ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(井手町史シリーズ特別編) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(井手町史シリーズ特別編) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>井手町史シリーズ特別編

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

井手町史シリーズ特別編 「南山城水害誌」

南山城水害誌の発刊にあたって 井手町長 木田喜治 1 
南山城水害誌の発刊によせて 京都府知事 林田悠紀夫 3
写真集 5 
資料および写真提供者一覧 40

〔1〕南山城の位置と環境

1.地理的位置 3

2.開発の古い土地 4

3.地形の輪郭 9

4.南山城地方における地形の生いたち 10
1〕山地をつくる古い岩石
2〕古瀬戸内海から現瀬戸内海へ
3〕現地形の骨組みの成立と河岸段丘の形成
4〕木津川低地とその周辺の地形
5〕地形の形成に人間がかかわるようになった時代

5.気候・気象の特徴 29

6.風水害および土木工事に関する記録 32

〔2〕昭和28年の大水害 41

1.気象状況 43 
1〕8月の集中豪雨と9月の台風13号
2〕8月災時の気象
3〕9月災時の気象

2.8月災時における各地の被害 51
1〕各地の被災状況
2〕各地の被害データ

3.8月災による井手・多賀両町村の被害状況 69
1〕大正池・二ノ谷池および有王地区の状況
2〕上井手から玉川左岸石垣地区にかけての状況
3〕玉川右岸水無地区の破堤状況
4〕玉川最下流域の状況
5〕渋川の状況
6〕玉水橋の決壊・流失
7〕多賀=谷川の状況
8〕才田川と川久保川
9〕蛇谷川の状況
10〕乗越川の被害

4.8月災後の玉川を中心とする河川改修工事 95

5.9月災時の被害状況とそのデータ 99

〔3〕被災後の経過と復旧

1.災害後の経過 111

2.大正池と二ノ谷池 137
1〕決壊前の大正池と二ノ谷池
2〕決壊時の状況
3〕決壊の原因
4〕新大正池の完成

3.昭和28年災害以後の主な風水害 151
1〕昭和36年9月16日,台風18号「策2室戸台風」による被害
2〕昭和40年9月17~18日,台風24号による被害 
3〕昭和42年7月9~12日,梅雨前線豪雨による被害
4〕昭和50年8月6~7日,集中豪雨による被害
5〕昭和51年9月8~13日,台風17号による被害
6〕昭和53年6月22~23日,集中豪雨による被害
7〕昭和54年6月27日~7月2日,梅雨前線豪雨による被害
8〕昭和56年6月19日,山崖崩れによる被害
9〕昭和57年8月1~2日,台風10号による被害

〔4〕井手町の土地条件

1.調査の目的と方法 165

2.傾斜の分析 165
1〕傾斜分布図作成の目的
2〕作成の方法
3〕結果とそれについての考察

3.微地形の分析 167
1〕地形分類図作成の目的
2〕作成の方法
3〕結果とそれについての考察

4.表層地質の分析 171
1〕表層地質図作成の目的 
2〕作成の方法
3〕結果とそれについての考察

5.土地災害地域の分析 178
1〕土地災害地域分析の目的
2〕作成の方法
3〕結果とそれについての考察

6.土地条件の総合評価 180
1〕総合評価作成の目的
2〕作成の方法
3〕結果とそれについての考察

〔5〕災害を受けない郷土づくりをめざして

1.土木施設とその管理 187
1〕河川・排水路の現況
2〕樋門・溜池等の管理

2.災害対策と防災計画 195
1〕災害対策
2〕災害予防計画
3〕水防計画

3.防災訓練と行事 231
1〕消防団の行事
2〕消防団員による各種訓練
3〕水防訓練
4〕防災の日の訓練
5〕小学校における防災訓練
6〕防災パトロール 
7〕ノーモア水害デー
8〕追悼法要と行事

巻末付録

あとがき
南山城水害30周年記念誌編集委員会名簿
井手町史編集委員会名簿

付録 昭和28年8月水害時の被害状況

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?