ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(日吉町誌 下巻(二)) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(日吉町誌 下巻(二)) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>日吉町誌 下巻(二)

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

第七章 産業経済

第一節 終戦直後の農政

(1)農地改革 822
(2)自作農創設 825
(3)食料の供出 829 
(4)食料調整委員会の設置 833 
(5)食料管理法の制定 836
(6)農業基本法の制定 836

第二節 産業構造の変化 838

(1)エネルギー革命 838
(2)山峡調査と府農業会議の提言 840
(3)農業共済事業の町移譲 846
(4)部門別生産組合の結成 848
(5)農業協同組合の歩み 855
(6)農業協同組合の合併 871

第三節 農業の機械化と稲作の変遷 874

(1)本田づくり 875
(2)苗づくり 876
(3)田植 877
(4)稲の肥培管理 878
(5)稲刈りと脱穀調整 880
(6)古代からの農具 882
(7)昭和初期ごろから普及した農機具 893
(8)昭和三〇年以降農機具保有の推移 895

第四節 米の増産政策から生産調整さらに減反への道 894

(1)明治の農政期 894
(2)農村の不況時代 895
(3)食糧統制の時代 896
(4)農政転換期 897
(5)総合農政の時代 898
(6)地域農政の時代 901

第五節 土地改良とほ場整備 904

(1)上胡麻の土地改良事業 904
(2)ほ場整備のとりくみ 907
(3)町内のかんがい用水池 913
(4)胡麻岩上池の構築 915
(5)胡麻大保池の築造 919
(6)上胡麻仏原池の構築と区画整理事業の思い出 923
(7)胡麻開拓の歴史 927

第六節 農業振興と推進体制 930

(1)農業委員会の設置 930
(2)歴代農業委員名簿 931
(3)農林技術者会の発足 937
(4)畜産振興と品評会 940
(5)新農村建設総合計画 948
(6)施肥合理化対策事業 954
(7)農林漁業特別開発事業 955
(8)山村振興事業 956
(9)モデル草地牧場の設置 958
(10)日吉ふるさと祭り 959
(11)NHKラジオ農業学校で日吉町の畜産について放送 961

第七節 日吉町の林業と林政 962

(1)日吉町林業の概要 962
(2)日吉町森林組合の合併と沿革 966
(3)猟区の設定 974
(4)林業構造改善事業 975
(5)林道の開設 983
(6)林業研究会の誕生 991
(7)山林労務組合の結成 992
(8)豪雪による森林の被害 995
(9)振動障害の発生 996
(10)昔から使われてきた林業用具 997
(11)海老谷の野猿御用 1007

第八節 商工業の発達 1010

(1)日吉町商工会の発足 1010
(2)日吉町建設業協会の発足 1015
(3)内職や家内工業の発達 1018
(4)歴代商工会長等名簿 1019

第九節 漁業の盛衰 1021

(1)大堰川の漁業 1021
(2)昔から使用された漁労具 1021
(3)海老谷川の「あまご」 1026

第八章 保健衛生 1031

第一節 保健衛生の足跡 1031

(1)むかしの保健衛生 1031
(2)伝染病と防疫行政の歴史 1032
(3)虫のいない健康部落をめざして 1033
(4)健康優良児の検診と表彰問題 1035
(5)家族計画のとりくみ 1036
(6)伝染病の発生と予防 1037

第二節 国民健康保険 1038

(1)国民健康保険制度の発足 1038
(2)新しく発足した国民健康保険 1039
(3)直営診療所の廃止 1041
(4)国民健康保険診療費の動向 1043
(5)歯科診療 1046
(6)日吉町内の医師 1047

第三節 町民の健康をめざして 1049

(1)健康診断のとりくみ 1049
(2)がん検診の実態 1050
(3)日吉町民の病気の状況 1052
(4)「じん肺」とたたかう人びと 1057
(5)公害問題起こる 1059
(6)ごみ・し尿処理と火葬場 1062
(7)健康づくりのとりくみ 1067
(8)生活改善センターの建設 1068

第四節 明治鍼灸大学設立 1073

(1)明治鍼灸大学の開学 1073
(2)病院の設立 1076

第九章 社会福祉 1079

第一節 社会福祉の増進 1079

(1)社会福祉の歩んできた道 1079
(2)母子福祉の歩み 1081
(3)老人福祉と老人クラブ 1082
(4)心身障害者福祉と歩み 1088
(5)日吉町身体障害者福祉協議会の結成と歩み 1089
(6)国際障害者年記念とその行事 1091
(7)町民いこいの場福祉センター開設 1092

第二節 社会福祉協議会 1094

(1)社会福祉協議会の歩み 1094
(2)社会福祉協議会の思い出 初代会長 西尾博道 1103
(3)ホームヘルパー(家庭奉仕員)の設置と活動 1107
(4)日吉の福祉について思うこと 社協会長 谷義夫 1111

第三節 児童福祉と保育所 1115

(1)児童福祉 1115
(2)佐々江保育所 1116
(3)天若保育所 1117
(4)胡麻保育所 1118
(5)中央保育所 1119
(6)興風保育所 1120
(7)歴代保育所長 1121

第四節 国民年金と老人医療制度 1123

(1)国民年金制度の発足 1123
(2)老人医療制度の発足 1127
(3)老人保健特別会計の設置 1129

第五節 民生児童委員 1130

(1)民生児童委員制度 1130
(2)歴代民生児童委員総務 1132

第一〇章 同和対策 1133

第一節 解放運動とその成果 1133

(1)解放運動のはじまり 1133
(2)全国決起集会の展開 1134
(3)同和対策審議会の答申と特別措置法の制定 1137

第二節 完全解放をめざす施設 1143

(1)解放センターの完成と事業 1143
(2)歴代館長 1145
(3)仲間づくりの拠点児童館の完成 1145
(4)中部老人センターの完成 1146
(5)火葬場と墓地の新設 1147
(6)保健相談所の新設 1151
(7)運動施設の整備 1151
(8)日吉解放センター一〇周年記念式 1155
(9)同和対策事業一覧 1158

第一一章 教育と文化 1163

第一節 教育改革と戦後の教育 1163

(1)終戦当時の教育 1163
(2)学制の改革 1166
(3)戦後の教育 1167
(4)教育委員会の発足 1169
(5)歴代教育委員一覧 1171

第二節 学校の歴史

(1)世木尋常高等小学校
(2)小学校時代の思い出 1195 
井尻良雄 1195 / 船越忠勝 1197 / 近藤仙太郎 1199 / 吉田和夫 1201
(3)胡麻郷尋常高等小学校 1203 
(4)小学校時代の思い出 1220
内藤義一 1220 / 松尾一郎 1222 / 都野俊一 1225 / 船越一夫 1229
(5)五ケ荘尋常高等小学校 1231
(6)小学校時代の思い出 1245
今西重信 1245 / 久野克巳 1249 / 藤木重三 1252 / 吉田繁三郎 1255

第三節 殿田小学校の開校 1259

(1)小学校統合問題と開校までの経過 1259
(2)開校後の歩み 1273

第四節 殿田中学校の開校 1277

(1)開校までの足跡 1277
(2)殿田中学校の歩み 1283

第五節 歴代学校長名簿 1293

(1)世木尋常高等小学校 1293
(2)胡麻郷尋常高等小学校 1295
(3)五ケ荘尋常小学校 1297
(4)殿田小学校 1299
(5)殿田中学校 1299

第六節 通学問題と通学費 1300

(1)通学の方法 1300
(2)議会通学対策特別委員会の設置 1303
(3)通学費の問題 1303
(4)通学費の保護者負担 1306

第七節 合併後の校舎改築 1311

(1)殿田中学校 1311
教室棟の改築 1311 / 体育館の改築 1315 / 本館の改築 1319
(2)五ケ荘小学校 1326
校舎増改築 1326 / 本館の改築 1328
(3)胡麻郷小学校 1331
一期工事(昭和三三年度) 1332 / 二期工事(昭和三四年度) 1332 / 三期工事(昭和三五年度) 1335

第八節 殿田中学校で暴力事件発生 1338

(1)暴力事件の概要 1338
(2)暴力追放に関する決議 1340

第九節 社会教育の発展 1343

(1)社会教育の歩み 1343
(2)青年団 1344
(3)婦人会 1346
(4)育友会 1350
(5)社会教育委員会の設置 1354
(6)社会教育の方針と事業 1354
(7)同和教育の方針 1357
(8)社会教育主事及よび指導員の設置 1360
(9)人権教育のとりくみ 1361
(10)日吉青少年山の家完成 1365

第一〇節 社会体育の振興 1372

(1)社会体育の発展 1372
(2)体育施設の充実 1381
(3)体育振興会の結成と解散 1386
(4)「スポーツ活動の町」に指定 1389

第一一節 文化財保護 1394

(1)府・町指定の文化財 1394
(2)生活文化を伝える「日吉のたつき」発刊 1406
(3)日吉町の神社と教会 1412
(4)日吉町の寺院 1448
(5)宗教法人に登録されていない町内の寺院 1474
(6)石造遺品 1486
(7)南極の石 1514

第一二章 日吉ダム問題 1515

第一節 ダムとのたたかい 1515

(1)宮村ダム問題起こる 1515
(2)たたかいの体制 1521
(3)日吉ダム構想の変遷 1525
(4)治水調査からダム建設調査へ 1528
(5)日吉ダム建設にかかるたたかいの足跡 1533

第二節 生活再建をめざして 1549

(1)消えゆくふるさとを後世に 1549
(ア)ああわがふるさと 1550
(イ)去り行くふる里を思いて 1551
(ウ)哀れ消えゆくものの日々 1552
(エ)ありし日のわが村の記録 1556
(オ)文化財調査 1564
(カ)文化資料の収集 1567
(2)日吉ダム移転者の離村式 1570
(3)移転者の生活再建をめざして 1576
(4)ダムの町日吉町の振興対策 1580

第一三章 京都国体 1583

第一節 成功をめざして 1583

(1)経過 1583
(2)組織と体制 1587
(3)国体視察と研修 1590
(4)アーチェリー競技の普及 1595
(5)小・中学校のとりくみ 1598

第二節 国体の成功と感動 1603

(1)競技場とその周辺のかざり 1603
(2)リハーサル大会 1606
(3)感動とふれあいの京都国体アーチェリー競技会 1612
(4)開会式と開始式 1619
(5)アーチェリー競技会 1625
(6)国体関連行事 1633

年表(昭和二〇年―六三年) 1637
参考資料
町誌編さん委員久野敬次郎氏の死を悼む
編集をおわって

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?