ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(福知山市史 第一巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(福知山市史 第一巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>福知山市史 第一巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

第一編 概説

一 福知山市の位置と自然 3

二 本盆地及び福知山市に対する歴史的概観 6

第二編 自然環境

第一章 福知山市の地理的位置と面積

第一節 絶対的位置(経緯度上の位置) 11

第二節 関係的位置 14

第三節 面積及び人口の歴史的変遷 15

面積の変遷 / 人口の変遷

第四節 観音寺及び興の所属 20

第五節 福知山盆地の地理的単元 25

第二章 地形及び地帯構造

第一節 地帯構造 28

近畿地方の内帯と外帯 / 丹波山地 / 当地方の地震

第二節 福知山盆地をめぐる山脈 32

大江山脈 / 鬼ケ城姫髪山脈 / 鬼ケ城 / 高林寺山 / 姫髪山 / 高岳山塊 / 天氷山塊

第三節 盆地辺縁の段丘 41

概説 / 長田野段丘 / 前田・土村の段丘 / 以久田野団丘 / 猪崎段丘 / 堀・岡・正明寺段丘 / 朝暉岡丘陵の変遷

第四節 和久川及び牧川河谷 53

豊富谷の特殊地形 / 牧川渓谷 / 井戸のない石本の弘法伝説

第五節 福知山盆地の成因 57

第六節 主要河川 59

由良川 / 音無瀬川の河名の由来 / 由良川の河道の変遷 / 和久川の河道の変遷 / 弘法川の弘法伝説

第七節 由良川の交通史及び文化史 65

下川口に残る記録 / 有路に残る記録 / 綾部藩に残る記録 / 歌枕または画題としての由良川

第三章 地質・土壊(壌)・鉱産

第一節 地質 75

概説 / 各節 / 参考文献

第二節 土壌 87

第三節 鉱産 90

歴史的に見た天田郡の鉱産 / 鉱産資源の種類と地質 / 鉱山各説 / 非金属鉱物

第四章 気候

第一節 気候区分 95

第二節 気温 96

気温の日変化 / 最高・最低気温の月別平均値 / 平均気温 / 気温の日較差

第三節 降水量 101

月平均降水量 / 月別・階級別降水量日数 / 雪 / 霜 / 霧 / 雹

第四節 風 109

第五節 福知山市の洪水 110

第三編 歴史

第一章 日本民族の形成

第一節 小林行雄氏の説 123

第二節 鳥居・梅原両博士の論争 125

第三節 三品博士の説 128

第四節 西村真次博士の説 131

第五節 大林太良氏の説 132

第六節 朝鮮半島との関係 135

第七節 大陸騎馬民族と当地方出土の馬具 136

第八節 水野□(示偏に右)氏の研究による島根県人と慶尚南道人との間の血液型類似性 138

第二章 旧石器時代 141

第三章 縄文時代 143

第四章 弥生時代

第一節 概説 154

第二節 遺跡・遺物 158

下野遺跡 / 上野平遺跡 / 論所遺跡 / 広野遺跡 / 立石遺跡 / 観音寺遺跡 / 観音寺の石剣 / 興遺跡 / 岩畑遺跡 / 愛宕山遺跡 / 岩間遺跡 / 筈巻遺跡 / 安井遺跡 / 茶臼山遺跡 / 半田遺跡 / 奥野部遺跡 / 今安の遺跡 / 夕陽が丘・室・拝師の石鏃 / 宮の石斧 / 石剣および異形石器

第五章 古墳時代

第一節 概説 185

第二節 遺跡・遺物 187

牧の古墳 / 奥野部の古墳 / 和久寺の古墳 / 大門の古墳 / 拝師の古墳 / 正明寺の古墳 / 矢見所・向野古墳 / 荒木の古墳 / 武者ケ谷古墳 / 水内の古墳 / 森垣の古墳 / 高畑の古墳 / 猪崎の古墳 / 川北の古墳 / 報恩寺の古墳 / 土師の古墳 / 前田の古墳 / 中坂の古墳 / 上野平の古墳 / 六人部方面の遺跡・遺物

第六章 古文献から見た古代丹波

第一節 丹波の国号 246

国号のあて字 / 国名の起源 / 丹波の地域 / 姓氏としての丹波

第二節 出雲民俗と天孫民俗並びに高志 256

第三節 古記に現れた丹波に関する政治・経済・社会上の記録及び伝説 259

大和朝廷と丹波との関係 / 元伊勢 / 和久市の神明社 / 彦坐王・丹波道主命 / 是社神社及び天津・波江に関する伝説 / 日葉酢姫命 / 土師部の起源 / 土師の天満神社 / 雀部庄民松尾社領の由良川禁漁区を侵す / 天日槍の来朝(再出) / 辺境の平定と民治 / 国県の設置 / 山陰道の名称と管轄 / 学問技芸の伝来 / 氷室 / 億計王と弘計王の逃避 / 秦氏と綾部 / 浦島伝説 / 倭彦王の逃避 / 蘇欺岐の屯倉 / 麻呂子親王鬼賊退治の伝説 / 長田の願来寺 / 有間皇子と天津村・是社神社 / 主基国の卜定 / 大江山の関 / 十二角の犢 / 白鹿・錫の献上並びに地震 / 丹波・但馬の山灾 / 飢饉及び疫病除けの祈願 / 麻呂子親王と市内字堀の一宮神社

第四節 古代人の宗教生活 289

神奈備山 / 六人部七天神 / 密教と修験道場としての三岳山 / 雲龍寺

第七章 古代社会の状態

第一節 古代社会の構造 301

福地山地方の部曲名のついた地名

第二節 古代の地方行政組織 303

大化の改新 / 改新の詔による新政策

第三節 郷里制度 309

上古及び中古の郡制 / 丹波の諸部及び「いかるが」考

第四節 天田郡名考 316

第五節 和名抄に見える天田郡の諸郷 321

六部郷(六人部郷) / 土師郷 / 宗部郷 / 雀部郷 / 私部郷 / 和久郷 / 拝師郷及び豊富郷 / 額塚の地名の起源 / 庵我郷 / 川口郷 / 夜久郷 / 神戸郷

第六節 郡司・郡家 370

第七節 班田制及び条里制 372

条理制の遺構

第八節 古代の蚕業 375

第八章 律令体制時代(奈良時代・平安時代)

第一節 奈良時代初期の政治上のおもな事項 378

山陰道の按察使・その他 / 丹波より丹後を分かつ / 風土記の編さん / 白雉・白鴿の献上

第二節 和久寺廃寺 381

仏教の興隆 / 地方民間の仏教 / 和久寺廃寺の遺跡・遺物

第三節 多保市の古寺と地名 389

第四節 大嘗会の斎国 395

第五節 天田郡における延喜式内社及び一宮神社・大原神社 404

式内社 / 生野神社 / 宮の一宮神社 / 庵我神社 / 天照玉命神社 / 荒木神社 / 阿比地神社 / 佐須我神社 / 一宮神社 / 大原神社(元府社)

第六節 当代の丹波の産業 463

農業―畑作の進行 / 溜池の築造 / 牧畜及び酪製品 / 絹織物の生産 / 鉱業と治金 / 有徳神社の祭神と採鉱冶金に関する民俗学的考察

第七節 丹波国の租庸調 473

丹波国の正祖公廨等 / 延喜式に見える調庸 / 丹波国人の中央庸役

第八節 丹波の国司・国府 480

国司 / 丹波の国司の任免 / 国司の悪政 / 丹波の国府

第九節 平安時代の文化財 508

長安寺木造薬師如来立像 / 長安寺薬師如来坐像 / 長尾薬師堂薬師如来坐像 / 下野条公民館木造薬師如来坐像 / 上野条薬師堂木造薬師如来坐像 / 上野条薬師堂木造釈迦如来坐像 / 一の宮神社木造男神像 / 野笹公会堂木造四天王立像 / 大信寺木造十一面観音坐像 / 日尾釈迦堂木造釈迦如来坐像 / 大年神社紙本墨書大般若経六百巻 / 威徳寺観音堂仏像群

第十節 天田郡に残る平安朝の田楽神事 523

八幡社 / 祭礼 / びんささら踊り / 田楽の衰退と当社の舞楽

第十一節 丹波の天災・飢饉 529

第十二節 奈良・平安時代の当地方の交通 531

上古及び奈良時代 / 平安時代 / 丹後への駅路 / 日出駅から前浪への道 / 大江山生野道

第十三節 天田郡関係の当代人物 543

家部人足 / 昆解宮成 / 丹波直広麻呂 / 丹波康頼・同忠明

第九章 荘園時代の丹波

第一節 荘園の発生 545

貴族・官僚の荘園 / 口分田の私有地化 / 地方豪族の荘園 / 社寺の荘園 / 松尾神社 / 加茂神社 / 字観音寺の観音寺

第二節 荘園の拡大 552

荘園拡大の過程

第三節 荘園の役人 553

第四節 丹波の荘園 556

丹波の荘園一覧 / 佐々木庄 / 雀部庄・京都嵯峨の松尾神社の社領となる / 雀部庄内田畠流失につき実験使派遣さる / 土師庄・曽我部庄 / 長田庄 / 六人部庄

第十章 封建社会成立時代の丹波

第一節 武士の興起 568

社会秩序の混乱・名主の発生 / 「大江山の鬼」・上豊富の榎原

第二節 源平二氏の争い 570

第三節 源平時代の丹波 571

以仁王丹波逃避の伝説 / 平宗盛、丹波等の総管となる / 浄憲の丹波配流 / 源頼政の鵺退治 / 一ノ谷の戦い / 隠田集落としての奥榎原

巻末付録
第一巻執筆者 1
図・表・写真一覧表 2
グラビア解説 7
第一巻年表(平安末期まで) 12
考古用語解説 20
福知山市遺跡一覧表 24
編さんの経過 55

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?