ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(美山町誌 上巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(美山町誌 上巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>美山町誌 上巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

口絵 
町誌発刊によせて 中田脩 
凡例

第一編 自然環境

第一章 美山町の概況

第一節 位置 2

第二節 面積 4

第三節 人口 5

第四節 集落 10

第二章 地形・土壌・地質

第一節 地形 14

第二節 土壌 24

第三節 地質 27

第三章 気候 31

第二編 明治このかた

第一章 明治の夜明け

第一節 動乱期の美山 46

第二節 京都府の成立 47

第三節 戸籍制度の沿革

一 京都府戸籍仕法の制定 50
二 壬申戸籍 51

第四節 地券の交付 52

第二章 初期の村治

第一節 小区制と村役人 55

第二節 戸長の職務 59

第三節 町村の分合 63

第三章 三新法の制定

第一節 郡区町村編成法 65

第二節 変化の著しい行政区画 66

第三節 戸長役場の実態 70

第四章 市制町村制の交付

第一節 第一期町村大合併

一 五か村の誕生 76
二 初期の役場 78

第二節 村政の実態

一 村長事務引継書から 81
二 事務報告から 83

第三節 部落有林野統一と府立大学演習林

一 京都府模範林の造成 85
二 近世における両村の村持山 86
三 部落有財産統一の経緯 88
四 府道・林道の整備 92

第四節 明治以降唯一の廃村・大及 93

第五章 村会

第一節 初期の村会 95

第二節 村会の権限と議事内容

一 村会開催と議決事項 98
二 諸条例の許認可 101
三 区会議の運営 103

第三節 生産調査という郡内視察 109

第六章 桑田郡から北桑田郡

第一節 北桑田郡の誕生 113

第二節 府県制及び郡制の公布 114

第三節 郡会 118

第四節 郡有林や記念林の設定 121

第七章 大正から昭和にかけて

第一節 芦生の京大演習林

一 立地条件 124
二 設定の経緯 125
三 植生と動物 127

第二節 農村恐慌下の村政

一 金融恐慌と時局匡救事業 129
二 普通選挙 133
三 御大典行事 135
四 経済更正への途 135

第三節 村報の発行 137

第八章 選挙制度の変遷

第一節 衆議院議員選挙法 140

第二節 普通選挙法 141

第三節 国民参政の道 142

第四節 府県会規則と府会 143

第五節 村会議員 146

第九章 財政

第一節 聯合村の財政 150

第二節 村の財政 152

第三節 大正期の村財政 157

第四節 昭和初期から戦中の村財政 158

第十章 戦時下の国民生活

第一節 日中戦争の勃発 163

第二節 常会 164

第三節 大政翼賛会の発足 170

第四節 耐乏生活 172

第五節 学童疎開の受入れ 173

第六節 内久保への爆弾投下 175

第七節 戦没者への追悼 176

第三編 交通・通信

第一章 交通

第一節 古道

一 美山へ入る主な峠道 182
二 主な街道 184
三 旧街道時代以降 186

第二節 筏

一 上由良川の筏 191
二 流筏路の改修 193
三 流筏路の変遷 196
四 筏の運賃 198

第三節 道路と輸送

一 近代道路の変遷 200
二 街道の整備 201
三 幹線道路 205
四 バスの変遷 206
五 国道 213
六 主要地方道 215
七 トンネル 216
八 橋梁 219

第二章 通信

第一節 通信の歴史 224

第二節 美山における郵便局の歴史

一 沿革 228
二 郵便の変遷 233

第三節 通信

一 電報 236
二 電話 237
三 ラジオ・テレビ 239
四 有線放送 240
五 郵便局アラカルト 241

第四編 人々のくらし

第一章 生活の移りかわり

第一節 衣

一 素材
1 麻布 246
2 綿布 248
3 藤布 249

二 着る物
1 作業衣 250
2 常着 254
3 よそ行き着と礼装 255
4 子供の服装 255
5 洋風化 256

三 かぶり物 257

四 はき物 258

五 戦中・戦後の衣生活 260

第二節 食

一 主食 261
二 副食 264
三 食制 269
四 戦中・戦後の食生活 270

第三節 住・電灯・水道

一 屋敷と住居
1 建物と配置 274
2 主屋の各間でのくらし 276
3 戦後の改造 279

二 灯の歴史
1 電灯―自家用発電への動き― 283
2 京都電灯会社線への移行 290

三 飲用水の供給 295

第二章 人の一生

第一節 出産・生育・大人成り

一 出産の前後
1 出産前の心得 298
2 帯の祝い 299
3 産着の準備 299
4 出産 300
5 産後 301

二 生育儀礼
1 宮参り 303
2 食い初め 304
3 初節句 305
4 誕生餅 305
5 紐落とし 306
6 十三参り 306

三 育児
1 「ふご」での保育 308
2 母乳のこと 308
3 口減らしのこと 309

四 大人成り 310

第二節 婚姻

一 婚姻の意味

二 婚礼までの儀礼
1 仲人 312
2 結納 313

三 婚礼の日
1 花嫁の出立ち 314
2 荷送り・花嫁行列 314
3 婚礼 315
4 挨拶廻り・里帰り 317

第三節 厄年・年祝い

一 厄年 318
二 年祝い 319

第四節 葬送・墓制

一 葬法
1 死の予兆 320
2 葬法の変化 320
3 信仰による違い 321

二 死から通夜まで
1 死亡の通知 321
2 葬儀の計画と執行 321
3 死者の扱い・神封じ 322
4 湯潅 323
5 納棺 323
6 通夜 324

三 葬
1 「そうれん」のこと 325
2 葬式 325
3 出棺 326
4 葬列 327
5 埋葬と野帰り 329
6 忌中の儀礼 330
7 墓地と墓制 331

第五節 生活改善の動き 332

第三章 年中行事

第一節 現在も続いている年中行事

一 正月行事 344
二 春の行事 353
三 夏の行事 358
四 秋の行事 367
五 冬の行事 371

第二節 姿を消したり・消しつつある行事 374

第五編 美山の言葉

第一章 美山方言 380

第二章 美山方言の特徴

第一節 音声

一 五十音の行の混同 382
二 母音の転訛 383
三 連母音の転訛 384
四 子音の転訛 385
五 一音節名詞の長音化 386
六 一部の音の添削 386
七 促音の添削 387
八 撥音の添削 387

第二節 語法

一 助動詞 388
二 助詞 390

第三節 語彙

一〔その1〕くらしの場から 395
二〔その2〕 410

第六編 文化財

第一章 文化財保護

一 文化財の定義 432
二 法の変遷 433
三 京都府の保護行政 434
四 美山町の保護行政 434

第二章 指定物件

一 国の指定
1 西乗寺の仏像 437
2 最古の農家建築―石田家 439
3 小林家住宅 443
4 北の重要伝統的建造物群保存地区 445

二 府の指定
1 歓楽寺の仁王像 445
2 八幡神社本殿 447
3 深見寺の絵像 449
4 八幡神社の鎮守の森 450
5 道相神社の境内 451

三 府の登録文化財
1 樫原の田楽 451
2 上げ松 453
3 田歌の神楽 454
4 諏訪神社の祭礼芸能 456
5 道相神社の本殿、拝殿 458
6 道相神楽 458

四 町の指定
1 彫刻一〇件 459
2 名木一〇件 465
3 町の保護条例第一号「カジカガエル」 466
4 「ホタル」 469

第三章 未指定の文化財

一 建築 471
二 彫刻 473
三 絵画 475
四 工芸 476
五 書籍・典籍・古文書 476
六 石造物 477

第四章 美山の文化財を守る会

資料 480
土地・気象 480
人口 484
公共物 490
その他 492

あとがき・町誌編さん委員 495
口絵・図・表・写真一覧 502

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?