ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(綾部市史 上巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(綾部市史 上巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>綾部市史 上巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

地理編 1

第一章 地理的性質(位置・行政界・面積・人口)

一 綾部市の位置 3

二 境界の歴史地理 4

1 若狭と東部五陵山地の境界
2 丹後と八田郷の境界
3 下高津村の天田郡編入
4 佐賀村の分村合併
5 郡標の造立

三 面積と人口 7

第二章 自然環境としての地域の性質

一 山地の性質 8

二 谷の性質 11

由良川の峡谷内の河岸段丘 / 福知山盆地内の河岸段丘 / 上林川の河岸段丘 / 八田川の河岸段丘 / 犀川の河岸段丘 / その他の支流の河岸段丘

三 水系と河床の性質 17

四 地盤の地質構造 21

1 地盤歴史
2 古生層
3 舞鶴地帯の岩石 
4 新生代層

第三章 気候の性質 27

原始古代編

第一章 縄文・弥生時代――村のはじまり

第一節 原初の石器 33

旧石器の発見 / 土器を持たない人びと / 縄文時代の生活 / 綾部の縄文遺跡

第二節 郷土の弥生遺跡――館遺跡 40

第三節 青野遺跡 42

第二章 古墳時代の郷土

第一節 前期古墳 47

1 成山古墳
2 紫水が丘古墳
3 宝蔵山古墳
4 中丹地域 前期古墳の特色

第二節 中期古墳――前方後円墳と方墳 53

1 大古墳の世紀
2 綾部の中期古墳
3 丹後の中期古墳

第三節 後期古墳――群集墳の時代 57

1 群集墳の出現
2 綾部市内の古墳

第三章 古代国家の成立と郷土

第一節 大和朝廷と古代丹波 67

大和朝廷の成立 / 丹波の国名 / 丹波の平定 / 綾部の伝承

第二節 丹波の氏族と国県制 71

丹波の氏族 / 丹波直 / 県主 / 国造

第三節 部民の村々 73

部民制 / 漢部 / 八田(部) / 物部 / 私部 / 唐部 / 三宅(屯倉) / 草壁(日下部) / 弓削(部) / 日置(部)

第四章 律令制下の何鹿郡

第一節 律令国家と丹波 80

大化改新 / 律令体制 / 戸籍・計帳 / 班田と租税 / 丹波の貢納物 / 国衙と国司

第二節 何鹿郡 85

平城宮出土の木簡 / 郡名考 / 郡と郡司 / 何鹿郡の郡家

第三節 条里制と綾中廃寺 89

条里制 / 綾中廃寺 / 西原窯趾

第五章 平安時代の何鹿郡

第一節 国史に出ている何鹿郡 96

仏南寺 / 物部掃神 / 阿須々伎神社 / 刑部首 / 漢部福刀自 / 漢部妹刀自

第二節 式内社 99

神社 / 式内社 / 須波伎部神社 / 阿比地神社 / 阿須須伎神社 / 御手槻神社 / 河牟奈備神社 / 伊也神社 / 赤国神社 / 高蔵神社 / 佐須我神社 / 島万神社 / 福太神社 / 佐陀神社

第三節 十六郷 107

賀美郷 / 拝師郷 / 八田郷 / 吉美郷 / 物部郷 / 吾雀郷 / 小幡郷 / 高殿郷 / 私部郷 / 栗村郷 / 高津郷 / 志麻郷 / 文井郷 / 漢部郷 / 余戸郷 / 三方郷

第四節 荘園のはじまり 114

荘園のおこりと展開 / 何鹿郡の荘園

第六章 古代の文化と伝承

第一節 寺と仏像 118

第二節 修験道と熊野信仰 123

修験道 / 郷土の熊野信仰 / 郷土の修験道の遺跡

第三節 経塚と大般若経 126

経塚 / 綾部の経塚 / 大般若写経

第四節 伝承 131

高津八幡宮の金鳩 / 正暦寺と雨乞 / 平重盛と綾部

中世編

第一章 鎌倉時代の丹波

第一節 鎌倉幕府の成立 137

平氏の滅亡 / 綾部の伝承 / 鎌倉幕府と守護・地頭 / 丹波の守護と地頭

第二節 承久の乱と丹波 140

承久の乱 / 新補地頭 / 上原氏 / 何鹿郡の地頭 / 地頭の館

第三節 何鹿郡の荘園 146

荘園の動き
1 栗村荘
2 私市荘
3 吉美荘
4 高津荘
5 吾雀荘
6 志万荘
7 上林荘
8 小幡荘
9 漢部御厨
10 上林荘と八田郷

第二章 足利氏の登場と安国寺

第一節 鎌倉幕府の滅亡 158

元弘の乱 / 高氏の挙兵 / 丹波土豪の動き / 鎌倉幕府の滅亡

第二節 南北朝の戦乱と丹波 161

建武の新政と南北朝の戦乱 / 室町幕府と丹波守護・守護代

第三節 足利氏と安国寺 166

上杉氏と光福寺 / 上杉清子 / 尊氏の地蔵信仰と国富荘の寄進 / 安国寺の成立 / 安国寺始祖天菴妙受 / 安国寺の寺領 / 寺領の変遷 / 岩王寺 / 淵垣八幡神社

第三章 応仁・戦国の争乱と丹波の国人

第一節 応仁の乱 179

将軍家・管領家の相続争い / 応仁の乱と丹波国人衆

第二節 何鹿の国人 183

上原氏 / 信長朱印状 / 上林氏 / 波々伯部氏 / 志賀氏 / 大槻氏 / 荻野氏 / 位田の乱

第三節 大永・永禄の争乱 198

細川氏の分裂と高国 / 大永の争乱と何鹿郡 / 赤井の乱 / 内藤氏の進出 / 東栗村城山軍記

第四章 明智光秀の丹波平定

第一節 明智軍の丹波侵入 206

波多野氏 / 信長の戦略 / 元亀の侵入 / 天正三年の侵入 / 和藤合戦 / 丹波攻略一進一退

第二節 明智光秀の丹波平定 211

天正七年の侵入 / 八上城攻略 / 天田・何鹿の平定 / 福知山城を築く / 戦国時代の終末

第五章 中世の村落

第一節 荘園の村 218

第二節 中世の村落 222

第三節 上林の村々 226

第六章 中世の文化

第一節 中世の文化と民衆 229

第二節 君尾山光明寺の文化財 231

第三節 重要文化財と市指定文化財 237

第四節 淵垣八幡神社と中世の神社建築 248

1 淵垣八幡神社本殿
2 阿須々伎神社本殿
3 阿須々伎神社摂社大川神社社殿
4 中世の神社棟札
5 木造狛犬

近世編

第一章 丹波の統一と幕藩制の成立展開

第一節 丹波の統一と何鹿郡の動向 261

第二節 幕藩制の成立 266

1 大名旗本領の成立

2 綾部藩

綾部藩の成立 / 綾部藩主 / 家臣と職制 / 綾部藩

3 山家藩と旗本谷領

山家藩の成立 / 山家藩と旗本谷領の分立 / 山家藩制 / 十倉・梅迫領 / 十倉領家臣について

4 藤懸領

藤懸領の成立 / 藤懸分家の創立 / 城下藤懸領政の展開

5 何鹿郡内他領について

第三節 城下町の成立と展開 298

1 綾部城下町

下市場時代 / 上野城地と城下町

2 山家陣屋と城下町

山家陣屋 / 山家城下町

第二章 藩政の展開

第一節 綾部藩政の展開 306

有馬検知 / 慶安検知 / 寛文七年の修正検知 / 綾部藩の貢納諸掛 / 綾部藩の貢納の変化

第二節 山家藩政の展開 324

貞享の検地 / 山家藩の貢租

第三節 旗本十倉・梅迫領政の展開 334

初期十倉領政 / 十倉領の財政と貢納の変化 / 十倉領の農村構成 / 農民騒動―越訴 / 十倉領貞享の越訴 / 農民の要求と領主の対応 / 追放人の所免許 / 梅迫領政の展開

第四節 藤懸領政の展開 361

藤懸領諸税の農民負担

第三章 近世農村と人々の生活

第一節 村の状況・農民統制 367

近世村落の形成 / 農民支配 / 身分社会

第二節 村の政治と生活 383

村役人について / 村絵図 / 宗門改帳 / 五人組帳 / 村財政 / 土木工事用水慣行

第三節 農村諸集団 402

農村諸集団と金石文 / 宮座 / 株

第四節 近世の山林 412

御用林 / 百姓持山 / 寺社有林 / 村持山 / 入会山論

第四章 産業と交通の発達

第一節 農業技術の進歩 426

1 潅漑の発達

由良川の井堰 / 天田井堰 / 綾部井堰 / 粟村井堰 / 溜池

2 農具の発達と品種の改良

第二節 鉱工業の発達 439

黒谷和紙 / 岩王寺硯

第三節 交通の発達 443

1 陸路の交通

里村紹巴の橋立紀行 / 近世の交通

2 由良川の舟運

舟運の発達 / 大嶋港 / 輸送物資と舟の種類

3 由良湊より京嵯峨までの通船

4 由良川の渡し

第五章 庶民の生活と文化

第一節 農村の生活 464

寄合 / 雨乞・日和乞 / 湯立

第二節 衣・食・住 474

衣生活 / 食生活 / 住居

第三節 教育と文学文化 485

教育 / 文字文化の普及 / 俳句

第四節 名勝と重要民俗資料 496

名勝 / 重要民俗資料

第六章 幕藩体制の動揺と綾部

第一節 商品経済の発達 500

商業の発達 / 豪農商と酒造株 / 在郷商人 / 米価及び商品作物

第二節 農民構成の変化 510

近世村落の変化 / 地主の土地集中 / 農民の生活

第三節 災害と百姓一揆 519

綾部地方の風水害 / 綾部地方の飢饉 / 百姓一揆 / おかげ参り

第四節 財政窮乏と藩政改革 535

大名・旗本の窮乏 / 綾部藩の財政窮乏と借銀 / 藩札発行と産物会所 / 藩政改革と佐藤信淵

第五節 王政復古と綾部の動向 555

各説編

第一章 考古

第一節 旧石器と縄文時代の遺跡・遺物 563

旧石器
西原町出土の石器 / 上杉町出土の石器 / 以久田野出土の石器

縄文時代の遺跡・遺物
張田遺跡 / 味方遺跡 / 寺町遺跡 / 石原遺跡 / 小貝遺跡 / 以久田野遺跡 / 青野遺跡 / 館遺跡

第二節 古墳 570

1 前方後円墳の分布とその概要

2 綾部市内の主な古墳

八塚古墳群 / 田坂野古墳群 / 以久田野古墳群 / 高谷古墳群 / 荒神塚

第三節 綾中廃寺 581

1 綾中廃寺の出土遺物

2 丹波国内の廃寺

第四節 経塚 589

藤山経塚 / 一ノ宮経塚 / 篠神社経塚 / 殿山経塚 / 甲ヶ峯経塚

第二章 金石文

第一節 石造品 594

宝篋印塔 / 五輪塔 / 石造厨子 / 石仏龕 / 板碑 / 石仏 / 笠塔婆 / 層塔 / 石幢 / 切支丹灯籠 / 石灯籠 / 水鉢 / 道しるべ / 庚申塔 / 日待・月待塔 / 石碑

第二節 金工品 610

梵鐘 / 鰐口 / 懸仏 / その他の金工品

第三章 庶民生活・民俗

第一節 民家 615

1 民家
2 農家
3 町屋
4 武家住宅
5 木の花庵

第二節 民俗 624

1 筍と茗荷の神事
七不思議 / 篠田神社 / 筍神事 / 阿須須伎神社 / 茗荷神事

2 金刀比羅講(宝永講)建田

3 両墓制

第三節 昔話 634

昔話の伝承形式 / 昔話

第四節 民謡 645

1 近世民謡と郷土の歌

初期の歌 / 近世調の確立

2 労作歌

石場つき歌 / 杭うち歌 / 土しめ歌 / とうす歌 / からうす歌 / 石臼歌 / 糸引き歌 / 糸紡ぎ歌

3 盆踊歌

念仏踊 / 綾部音頭 / 山家音頭 / 梅迫音頭 / 向田観音音頭 / 栗村音頭 / 上林音頭

4 わらべ歌ほか

民謡の中のわらべ歌

第五節 民俗芸能 666

1 島万神社の太鼓踊と太刀振

太鼓踊 / 太刀振

2 阿須々伎神社に奉納される芸能

狂言 / 花の踊 / 能舞 / 太刀振

3 高倉神社の祭礼とヒヤソ踊


巻末付録
あとがき 686
上巻執筆者 691
文化財一覧表・口絵一覧 11
年表 1

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?