ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(舞鶴市史 通史編(上)) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(舞鶴市史 通史編(上)) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>舞鶴市史 通史編(上)

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

〈巻頭写真〉 
発刊のことば 舞鶴市長 町井正登 
凡例

郷土の自然環境

一 位置 1

(一)数理的位置(経緯度)
(二)市域の推移
(三)関係位置(交通的位置)

二 地形 3

(一)地形の特色
(二)地形と港湾
(三)地形区分と地形誌
(四)地形発達史
(五)水系とその特色

三 地質構造と地質の特質 13

四 気候 19

(一)日本の気候と舞鶴の四季
(二)舞鶴海洋気象台の観測資料

原始・古代の郷土

第一章 縄文時代の郷土

第一節 先土器時代 35

第二節 縄文時代 38

縄文土器 / 縄文文化 / 縄文時代の区分

第三節 丹後地方の縄文遺跡 44

第四節 舞鶴の縄文遺跡 48

桑飼下遺 / 志高遺跡 / その他の遺跡

第五節 縄文人の生活 76

第二章 弥生時代の郷土

第一節 弥生時代 81

弥生時代 / 弥生時代の区分

第二節 丹後地方の弥生遺跡 84

(一)前期遺跡と米作り 86

前期遺跡 / 稲作の展開 / 前期の土器と稲作渡来の道 / 舞鶴の前期遺跡

(二)中期遺跡と村づくり 100

中期遺跡 / 村の成立・丹後のムラ / 弥生の墓 / 高地性集落 / 丹後の銅鐸 / 中期の土器 / 舞鶴の中期遺跡 / 倭人伝と弥生時代の社会

第三節 丹後の後期遺跡と弥生人の生活 129

丹後の後期遺跡 / 農具の改良 / クニへの歩 / 後期の土器 / 弥生時代を通じてみた舞鶴 / 弥生から古墳時代へ

第三章 古墳時代の郷土

第一節 古墳時代 141

古墳時代 / 古墳時代の区分

第二節 丹後地方の古墳 144

前期古墳 / 中期古墳 / 後期古墳

第三節 舞鶴の古墳

(一)古墳・遺跡の分布 146

東舞鶴地域 / 西舞鶴地域 / 加佐地域

(二)主な古墳・遺跡 163

田井古墳 / 干田古墳群 / 大波古墳群 / 妙見山古墳群 / 塩谷古墳 / 匂ケ崎古墳 / 切山古墳 / 上殿古墳 / 天狗岩古墳 / 白杉古墳 / 城ケ腰古墳 / 和江ニイザ古墳 / 徹光山古墳 / 枝宮古墳 / 上村古墳 / 桑飼下遺跡 / 志高遺跡

第四節 旦波の豪族と人びと 207

たには(旦波) / 記紀にみる旦波の豪族 / 古墳と旦波豪族 / 人びとの生活

第四章 奈良・平安時代の郷土

第一節 律令制下の丹後国

(一)丹後国と加佐郡 228

丹後国 / 丹後国の国司 / 丹後国の国分寺 / 加佐郡 / 加佐郡の諸郷

(二)丹後国の貢納 254

租と出挙 / 調と庸と中男作物 / 年料舂米 / 交易雑物 / 別納租穀 / 貢蘇 / 年料供進雑 / 貢進菓子 / 贄 / 年料雑薬 / 地子雑物 / 雑徭と兵役

(三)山陰道と丹後路 272

山陰道 / 丹後路

(四)人びとの生活 276

公民の日々 / 丹後国の奴婢 / 丹後国の天災・飢饉 / 丹後国の産業

第二節 平安時代の荘園 289

荘園の成立 / 丹後国の荘園・郷保 / 院政と知行国制 / 女院美福門院と丹後国 / 八条院と丹後国 / 大内荘と開発領主平辰清 / 志高荘・岡田御厨

第三節 奈良・平安時代の遺跡 307

志高遺跡 / 三浜遺跡 / 茂津窯跡

第五章 古代の郷土文化

第一節 古代文学と郷土 319

丹後風土記 / 日本霊異記 / 今昔物語

第二節 郷土の仏教 328

丹後の七仏薬師信仰 / 松尾寺 / 金剛院 / 円隆寺 / 観音信仰・西国三十三所巡礼

第三節 郷土の神社 343

式内社と国史見在社 / 勘注系図の古社

第四節 郷土の文化財 351

中世の郷土

第一章 鎌倉時代の郷土

第一節 鎌倉幕府の成立と丹後国 359

源平の争乱 / 源平争乱期の池内保 / 鎌倉幕府の成立と志楽荘地頭

第二節 承久の乱と丹後国 367

承久の乱 / 丹後国の保 / 承久の乱後の丹後

第三節 鎌倉時代の荘園

(一)志楽荘 371

名と吉坂村 / 名田の相続・売買 / 志楽荘西願寺 / 田井浦

(二)倉橋荘 378

倉橋荘園与保呂村

(三)大内荘 380

大内荘の相伝 / 大内荘の年貢

第二章 南北朝時代の郷土

第一節 鎌倉幕府の滅亡と建武の新政 389

大覚寺統と持明院統 / 足利尊氏の挙兵と丹波・丹後 / 熊谷直久の丹後攻略 / 岡田荒張城の戦い / 護良親王と金剛院 / 建武の新政

第二節 南北朝の動乱 397

丹後国への影響 / 尊氏と直義の対立 / 加佐郡への影響 / 動乱期の荘園 / 山名氏

第三節 南北朝時代の荘園 407

大内荘 / 志楽荘 / 余戸里

第三章 室町時代の郷土

第一節 丹後守護一色氏 419

守護 / 一色氏の出自 / 初代満範 / 二代義貫(義範) / 三代教親 / 四代義直 / 五代義春 / (再任)義直 / 六代義秀 / 七代義有 / 八代義清 / 一色氏末葉

第二節 戦国の争乱 452

応仁の乱と山名・一色氏 / 応仁の乱後の丹後と若狭 / 戦国期の丹後と若狭 / 志楽谷の城 / 丹後・若狭の攻防 / 戦国期の丹後と但馬

第三節 舞鶴の山城 486

山城 / 舞鶴の山城

第四節 室町時代の荘園 500

倉橋郷 / 田辺郷 / 大内荘 / 凡海郷 / 有道郷 / 志高郷 / 志高庄 / 河守郷 / 余戸里 / 池内保 / 気多保 / 普甲寺 / 岡田庄 / 祇園寺庄 / 清薗寺 / 大川社 / 志楽荘

第四章 中世の郷土文化

第一節 禅宗 521

春屋妙葩と雲門寺 /  谷翁道空と曇翁源 / 桂林寺

第二節 時宗と律宗 533

時宗 / 律宗 / 丹後国分寺の再興

第三節 郷土の文化財 540

絵画 / 彫刻 / 工芸品 / 経塚 / (付)天橋立紀行 / (付)丹後国神名帳

近世の郷土

第一章 安土桃山時代の郷土

第一節 織田信長の丹後平定 560

信長の統一戦争 / 信長と丹後守護職家・国衆 / 丹後平定の戦い / 細川氏の丹後入国 / 一色氏の最期

第二節 細川氏の丹後領知 587

丹後の天正検地 / 田辺築城 / 城下町の成立 / 細川氏の治政 / 細川忠興定書 / 細川氏の発展 / 細川氏の家臣団

第三節 関ヶ原の戦いと田辺籠城 639

関ヶ原の戦い / 田辺籠城 / 古今伝授と開城 / (付)田邉籠城戦記・絵図 / 細川氏の転封

第二章 江戸時代の郷土

第一節 京極氏の丹後領知 677

京極氏の丹後入国 / 丹後の慶長検地 / 田辺城の拡張

第二節 田辺藩の成立 696

丹後の分知と田辺藩各村高 / 京極氏と家臣団 / 京極氏の藩政 / 田辺城の破却、京極氏の転封

第三節 牧野氏の藩政 718

牧野氏の田辺入部 / 牧野氏の歴代藩主 / 牧野氏の家臣団 / 藩の職制 / 藩の税制 / 藩の財政 / 藩札の発行 / 田辺城の再築 / 農業政策 / 林業政策 / 交通政策 / 備荒政策 / 宗教・文教政策 / 医療政策 / (付)田辺藩の人口

第四節 村の生活 871

大庄屋組・大庄屋 / 村 / 村役人 / 五人組 / 村の階層 / 藩の統 / 村の規制 / 百姓の生活

第五節 町の生活 930

町家と町の様子 / 町の組織と戸数・人 / 町の負担 / 庶民信仰 / 食生活 / 娯楽 / 職業

第六節 産業の発達 974

農業 / 漁業 / 鉱業 / 商工業

第七節 交通の発達

(一)陸上交通 1012

田辺城下の道路 / 田辺からの街道 / 田辺藩の番所 / 路傍の設備 / 参勤交代の道 / 巡見使の道 / 信仰の道

(二)水上交通 1038

丹後の回船 / 船主と船乗り / 由良川の舟運 / 舟着と舟戸

第八節 被差別部落の形成 1066

被差別部落 / 田辺藩内の部落 / 部落差別の実態

第九節 災害と飢饉 1080

水災 / 洪水 / 飢饉 / 疫病 / 地震 / 津波 / 社倉 / 農村の備荒救恤

第一〇節 封建社会の動揺 1101

村の変移 / 享保の百姓一揆 / 宝暦の百姓一揆 / 身分秩序の衰退 / 藩財政の窮 / 外国船の来航

第一一節 幕末の動乱 1158

幕末の動乱 / 田辺藩内の動静

第三章 近世の郷土文化

第一節 江戸時代の教育 1171

藩学 / 藩学を支えた人びと / 寺子屋

第二節 心学への傾倒 1192

石門心学 / 田辺における心学 / 求心舎と立敬舎 / 田辺来講の心学者たち / 心学と田辺藩 / 田辺孝子伝

第三節 郷土の文芸 1213

田辺府志 / 丹後変化物語 / 郷土の俳人 / (付)丹後細川能番組

第四節 郷土の文化財 1235

金剛院庭園 / 民家と社寺建築 / 有形・無形の民俗文化財

参考文献一覧
史料・写真提供者
編さん経過
舞鶴市史通史編(上)執筆者

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?