ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(和知町誌 第二巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(和知町誌 第二巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>和知町誌 第二巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

口絵
発刊のことば 十倉健
監修の辞 山本四郎
凡例

第一編 明治時代

第一章 村政

第一節 維新の変革

一 山陰道鎮撫 3

二 園部県立庁 8

三 京都府編入 11

四 村の夜明け 12

第二節 中央集権体制

一 戸籍法 16

二 区戸長制 17

三 枡谷村新置 22

第三節 三新法体制

一 三新法 22

二 組戸長役場 24

三 区町村会法と区画改正

区町村会法 25  / 区町村会法改正 26 / 区画改正 28

四 民権親睦会 30

五 社倉米 32

六 町村協議費 32

七 京都府会 36

八 船井郡役所 37

九 町村大合併 38

第四節 町村制と村政

一 村の自治

上和知村 43 / 村長略伝 45 / 下和知村 47 / 村長略伝 49 / 役場庁舎 51

二 戦争と銃後

日清戦争 52 / 日露戦争 53

三 災害

明治二十九年洪水 55 / 明治四十年洪水61

四 消防・水防 63

五 村づくり

上和知村是月報 68 / 村是調査 69 / 基本財産蓄積 70 / 区有財産統一 74 / 村の話題 106

六 財政 107

七 丹波の政界 123

八 諸制度

新府県制 126 / 新郡制 126 / 新市制・町村制 127 / 園部警察署本庄分署 129 / 園部区裁判所和知出張所 131

第二章 産業・経済

第一節 地租改正

一 京都府の地租改正 132

二 和知の地租改正

壬申地券 137 / 地押丈量 141 / 地価算定 143 / 山地券 146 / 旧租八掛 147 / 地租改正に伴う作成帳簿・事務一覧 151

第二節 農業

一 明治前期

農業の変革 159 / 農事奨励 159 / 井堰・溜池 165

二 明治後期

農事改良 173 / 農業統計 176 / 飯米不足 179 / 農会 182 / 長瀬の耕地整理熱 184 / 若衆慰安会 184 / 副業 185

第三節 養蚕・製糸

一 一般情勢

二 和知の養蚕・製糸

養蚕沿革 202 / 養蚕伝習所 204 / 蚕糸業小組 205 / 手挽から座繰へ 206 / 養蚕覚書 207 / 蚕の村に栄え 209 / 共進社 211 / 養蚕家の経営 214 / 桑園 217 / 製糸 220 / 栄進社製糸場 222 / 郡是製糸和知工場 226 / 養蚕記事・統計 229

第四節 林業

林政沿革 235 / 民有林経営 236 / 木炭 238 / 由良川・棚野川筏 239

第五節 水産

漁業権 249 / 鮎の声価 251 / 漁業組合 252

第六節 商工鉱業

明治初年の商売 256 / 和知の盛況 259 / 郵便局・銀行など 260 / 店舗 260 / 鉱業 260

第三章 建設・交通・通信

第一節 道路

一 丹波路―和知周辺 262

二 舞鶴街道

全体計画 264 / 舞鶴街道開削工事 268 / 仮定県道舞鶴街道 274

三 和知停車場道 278

四 地方税補助道路

周山・舞鶴街道 279 / 園部・高浜街道 282 / 福知山・小浜街道 283 / 殿田・山家街道 283 / 下和知・綾部街道 285 / 南部道路 285

五 村道・里道

村費負担制度 287 / タコカ新道 288v下粟野・仏主里道 291 / 西河内・中上林里道 291

第二節 橋梁

船戸橋 293 / 丸山橋 299 / 本畑橋(現・金刀比羅橋) 300 / 須川橋 300 / 継橋(現・安栖里潜没橋) 302 / 長佐橋 302 / 升谷橋 305

第三節 河川 307

第四節 運輸

一 京鶴線敷設工事 312

二 和知駅

祝賀行事 314 / 和知駅の活況 317 / 京鶴線開通雑記 318

第五節 通信

一 郵便

本庄郵便局開局 331 / 和知郵便局と改称 335 / 電話・電報 337

第四章 教育・文化

第一節 初等教育制度

一 学制 339

二 自由教育令と改正教育令 341

三 小学校令 344

第二節 学制と各小学校

寺子屋・藩校 347 / 詢考館 347 / 学校の変遷 352 / 幼稚園の濫觴 353 / 修来館 355 / 漸進館 359 / 崇高館 359 / 中村小学校 359

第三節 小学校令と各小学校

一 上和知尋常小学校・同下粟野分校 363

二 篠原尋常高等小学校

篠原尋常小学校 365 / 篠原尋常高等小学校 367 / 中山分校 371

三 下粟野尋常小学校

下粟野尋常小学校 373 / 学校基本財産造林 374

四 学校経済統一 376

五 下和知尋常小学校 380

六 東部・西部・本畑尋常小学校 383

七 下和知尋常高等小学校

学校経済統一 385 / 学校基本財産 389 / 女子手芸学校 389 / 東部分校・西部分校 391

八 船井高等小学校 393

第四節 社会教育

一 報徳会

報徳社 394 / 上和知村報徳会 395

二 青年団・婦人会

上和知青年会 407 / 下和知青年会 409 / 婦人会 410

第五節 郷土芸能・遊芸

一 郡部の状況 410

二 遊芸

大倉芝居 411 / 角力 419 / 興行の自粛 420

第六節 宗教

一 神道と仏教

神仏分離と廃仏毀釈 422 / 丹波の廃仏毀釈と寺院廃合 424

二 和知の社寺事情

社寺領上地と下戻 426 / 寺院統廃合など 427 / 郷社・村社 429 / 金刀比羅神社(鐘打) 429 / 教化・伝道 429 / 社寺明細帳・神社明細帳 431

第七節 保健・衛生 432

第二編 大正時代

第一章 一般情勢と村政概要

第一節 時勢の推移

日露戦後 439 / 大正政変 442 / 第一次大戦 443 / 米騒動と政党内閣 443 / 関東大震災と護憲三派内閣 445

第二節 地方制度の改正

郡制廃止 447 / 町村制改正 447

第三節 村政概要

一 村長略伝

上和知村長 448 / 下和知村長 449

二 財政

町村財政の窮乏 450 / 上和知村の財政 451 / 下和知村の財政 452

三 農政

景気の動向と農業 458 / 耕地整理 459

四 公有林野

村有林造林 459 / 村有林管理 460 / 管理・使用条例 463 / 村有林経営 467 / 郡有林 469 / 郡農会基本財産林 472

五 その他

御大典記念事業 473 / 本庄の盛況 474 / 川勝善五郎顕彰 475 / 政党勢力の浸透 476 / 下和知村民大会 479 / 消防・火災 479

第二章 産業・経済

第一節 産業別生産額・職業別人口

一 産業別生産額の推移 482

二 職業別人口の推移 486

第二節 農業

一 米価の推移と農家経済 487

二 副業 493

三 干害 494

四 府の耕地整理 495

五 上和知村の耕地整理

長瀬耕地整理 498 / 升谷耕地整理 499 / 大倉耕地整理 500 / 中山・子来耕地整理 501

六 下和知村の耕地整理

中・坂原耕地整理 503 / 坂原耕地整理 504 / 才原耕地整理 505 / 広野耕地整理 506 / 角の耕地整理 507 / 小畑の耕地整理 507 / 広瀬の耕地整理 507 / 下和知村耕地整理組合連合会 507 / 耕地整理雑記 509

七 自作農創設 511

八 産業組合 513

第三節 養蚕業

一 府の養蚕業 515

二 和知の盛況 519

三 桑園 520

四 養蚕組合表彰 521

五 養蚕覚書 522

第四節 林業

一 林政 524

二 官行造林 525

三 森林組合 526

四 木材騰貴と植林熱 527

五 木炭 530

六 栗 532

第五節 水産業 535

第六節 工・鉱業

一 製糸 539

二 郡是和知工場 540

三 鉱業 547

第三章 建設・交通・通信

第一節 道路

一 概説 548

二 道路区分

国道・府道 550

三 路線別改修経過

府道 551 / 郡道 557 / 村道 559 / 村道改修 562

四 橋梁 569

第二節 河川

一 河川行政

準用河川 571

二 水害 572

三 町村河川 573

第三節 発電・水利

一 由良川発電所 574

二 由良川水力発電所建設補償 575

三 発電水利券 579

四 電灯 579

第四節 交通・通信

一 下山駅開設 581

二 乗合自動車・自転車 582

三 郵便・電信・電話 584

第四章 教育・文化・保健

第一節 初等教育

一 概説 587

二 上和知尋常高等小学校

下粟野尋常小学校廃止・分教場設置 589 / 北原校長“私は提灯主義” 590

三 下和知尋常高等小学校

五十周年記念事業 594

四 学校経営

教育費の重圧 596 / 生徒数・就学率 598

第二節 実業教育・社会教育

一 実業教育 598

二 青年団 601

第三節 宗教

一 概説 605

二 神社

神社の土地 606 / 神饌幣帛料 607

三 寺院

実相寺移転 607

第四節 保健・衛生

一 伝染病

スペインかぜ大流行 610

二 保健

小学校児童の体位 612 / 壮丁の体位 613

三 医師・産婆 615

第三編 昭和前期

はじめに 619

第一章 一般情勢と村政概要

第一節 恐慌から五・一五事件まで

一 一般情勢

金融恐慌 620 / 田中内閣と積極外交 621 / 世界恐慌 622 / 満州事変と改革運動の台頭 623

二 村長略伝

上和知村 624 / 下和知村 626

三 農村恐慌下の村政

村の窮乏化 628 / 丹後震災救援 630 / 普通選挙 630 / 御大典行事 631 / 融和事業 632 / 農業調査 634 / 下和知村営発電問題 634 / 軍隊宿営 634 / 緊縮財政 634

第二節 非常時より準戦時体制へ

一 一般情勢 637

二 非常時体制の村政

村の更正 639 / 村会選挙 641 / 室戸台風 642 / 村報 642 / 保健・衛生 643 / 方面事業 646 / 時局匡救事業 647 / 経済更正 651 / 窮迫財政 664

第三節 日中戦争から敗戦まで

一 一般情勢 665

二 戦時体制下の村政

銃後の村 669 / 経済更正特別助成村 682 / 満州農業移民 689 / 消防 695 / 兵事 697 / 昭和前期の財政 701

第二章 産業・経済

第一節 産業別生産額 709

第二節 農業

一 農家経済 712

二 副業

畜牛 718 / 和知栗その他 719

三 自作農創設 720

四 耕地整理

字名称改称・字区域変更 728

五 子来水利組合 729

六 農業団体 730

第三節 養蚕・製糸業

一 転換期の養蚕 732

二 製糸 739

第四節 林業

一 山林不況 741

二 上和知村有林経営 744

三 下和知村有林経営 748

四 森林組合 749

五 林道 750

六 木炭 752

七 栗 757

八 保安林 759

第五節 水産業

一 和知鮎、東京へ 760

二 漁業組合 763

第六節 商工鉱業

一 鐘打鉱山 764

二 金融機関など 767

第三章 建設・運輸・交通・通信

第一節 道路

一 京都・舞鶴間府道幹線道路改修 769

二 一般府道 771

三 村道

指定町村道 774

四 橋梁 776

第二節 河川

一 上和知川府費支弁 782

二 発電水利 782

第三節 運輸・交通・通信

一 運輸 784

二 交通 784

三 通信 787

第四章 教育・宗教

第一節 初等教育

はじめに 789

一 上和知尋常高等小学校 790

二 下和知尋常高等小学校 797

三 戦時下の学校教育

紀元二六〇〇年行事 805 / 国民学校 805 / 上和知国民学校一斉視察 806 / 戦時下教育の進行 807

四 学童疎開 811

第二節 実業教育・社会教育

一 実業補習学校 823

二 青年訓練所 826

三 青年学校 828

四 青年団・女子青年団 830

五 婦人会 834

第三節 宗教

和知のキリスト教 838 / 国の宗教統制 839 / その他の動き 841

別編 戦没者の記録

はじめに 845

郷土部隊の戦績 846

一 西南戦争 846

二 日清戦争 846

三 日露戦争

常陸丸遭難 848 / 遼陽の会戦 848 / 沙河の会戦 848 / 奉天の会戦 849

四 支那事変

歩兵第二十連隊 850 / 歩兵第五十一連隊 850 / 歩兵第百二十連隊 850 / 歩兵第六十連隊(浜松) 851 / 野砲兵第五十三連隊 851 / ノモンハン事変 852

五 大東亜戦争

仏印・ビルマ・印度 852 / サイパン島・テニアン島(マリアナ諸島) 854 / 比島 855 / ニューギニア 856 / 沖縄 858 / 戦没者名簿 861

〈付録〉
上和知村長・助役・収入役 891
上和知村会議員選挙 893
下和知村長・助役・収入役 897
下和知村会議員選挙 899
府会議員選挙 903
衆議院議員選挙 905
年表 910
主要参考文献・資料一覧 929
写真等提供者一覧 933

あとがき 934
和知町誌編さん関係者 938
口絵・図・表・写真一覧 951
索引 957

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?