ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(図説 園部の歴史) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(図説 園部の歴史) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>図説 園部の歴史

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

ごあいさつ

第一章 園部の自然環境

一 園部の位置と環境

一 園部の位置と広さ 2
二 園部の地名由来 4

二 園部の地質

一 園部、海の時代 6
二 火の祭典 9
三 盆地の形成と活断層 11

三 植物と生物

一 園部町の植物 12
二 るり渓の植物 14
表 園部町の植物・るり渓の植物 16
三 園部町の野生動物 18

コラム 園部城跡と公孫樹 20

第二章 古代

一 狩猟・採集から農耕社会へ

一 旧石器・縄文時代の園部 22
コラム 黒曜石の来た道 23
二 弥生時代の園部 24
コラム 戦いの犠牲者 25

二 古墳の出現と展開

一 丹波の古墳 26
表 遺跡分布図・古墳編年表 28
二 垣内古墳 30

三 王に仕える人々

一 方墳の展開 34
二 横穴式石室の導入 36

四 ヤマト王権と丹波

一 丹波と丹後 38
二 記された丹後 40
三 船井郡と県 42

五 古墳の終焉と仏教

一 古墳の終焉と地方行政組織の再編 44
二 園部窯跡群 46
三 古代の山陰道と野口駅 48

六 古代の寺社と美術

一 菅原道真と生身天満宮 50
二 式内社と摩気神社 52
三 園部の古代仏教美術 54

コラム 棚波滝と黒田谷別所 56

第三章 中世

一 院政期と源平争乱

一 白河天皇と九品寺 58
二 平氏政権と源頼政 60
三 源義経と山陰道 62

二 鎌倉時代の園部

一 園部町内の荘園 64
二 向河原経塚と末法思想 66
三 貨幣経済の浸透 68

三 南北朝の動乱と園部

一 丹波での争乱 70
コラム 尊良親王と絹掛松 71
二 千種姫と普済寺 72
コラム 楠正末と大河内 73
三 足利尊氏と北野社家領船井荘 74

四 室町時代の園部

一 幕府の経済を担った桐野河内郷 76 
コラム 贈答に用いられたアユずし 77 
二 蜷川氏と蟠根寺 78
三 応仁の乱と丹波・園部 80 
四 船井荘と延徳の丹波国一揆 82
コラム 鹿島神社造替と内藤氏 83

五 戦国の動乱と園部

一 細川家の対立と丹波・園部 84
二 三好政権期の丹波・園部 86
三 園部の中世城館 88
コラム 黒田城と宇津氏 89

六 中世後期の村落と信仰

一 戦乱と村落 90
二 村の人々と宮座 92 
三 真宗教団と園部 94
四 中世園部への禅宗の進出 96

七 中世の美術・建築

一 園部の中世美術 98
二 中世の石造物 100 
三 中世の社寺建築 102

コラム 鰐口 104

第四章 近世

一 明智光秀の丹波攻略

一 丹波攻略の概要 106 
二 荒木山城守と園部 108 
三 明智光秀と小畠氏 110
四 野々口西蔵坊 112 
五 内藤氏と藁無城 114 
六 野々口五兵衛尉と松下之綱 116

二 園部藩の成立と家臣団

一 園部陣屋の成立 118
二 園部藩の家臣団 120 
三 園部藩士の生活 122

三 園部藩主小出氏とその系譜

一 小出氏の系譜 124 
二 園部藩主小出氏十代 126

四 園部城下町

一 城下町の構造 130
二 城下町の商いと生活 132

五 園部藩の藩政と経済

一 江戸屋敷の構造 134
二 園部藩の専売制 136
三 園部藩の宗教政策 138

六 大堰川と園部川の水運

一 大堰川の水運 140 
二 園部川の水運 142

七 農村の生活

一 村政組織と年貢 144 
コラム 天明の打ちこわし 145
二 村の生活と信仰 146 
コラム 朝倉神社のスギ 147
三 山論と水利争論 148

八 街道、宿場と旅

一 山陰道 150 
二 篠山街道 152 
三 若狭街道 154
コラム 社寺参詣と旅 155

九 近世の教育と文化、美術

一 園部藩の学問 156
二 園部の近世美術 158

十 城下町の町家と町並

一 園部城下の町並 160 
二 町家と民家 162

コラム 城門の種類と構造 164

第五章 近代

一 幕末、維新の園部城

一 園部城の誕生 166 
二 維新期の築城 168
三 明治維新期の園部 172

二 近代園部の出発

一 近代町村の出発・行政機関の設置 174
二 教育の近代化 178 
三 実業補習学校から青年学校へ 184 
四 「徳の人」上野盤山と「愛の人」井上堰水 186

三 明治後期の園部

一 鉄道の開通 188
二 郡是製糸工場と園部 192
三 銀行の開業 194 
四 園部公園の設置 196 
五 日清・日露戦争 198
六 青年団・婦人会の組織化 200 
七 田村宗立~京都洋画のさきがけ~ 202
八 大塚春嶺~遊画から歴史画家へ~ 204

四 大正・昭和初期の園部

一 昭和四年の合併~園部町・園部村・桐ノ庄村~ 206
二 国民学校 210 
三 交通の発達 212 
コラム 渡し船と越方橋 213 
四 園部大橋の永久橋化 214 
コラム 共楽館 215
五 農家の生活と農業団体 216
六 農業用水の開設 218 
七 人見少華~南画を極めた文人画家~ 220 
八 岡村宇太郎~花鳥動物画の名手~ 222

五 十五年戦争と園部

一 戦地へ赴く人々 224 
二 銃後の生活と疎開 226

コラム 田中弘太郎 228

第六章 現代

一 戦後の園部と大園部町の誕生

一 昭和二六年の合併~川辺村の編入~ 230
二 昭和三〇年の合併~園部町・摩気村・西本梅村~ 232
三 昭和三三年の合併~若森・南大谷の編入~ 234
四 農地改革 236 
五 六・三制教育の始まり 238
六 船岡駅の開設 240

二 高度経済成長期の園部

一 新国道九号線の開通 242
コラム 観音峠 243
二 あいつぐ水害 244 
三 進む工場誘致 248 
四 統合中学校の完成 250
コラム 幼稚園 251 
五 上水道と有線放送の整備 252

三 一九六〇年代以降の園部

一 野中広務町長の登場と新生園部町 254 
二 教育 256
三 交通網の整備 258 
四 変わる農業 260

コラム 行政の取り組みと思い 262

第七章 年中行事

一 春の行事

一 高屋春日神社の弓始め 264
二 大森神社の祈年祭 265 
三 都々古和気神社の大護摩 266 
四 生身天満宮の春の祭り 268

二 夏の行事

一 摩気神社のお田植え祭 270
二 口司の虫送り 272 
三 横田六斎念仏 274
四 丹波音頭(宍人) 276 
五 行者講と湯立祭 277

三 秋の行事

一 水天宮祭 278 
二 城崎神社の秋季大祭 279
三 丹波祭囃子 280 
四 生身天満宮の秋祭 282
五 摩気神社の神幸祭 286 
六 川辺四社の例祭と神幸祭 290

四 冬の行事

一 船岡の亥の子 292

略年表 296
学校変遷図 312
監修・執筆者一覧 318
協力機関・協力者 319
参考文献 320

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?