域のルート

四 城陽の条里遺構 246

平野部に残る条里地割 / 久世郡条里の坪並の復原 / 条の復原 / 里の復原 / 平川の里の複原 / 綴喜郡の条里

五 正道官衙遺跡 258

官衙遺構の発掘 / 地方行政機構 / 郡衙の建物 / 正道遺跡の官衙遺構 / 郡庁の構造と変化 / 条里と正道遺跡

六 城陽の古代寺院 269

古代寺院の建立 / 南山城と久世郡の古代寺院 / 久世郡で最古の瓦 / 郡衙に隣接する寺院 / 国分寺に匹敵する塔 / 四番目の寺院 / 隣接する寺院

七 集落遺跡と人々の暮らし 285

都のくらし・村のくらし / 竪穴のくらしから掘立へ / 村のなりたち

第二節 律令政治の諸相

一 律令制下の天皇家 292

太政官と天皇 / 皇位継承と政争

二 恵美押勝の乱 294

藤原仲麻呂の台頭 / 恵美押勝と孝謙太上天皇 / 押勝の挙兵と逃走

第三節 南山背の流通と社会

一 天平期の造寺事業と木津川水運 297

正倉院文書 / 東大寺の造営 / 木材の運漕と泉津 / 阿弥陀浄土院金堂の造営 / 写経事業 / 造寺・写経事業と南山背

二 寺領と職田 302

律令制下の田種 / 弘福寺領 / 水陸田目録と田数帳 / 久世郡と寺田 / 職田の選定

三 東大寺奴婢帳 305

大宅賀是麻呂の奴婢 / 茨田久比麻呂らの従良要求

四 古代氏族 307

久世郡に居住する氏族 / 栗隈氏 / 水主直氏・榎室連氏 / 山背忌寸氏 / 尾張氏系の氏族 / 和珥氏系の氏族 / その他の氏族 / 綴喜郡に居住する氏族 / 隼人一族 / 尾張氏系の氏族 / その他の氏族 / 氏族分布の特質と分類 / 久世郡と綴喜郡

第五章 平安時代の城陽

第一節 平城から平安へ

一 長岡遷都 319

称徳天皇と道鏡 / 光仁天皇の時代 / 平城京から長岡京へ

二 平安遷都 321

藤原種継射殺事件 / 長岡時代の桓武天皇 / 長岡京から平安京へ

第二節 古代の交通と交流

一 天皇家狩猟場と栗前野 324

「遊猟」 / 遊猟の場所 / 栗前山への遊猟

二 平安時代の交通 331

平安京と南都をむすぶ道 / 贄野池と京都・南都間の街道

三 文学作品にみえる城陽 335

伝承のなかの城陽 / 『万葉集』のなかの城陽 / 平安時代の世界と文学 / 栗前山 / 清少納言と城陽 / 奈島丈六堂 / 蟹の報恩譚

第三節 古代の神々

一 「山城国風土記」逸文にみえる神社 342

古代の神社 / 『風土記』と神社記載

二 『延喜式』にみえる神社 345

式内社 / 式内社の分布 / 綴喜郡の式内社 / 樺井月神社 / 粟神社 / 久世郡の式内社 / 水主神社 / 水度神社 / 荒見神社 / 旦椋神社 / 室城神社 / 雙栗神社

三 神階授与と班幣 354

神階 / 祈年祭班幣 / 神階授与の意義

第四節 院政の成立

一 中世の開幕 358

院政 / 白河上皇 / 治天の君

二 院政期の権力構造 361

院庁政治論 / 北面の武士 / 権門体制

三 藤氏長者と春日社参詣 363

藤氏長者 / 春日社と藤氏長者 / 藤氏長者の春日社参詣

四 源平の争乱 366

保元の乱 / 平治の乱 / 清盛の天下 / 以仁王の令旨と源頼政 / 源氏の挙兵 / 平氏の都落ちと木曽義仲の入京 / 平氏の滅亡

第六章 古代の美術

一 古代彫刻の典型的変遷 370

二 作品解説―彫刻― 372

誕生釈迦仏立像 / 菩薩形立像 / 薬師如来立像 / 阿弥陀如来立像 / 天部形立像 / 阿弥陀如来坐像 / 釈迦如来坐像 / 僧形文殊菩薩坐像 / 天部形半跏像 / 地蔵菩薩坐像 / 阿弥陀如来立像 / 釈迦如来立像 / 千手観音立像 / 大将軍神像 / 十一面観音坐像

中世編

第一章 中世社会の成立と城陽

第一節 鎌倉時代の城陽 398

一 賀茂別雷社領と武士 398

武士の濫妨 / 地頭が設置された荘園

二 藤氏長者の春日社参詣 401

行列の様子 / 参詣ルート / 「春日詣料」賦課の実態

三 中級貴族の春日社参拝 407

藤原経光の場合 / 藤原定家の場合

四 春日神木の動座 410

興福寺の嗷訴 / 嗷訴の原因 / 嗷訴の開始 / 嗷訴の手順 / 嗷訴の帰結

五 城陽に住んだ人々 416

史料上にみえる人々 / 市辺の春日神人たち / 富野郷の春日神人たち

六 山城国悪党の潜伏 420

木津川流域の悪党たち

第二節 南北朝内乱下の城陽 423

一 元弘の変と南山城 423

後醍醐天皇の笠置寺臨幸 / 笠置合戦

二 内乱下の住民たち 427

城陽市域のつわものたち / 水主氏の土地売買と家族構成 / 寺田長者次男の名付け親訪問 

第二章 室町時代の城陽

第一節 守護支配の成立

一 山城国守護の入部 434

守護職の設置 / 住民たちの抵抗

二 市辺・奈島・寺田の御稲田 439

大炊寮所管の御稲田 / 南北朝内乱期の御稲田 / 室町時代の御稲田

第二節 室町時代の諸荘園

一 諸荘園の沿革 444

上津屋郷 / 平川郷 / 久世荘・久世郷 / 寺田郷 / 富野郷 / 水主郷 / 枇杷荘 / 奈島郷 / 中村郷 / 市辺荘 / 市域諸荘園の特色

二 住民結合と土一揆 461

住民結合の発展 / 正長の土一揆 / 長禄の土一揆 / 文正の土一揆 / 京都・奈良間の街道

第三章 応仁・文明の乱と山城国一揆

第一節 南山城における応仁・文明の乱

一 応仁・文明の乱 466

畠山氏の内訌 / 文正の政変 / 御霊林の合戦 / 大乱の勃発 / 西軍の反攻 / 南山城の情勢 / 大内勢の南山城進攻 / 木津城をめぐる攻防 / 水主城の位置 / 山名宗全・細川勝元の死没 / 再び木津城をめぐる攻防 / 畠山義就の大和進攻 / 木津城陥落 / 大内政弘の帰国

二 両畠山氏の抗争と南山城 483

山城守護畠山政長 / 土一揆の蜂起 / 筒井党の反攻 / 畠山政長・細川政元の摂津出陣 / 南山城をめぐる両畠山氏の抗争 / 畠山政長の半済賦課 / 畠山政長の反攻と失敗 / 畠山義就支配下の南山城 / 両畠山氏の対陣

第二節 山城国一揆

一 国一揆の成立 494

山城国三十六人衆 / 国の寄合 / 国の掟法 / 椿井懐専の断罪

二 惣国の政治 505

半済の実施 / 年貢公事の収納 / 裁許と検断

第四章 戦国の争乱

第一節 国一揆の崩壊

一 明応の政変 513

将軍御料国 / 政元のクーデター / 稲八妻城の合戦

二 国一揆の終焉 520

上原元秀の動向 / 宗益の南山城支配

第二節 戦乱の展開

一 沢蔵軒宗益と赤沢長経 525

薬師寺元一の乱 / 沢蔵軒宗益 / 宗益の大和出陣 / 細川政元の暗殺 / 赤沢長経の大和進攻 / 足利義尹の復権と長経の最期 / 奈島郷と富野郷 / 小笠原氏と富野郷

二 細川高国・晴元の抗争と南山城 535

細川高国の覇権 / 足利義維政権の成立 / 柳本賢治の大和進攻 / 義維政権の瓦解 / 寺田荘の年貢未進問題 / 木沢長政の滅亡

三 三好長慶と松永久秀 544

細川氏綱の蜂起 / 守護代安見宗房・鷹山弘頼 / 細川晴元と三好長慶 / 遊左長教・鷹山弘頼の暗殺 / 三好長慶の畿内平定 / 三好長慶の死と将軍義輝暗殺 / 三好三人衆と松永久秀 / 東大寺焼亡

四 国人水主氏の動向 555

奉公衆水主氏 / 薯蕷・瓜の進献 / 南山城の奉公衆 / その後の水主氏

第五章 中世の文化と文化財

第一節 中世の美術

一 写実様式の展開 559

二 作品解説―彫刻― 561

阿弥陀如来立像 / 阿弥陀如来立像 / 阿弥陀如来立像 / 阿弥陀如来坐像 / 阿弥陀如来立像 / 阿弥陀如来立像 / 阿弥陀如来立像

三 作品解説―絵画― 571

釈迦十六善神像図 / 方便法身像 / 山越阿弥陀図

四 作品解説―工芸品― 577

鉄湯釜

第二節 歴史資料

大般若経とは / 水度神社経の概要 / 経典の伝来 / 寺田荘大般若経

第三節 建造物

水度神社本殿 / 久世神社本殿 / 深広寺宝篋印塔

第四節 中世城郭跡

畠山氏の南山城進攻と城郭 / 御厨子城と市辺城の構造 

近世編

第一章 近世の成立と城陽

第一節 天下一統と城陽市域

一 十六世紀後期の上山城 600

信長・秀吉と上山城 / 太閤検地 / 上山城の蔵入地化 / 給人知行 / 堤普請

二 江戸幕府の成立 606

江戸幕府の成立 / 京都所司代 / 雑色 / 慶長検地 / 大仏普請 / 大坂冬の陣夏の陣

第二節 市域における領主支配

一 武家領と石高 610

武家領 / 大名領 / 郷帳の村高

二 非武家領と石高 613

非武家領 / 門跡領 / 公家領 / 寺領

第三節 年貢徴収と相給支配

一 年貢と村請 617

年貢の割付 / 近衛家の年貢 / 宝暦事件と幕領年貢

二 相給村とその支配 623

相給村の姿 / 相給付の年貢 / 領主間の年貢率

第四節 領主支配の諸相

一 領主と村びと 630

淀藩の砲術訓練 / 庄屋の任命 / 三条実萬の来村

二 贈与と儀礼 633

贈り物と慣習 

第二章 村の世界

第一節 城陽の村々

一 村のまとまり 637

村の役割 / 村の規模

二 村の景観 640

立地の諸類型 / 平川村の場合 / 奈島村の景観

三 耕地と作物 645

田畑の割合 / 水田の様子 / 畑作物のいろいろ

第二節 村役人と村掟

一 村と村役人 652

庄屋の選出 / 庄屋をめぐる紛争 / 村の帳簿

二 村の掟 655

規律と規則 / 制裁の執行 / 村々掟

三 村組・町 659

組・町の形成 / 組・町の役割

第三節 在村の諸身分と来村する侍

一 さまざまな住人 663

非農業民 / 僧侶と神職

二 大工 666

富野村の大工 / 氏神社の普請 / 山城大工組 / 相次ぐ寺社普請

三 来村する侍 672

領主の役人 / 広域行政

第三章 山と川をめぐる暮し

第一節 山利用と山論

一 山の景観と山利用 676

草山の景観 / 立会山

二 山年貢と運上銀 679

山年貢 / 松茸運上

三 はげ山と土砂留 684

土砂の流出 / 土砂留の工事

四 開発と山論 688

青谷山の開発 / 山論

第二節 用水と水害

一 水利土木の景観 693

寺田村絵図 / 山川と樋・溜池

二 諸山川と用水路 697

市域の水利土木景観 / 青谷三ヵ村の水論

三 木津川国役堤 702

国役による修築 / 工事費用と人足

四 木津川水害 706

水害の頻度 / 水害記録

第四章 水陸交通と宿場町

第一節 長池宿と大和街道

一 長池宿の成立 713

豊臣秀吉と長池 / 延宝検地にみる長池 / 問屋と本陣

二 旅籠の賑わい 717

旅籠「松屋」 / 松屋の評判

三 助郷の負担 720

長池宿の助郷役 / 伏見宿と大津宿の助郷

四 長池を通った人々 723

貝原益軒の記録 / 長池宿の評価

第二節 木津川水運と村

一 木津川水運の利用形態 725

年貢の輸送と村の浜 / 木津川の水運 / 淀船と船賃 / 木津川と木材運搬

二 渡し船と屎船 729

街道と渡し船 / 上津屋村と木津川 / 船頭と村 / 屎船

第五章 暮しと文化

第一節 習俗と信仰

一 江戸時代の村と寺院・神社 734

江戸時代の寺社 / 市辺の寺と講 / 持仏堂了性寺 / 深広寺の本堂再建 / 茶商山本嘉兵衝の寄進 / 賀茂神社の遷宮記録 / 中村の龍福寺 / 神職の神道葬祭 / 寺田念仏寺と長堂 / 念仏寺村方不帰依

二 宮座の構造と変容 748

村人と宮座 / 富野の宮座の構造 / 寺田の栗榧座 / 名奉行石河政武 / 本座の成立と町 / 平川の宮座 / 中村と市辺の宮座

三 伊勢講と伊勢参宮 757

伊勢講の組織 / 寺田の伊勢講 / 水主の伊勢講 / 比叡山の大師講 / 愛宕講 / 観音講 / 富士講

四 雨乞いと村の祈り 762

雨乞い祈願 / 大般若経と村の祈り / 蓮開寺の大般若経 / 明治維新と神仏分離

第二節 文芸と学問

一 俳諧の流行 767

文芸のひろがり / 寺田俳人と三浦樗良 / 樗良の生活と寺田の俳人 / 寺田俳人の活動

二 学問の普及 773

水田氏の門人帳 / 女子教育 / 寺子屋教育 / 和算

第六章 近世後期の城陽

第一節 幕藩体制の動揺

一 領主の暮し 778

領主財政の逼迫 / 吉田家の場合 / 本阿弥家の場合 / 大炊御門家の家計

二 庶民の暮し 786

商品作物栽培の展開 / 果物栽培の拡大

三 御蔭参り 788

御蔭参りと市域 / 大塩の乱

第二節 幕末の世相と文化

一 天保の飢饉 791

自然災害 / 飢饉の有様

二 開港とええじゃないか 794

異国船来航と攘夷 / 御蔭踊りとええじゃないか

三 水度天神社と中嶋白檮 796

水度天神社 / 中嶋白檮の学問と行動 / 平田篤胤との接触 / 白檮の立場 / 白川神道

第三節 幕藩体制社会の崩壊

一 維新期の城陽 803

大政奉還 / 新たな負担 / 戊辰戦争

二 廃藩置県と領主の負債 805

版籍奉還と村々 / 残された負債

第七章 近世の造形

第一節 近世の社寺建築

一 神社 807

近世の神社建築 / 本殿の規模 / 春日造本殿 / 三間社流造 / 二間社流造 / 一間社流造 / 見世棚造本殿 / 拝殿の建築 / 神仏分離と神社の景観

二 寺院 820

近世寺院の特質 / 教団の近世的展開 / 彫刻装飾の系譜 / 仏堂空間の構成 / 様式の変遷 / 深広寺本堂の造営

第二節 集落と民家

一 集落景観 834

城陽市域の伝統的集落 / 近世の農村集落 / 大村落寺田の構造 / 交通集落長池

二 民家建築 843

近世民家の特質 / 屋敷構えと外観 / 間取りと構造 / 街道沿いの民家 / 民家普請と職人 / 史料にみる民家

第三節 近世の美術

一 城陽の近世美術 858

二 宿場町長池と美術 860

虎図絵馬 / 架鷹図屏風 / 一行書 / 松図 / 墨蘭・墨梅図 / 花鳥図

三 地域の文芸サークルと絵画 865

鶴亀図 / 春塘図一枚刷 / 魚図屏風

四 絵馬―村の結束と信仰― 869

おかげ踊り図絵馬 / おかげ踊り図絵馬

巻末資料

執筆委員
執筆分担
資料提供・協力者
索引
参考文献一覧
写真・図・表一覧
付図解説
口絵解説
年表

付図

1 城陽市自然環境図
2 城陽市地形分類図
3 城陽市ボーリング柱状図
4 一八八七(明治二十)年頃測図城陽市域二万分の一形図
5 一九〇八(明治四十一)年測図城陽市域二万分の一形図
6 一九六五(昭和四〇)年測図城陽市域一万分の一地形図

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?