ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(宮津市史 通史編(上巻)) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(宮津市史 通史編(上巻)) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>宮津市史 通史編(上巻)

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

発刊のことば
監修のことば
凡例

序章 丹後宮津の黎明

一 北ツ海の史脈 2

丹波から丹後へ / 北ツ海交渉 / 魏の紀年鏡

二 丹後地域の先進性 7

裏日本観のゆがみ / 文化の先進性 / 宮津郷から宮津市へ

第一章 宮津市の自然環境

第一節 地質の構成

一 超苦鉄質岩類 16

二 中古生層 19

三 花崗岩類 19

四 第三紀層 21

五 第四紀層 24

高位段丘層 / 中位段丘層 / 低位段丘

六 沖積層 25

層序 / 堆積環境と古地理の変化 / 各地域の沖積層の特徴

第二節 活断層と地震

一 活断層 30

山田断層 / 弥助山西断層 / 須津峠断層 / 柿ヶ成断層

二 地震活動と北丹後地震 32

定常的な地震活動 / 北丹後地震

第三節 丹後地域の地形

一 丹後の地形的特色 35

二 本市の地形 36

三 北部の地形 38

水系 / 山地の小起伏面 / 地すべり地形 / 大フケ湿原 / 花粉分析と環境変化

四 南部の地形 43

水系 / 山地 / 低地

五 天橋立と阿蘇海 46

地形的特徴 / 形成史と現状

第四節 気候環境

一 京都府の気候と宮津の位置 49

二 気温および降水量 50

第五節 植生

一 植生とその分布 52

二 北部 53

三 南部 54

第二章 採集と狩猟の社会から農耕へ

第一節 採集と狩猟の社会

一 人類と石器文化 58

人類の出現と拡散 / 日本列島の旧石器時代

二 縄文文化 60

縄文時代の始まり / 縄文時代 / 豊かな森と海の恵み / 土器の発明 / 石槍から弓矢へ / 丹後の縄文遺跡 / 最古の縄文土器と有舌頭器 / 押型文土器と陥穴 / 貝塚と植物利用 / 交易と丸木舟

第二節 農耕社会の成立と展開

一 稲作の伝来と開始 68

激動する東アジアと稲作文化 / 弥生時代 / 稲作の開始と伝播 / 米のみち / 蔵ヶ崎遺跡の水田跡 / 奈具谷遺跡の基幹水路 / トチノミの灰汁抜き施設

二 集落と暮らし 76

弥生時代の集落 / 丹後の弥生集落 / 桑原口遺跡 / 戦乱と高地性集落 / 専業的生産集落としての奈具岡遺跡玉作り工房群

三 弥生人のまつり 86

まつりと道具 / 土製祭祀具 / 陶塤と琴 / 銅剣形磨製石剣 / 青銅器のまつり / 丹後の銅鐸 / 由良の銅鐸

四 墓と階層の分化 94

方形周溝墓と方形台状墓 / 墓と階層

五 丹後の弥生土器と土器の交流 96

丹後地域の弥生土器 / 土器の交流

第三節 弥生時代から古墳時代へ

一 弥生時代後期の丹後 101

中期的集落の解体 / 暮らしの変化 / 擬凹線文で土器を飾る地域

二 有力者の墳墓の出現 107

北部九州での王墓の誕生 / 中期後葉の貼石墓 / 近畿北部での王墓の誕生 / 近畿北部共通の墓制 / 岩滝町大風呂南墳墓の出現 / 峰山町赤坂今井墳丘墓 / 丹後の大型墳丘墓と各地との交流

第三章 古墳文化の展開

第一節 古墳の造営

一 前方後円墳の登場 128

前方後円墳の出現 / 園部町黒田古墳

二 丹後における出現期の古墳 131

加悦町内和田5号墳 / 大田南古墳群 / 宮津の出現期古墳 / 籠神社の伝世鏡

第二節 古墳文化の発展

一 丹後の巨大古墳 140

大和・河内の大王墓 / 全国の大型前方後円墳の動向 / 加悦谷の前方後円墳 / 海を望む(ママ)巨大な前方後円墳 / 丹後の大型円墳 / 宮津湾沿岸の前半期古墳

二 古墳時代の暮らし 154

古墳時代の丹後のムラ / 土師器の出現 / 集落でのまつり / 鉄への想い

第三節 古墳文化の変容

一 横穴式石室の導入 158

群集墳のさきがけと木棺直葬墳 / 横穴式石室と須恵器 / 初期の横穴式石室 / 盛行する横穴式石室墳

二 横穴式石室墳の分布と副葬品

横穴式石室墳の分布 / 当時の人口はどのくらい? / 宮津の横穴式石室墳 / 丹後地域の横穴墓 / 後期古墳の副葬品 / 古墳の終焉

第四節 丹後の氏族と伝承

一 丹後の居住氏族 174

氏族の分布 / 加佐郡 / 与謝郡 / 丹波郡 / 竹野郡 / 熊野郡 / その他 / 丹波県主 / 丹波国造 / 海部直と海部 / 日下部をめぐって / 渡来した人と物

二 注目すべき古代丹後 190

相次ぐ新発見 / 「丹後王国論」など / たにはの政治勢力

三 丹後の伝承 196

徐福伝承 / 浦島伝承 / オケ・ヲケ伝承 / 羽衣伝承 / その他の伝承 / 伝承の背景

第四章 律令国家の展開と丹後

第一節 与謝郡と宮津郷

一 丹後国の成立 208

たにはの名義と用字 / 律令制とたには国 / 丹後国の分国 / 丹後国の読み方 / 丹後国の表記

二 与謝郡の諸郷 218

与謝郡 / 宮津郷 / 日置郷 / 拝師郷 / その他の郷

三 古代の暮らし 222

律令体制の成立と暮らしの変化 / 丹後地域の古代集落 / 古代丹後の手工業生産 / 木簡の発見 / 木簡から見た丹後地域の生産物

第二節 丹後の国府・駅路・条里

一 丹後国府 235

国府所在郡の記載 / 国府所在郡の推定 / 国府関連の寺社と遺構 / 中野遺跡 / 丹後国府の位置と形態

二 山陰道の駅路と丹後国府 247

官道と駅 / 山陰道と丹後支路 / 勾金駅と丹後国府

三 律令制下の土地管理と条里地割 252

律令制下の土地管理と班田図 / 条里プランの編成と変容 / 丹後国における条里地割

第三節 古代寺院と国分寺

一 初期寺院の建立の経緯 260

仏教の伝来と受容 / 寺院建立の気運の高まり / ヤマト地域の初期寺院 / 各地域の寺院数の増加

二 丹後地域の初期寺院にかかる遺構 264

丹後地域の初期寺院 / 網野町俵野廃寺 / 久美浜町堤谷窯跡群 / 宮津市近辺の状況

三 丹後国分寺と国分尼寺 270

諸国国分寺・尼寺の建立 / 丹後国分寺跡 / 丹後国分寺の伽藍・規模 / 丹後国分寺跡周辺の発掘調査 / 中野遺跡と国分尼寺

第五章 王朝の丹後

第一節 律令国家の衰退

一 律令国家の政策 280

健児制の導入 / 弘仁式と丹後の国力 / 丹後介の設置 / 神階授与と如意尼伝承

二 相次ぐ災害と民衆の抵抗 286

相次ぐ災害 / 清和院領の設定 / 民衆の抵抗と富豪の出現 / 由良の長者山椒大夫

三 異国船の到来 290

細羅人の来着 / 渤海使の来日 / 東アジアの変動と日本海交流

第二節 『延喜式』の世界

一 律令国家の変容 295

三善清行の意見封事 / 意見封事と丹後 / 国政の改革 / 普甲寺の創建

二 『延喜式』の成立 301

『延喜式』の制定 / 『延喜式』に見る貢納 / 『延喜式』の諸規定

三 丹後の式内社 305

丹後の式内社 / 宮津の式内社

第三節 王朝文化と丹後

一 摂関政治と丹後守 311

承平・天慶の乱 / 摂関政治の確立 / 藤原隆家の配流 / 道長の栄華と丹後守

二 丹後守保昌と和泉式部 317

藤原保昌の家系と経歴 / 武人としての保昌 / 国守としての事績 / 保昌と妻和泉式部

三 寛印の迎講 323

浄土教の隆盛と僧寛印 / 丹後での迎講の創始

四 丹後と平安京 326

歌枕としての丹後・天橋立 / 丹後出身者の活躍 / 丹後の相撲人海恒世

第四節 院政期の丹後

一 丹後守平正盛 331

院政期の丹後守 / 丹後守平正盛 / 丹後国の格式

二 受領と院近臣 336

丹後守をつとめた人々 / 実務官僚型の院近臣 / 未茂流と美福門院 / 丹後守藤原俊成

三 中世荘園の出現 343

丹後の中世荘園の成立 / 丹後の寺社領 / 国衙と荘園の対立

四 武士の台頭と仏教文化 347

丹後における武士の出現 / 院政期丹後の世相 / 西国三十三所巡礼の成立

第五節 平安時代の信仰と美術

一 経塚と墳墓 351

経塚 / 宮津の経塚 / 神社境内に営まれた経塚 / 丘陵上に築かれた経塚 / 墳墓・墓地 / 成相寺の墓地

二 平安時代の美術 366

丹後の薬師信仰の起源 / 釈迦三尊から薬師三尊へ / 丹波・丹後の「薬師の道」 / 天台浄土教の進出 / 宮津湾を巡る文殊の聖地 / 五台山の文殊信仰 / 日本における文殊信仰の展開 / 如意を持つ文殊像 / 成相寺観音信仰の成立 / 観音信仰の普及 / 宮津市の神像 / 丹後講師政円の問題

第六章 鎌倉時代の丹後

第一節 源平争乱と八丈院領

一 知行国主平重盛 388

平氏一門の隆盛 / 平氏一門と丹後 / 知行国主平重盛 / 重盛の死去と平氏政権の成立

二 源平争乱と丹後 394

内乱の激化 / 内乱期の丹後 / 平氏の没落

三 頼朝軍の支配と地頭 398

諸国国地頭の設置 / 丹後の国地頭と荘郷地頭 / 在地支配再建の動き

四 八条院と丹後 402

八条院と丹後知行 / 平辰清の寄進 / 馬背寺と蓮華心院 / 池内保百姓の反論

第二節 承久の乱と日置氏

一 承久の乱と丹後 409

丹後国の地頭

二 丹後日置氏 412

日置氏の出自 / 鎌倉後期の日置氏

第三節 荘園公領制の展開

一 荘園と公領 417

丹後国惣田数帳 / 荘園と公領

二 与謝郡の荘園と公領 420

与謝郡の荘園・郷・保 / 宮津荘

第四節 鎌倉時代後期の丹後

一 「六条八幡宮造営注文」と丹後の御家人 425

東国御家人の丹後進出 / 丹後御家人の動向 / 六波羅探題と丹後

二 丹後守護と丹後国衙 436

丹後守護大江朝臣 / 丹後国衙と洞院家 / 鎌倉御家人と丹後国司

三 鎌倉幕府の滅亡と丹後 448

足利高氏の挙兵と丹後 / 熊谷直久の戦争 / 金剛心院の禁制

第五節 鎌倉時代の寺社文化

一 丹後の顕密寺院 458

天台宗寺院 / 真言宗寺院成相 / 鎌倉時代の丹後国分寺

二 鎌倉仏教の伝播 463

浄土信仰のひろまり / 一遍と時宗諸派の伝播 / 禅宗の丹後への伝播

三 神社信仰の伝播 469

一宮制度の展開と籠神社 / 石清水八幡宮と別宮 / その他の神社

第六節 鎌倉時代の美術

一 快慶作地蔵菩薩坐像と安阿弥様の流行 473

丹後の快慶作仏像 / 快慶作仏像の新発見 / 制作地の問題 / 丹後の安阿弥様 / 丹後の重源関係作品

二 宮津市と西大寺 480

忍性と金剛心院 / 金剛心院愛染明王像の造立 / 愛染明王像の様式と保存状態

三 智恩寺の文殊菩薩騎獅像 483

智恩寺像の特色 / 天橋立と智恩寺

四 その他の鎌倉時代の美術 487

鎌倉新興仏教の美術 / 薬師像と阿弥陀 / 鎌倉時代の仏画 / 宮津市ゆかりの祖師像 / 神道美術

第七章 南北朝の動乱と丹後

第一節 建武新政と南北朝の戦争

一 建武新政と丹後 496

護良親王と丹後 / 丹後国分寺の再興供養 / 新政の動揺と丹後

二 南北両軍の戦争と丹後 502

南北朝の分裂と丹後 / 吉川経久の丹後転戦 / 成相寺合戦と日置久季

三 観応の擾乱と丹後 509

南朝軍の劣勢と丹後 / 観応の擾乱と丹後守護 / 南朝軍の反攻と丹後

第二節 戦乱の終息と荘園公領制の変容

一 観応の擾乱後の丹後情勢 517

山名時氏の入京と丹後 / 南北戦争の終息と丹後 / 丹後守護渋川義行

二 丹後守護山名氏とその支配 523

山名師義と義幸の時代 / 山名氏の守護支配機構 / 明徳の乱と山名満幸

三 荘園公領制の変容 531

守護の押領と半済給人 / 地下請と荘園の一宮

第三節 律宗・時宗・禅宗

一 律宗 537

西大寺流律宗と金剛心院 / 丹後国分寺再興縁起 / 丹後国分寺の再興 / 国分寺の指図・伽藍配置図

二 時宗 544

遊行上人の丹後来遊 / 橋立道場万福寺の再建と臨阿弥陀仏 / 国阿の丹後遊行

三 禅宗 550

春屋妙葩の丹後来住 / 五山文学のなかの丹 / 五山文学僧春屋妙葩 / 愚中周及 / 性海霊見

第四節 南北朝時代の美術

一 釈迦関係仏画 558

仏涅槃図と釈迦十六善神像の普及 / 愚中周及と春屋妙葩

二 阿弥陀関係仏画 561

密教の阿弥陀画像 / 浄土教の阿弥陀画像

三 地蔵関係仏画 562

足利尊氏の地蔵信仰 / 春屋妙葩の地蔵信仰 / 智恩寺と江西寺の地蔵画像

四 時宗の発展と衰亡 566

時宗の丹後進出 / 臨阿弥陀仏の活躍 / 妙立寺の厨子墨書銘

五 その他の南北朝時代の美術 572

金剛心院の春日本地仏懸仏 / 慈光寺の観音像

第八章 一色氏の時代

第一節 丹後守護一色氏とその支配

一 一色満範の時代 576

一色氏とその守護領国 / 足利義満の九世戸御成 / 一色詮範の死と満範

二 一色義貫の時代 582

満範の死と義貫の成長 / 義貫の大和出陣と謀殺 / 一色義直の時代へ

三 守護一色氏と丹後国人衆 588

一色氏の守護支配機構 / 丹後守護と丹後国人衆

第二節 『丹後国惣田数帳』の世界

一 『丹後国惣田数帳』の史料的性格 594

成相寺に伝来した帳簿 / 新しい荘園制のかたち / 重層的得分関係の残存

二 『丹後国惣田数帳』を読む 600

加佐郡の荘園と領主 / 与謝郡の荘園と領主 / 丹波郡の荘園と領主 / 竹野郡の荘園と領主 / 熊野郡の荘園と領主

三 『丹後国惣田数帳』の武家領とその構成 614

武家領主の新旧交代 / 幕府奉公衆と幕府奉行人 / 守護領と室町将軍家領

四 『丹後国惣田数帳』の寺院本所領と在地寺社領 624

本所勢力の新旧交代 / 禅宗寺院領と将軍家領 / 在地寺社領の存在形態

第三節 中世後期の社会と経済

一 中世後期の荘郷と村落 634

中世後期の所領支配の特色 / 新たな負担 / 代官請負 / 百姓の成長と地侍

二 商工業と交通の発達 645

市場と特産品 / 丹後をめぐる海運と対外交渉 / 丹後国の津・湊・泊 / 丹後海賊 / 市と内陸交

第九章 戦国時代の丹後

第一節 応仁・文明の乱と丹後

一 応仁・文明の乱の勃発と一色義直 656

一色義直の登場 / 一色義直の丹後支配 / 応仁・文明の乱の勃発 / 丹後での戦い

二 応仁・文明の乱後の一色義直 663

応仁・文明の乱終わる / 義直・義春父子の幕政復 / 一色義直と和歌 / 一色義春の死と小浜の喪失

三 一色義直の下国と府中の繁栄 670

義直の下国と守護所府中 / 寺社の造営と智海 / 天橋立図と府中

四 一色氏の落日と義直の死 676

第一次六角征伐と一色義秀 / 第二次六角征伐と一色義直 / 伊賀次郎左衛門の反乱

第二節 争乱の丹後

一 内衆の台頭と武田氏の侵入 683

明応の政変と下剋上 / 武田元信・細川政元の侵攻 / 延永春信と石川直経の抗争

二 戦国時代の丹後と『御檀家帳』 690

戦国大名の登場 / 『丹後国御檀家帳』の性格とその内容 / 『御檀家帳』にみる政治情勢

第三節 室町時代の地域文化

一 智海と丹後修験道 699

丹後一宮大聖院智海 / 智海の不動信仰 / 丹後の修験道と別所 / 智恩寺の再興

二 丹後府中の文化 708

雪舟天橋立図に見る丹後府中 / 参詣曼荼羅図に見る成相寺 / 籠神社の祭礼 / 新たな宗派の伝播

三 丹後の民衆文化 718

宮座と惣村 / 歴史資料としての棟札 / 式年造替と工匠、府中大工 / 神社造営と領主・代官・宮座 / 大般若経と中世村落 / 伊袮荘一宮山王社 / 中世芸能の諸相

四 丹後を舞台とする伝説と芸能 729

中世の伝説と丹後 / 浦島 / 徐福 / 麻呂子親王 / 酒呑童子 / さんせう太夫 / 能『丹後物狂』と『九世戸』

五 中世陶磁器と社会 743

宮津の中世陶磁器 / 生活の中の陶磁器 / 壺・甕などの容器は何のために使われたか / 海から陸からやってきた陶磁器 / 陶磁器の値段

第四節 室町時代の美術

一 仏画 763

涅槃図の変遷 / 十一面観音像の変遷

二 水墨画の流行 766

水墨画による仏画の出現 / 水墨画による文殊と達磨 / 水墨画による白衣観音像の流行 / 水墨画による山水と竜虎

三 智恩寺と智海 771

智海の出現 / 智海の活躍 / 智海の智恩寺多宝塔建立 / 智海と不動明王 / 智海の多宝塔大日如来像造立 / 智海の彫像制作 / 「智海」銘の錫杖頭

四 雪舟筆天橋立図 777

天橋立図に関する諸問題 / 詳細な実地調査による問題解決の前進 / 雪舟と智海 / 雪舟六十二歳制作説批判 / 中国名所絵と天橋立図

五 その他の室町時代の美術 782

天橋立図に描かれた智恩寺石造地蔵像 / 丹後の扁額 / 成相寺の工芸品 / 宮津の肖像画

第十章 細川氏の時代

第一節 細川藤孝の登場と一色氏の滅亡

一 細川藤孝の経歴 786

藤孝の出自 / 幕府再興への執着 / 信長への臣従 / 丹波攻略のはじまり / 機内制圧戦 / 丹波攻略の再開

二 一色氏の滅亡 793

丹後攻略と一色氏 / 藤孝と光秀のあいだ / 本能寺の変と藤孝の対応 / 一色氏の滅亡

第二節 細川氏の丹後支配

一 細川氏の入国と丹後支配の展開 805

丹後の浦々と賊船 / 宮津築城 / 拠点構築と城わり / 丹後支配の展開 / 豊臣権力と細川氏 / 松井康之と久美浜

二 関ヶ原合戦と田辺籠城 818

関ヶ原合戦と細川氏 / 幽斎の田辺籠城 / 細川家の転封

第三節 細川時代の丹後文化

一 細川幽斎の文芸 825

和歌・連歌と中院通勝との交友 / 中院通勝 / 細川幽斎・忠興と能 / 幽齋・忠興と茶の湯 / 吉田兼見の丹後来遊

二 古典文学の継承・古今伝授と古典籍 841

はじめに / 古今伝授の意味と方法 / 幽斎の古今伝授 / 幽斎に古今伝授 / 智仁親王への伝授 / 古典籍の継承

三 英甫永雄と玄圃霊三 852

英甫永雄と丹後 / 玄圃霊三と宗雲寺

第四節 桃山時代の美術

一 成相寺参詣曼荼羅 858

観音霊場巡礼の歴史 / 成相寺の創建と成長 / 戦乱のなかの成相寺 / 成相寺観音信仰の伝播 / 成相寺参詣曼荼羅の諸特徴

二 その他の桃山時代の美術 864

戦国時代の肖像画 / 智恩寺の達磨図 / 康清作阿弥陀如来像 / 工芸の発展

第五節 中世城郭の分布と形態

一 中世城郭の構造と歴史 869

中世城郭の見方 / 中世前期の城館 / 南北朝期の山城

二 戦国期城郭の展開 877

山城の分布と立地 / 「城主」の登場 / 畝状空堀群の分布 / 府中と守護所 / 細川藤孝の丹後入国と城わり

三 宮津の山城 889

日ヶ谷城跡 / 田原城跡 / 大島城跡 / 岩ヶ鼻城跡 / 里波見城跡 / 畑城跡 / 南谷城 / 日置上城跡 / 日置浜城跡 / 成相寺城 / 今熊野城跡 / 阿弥陀ヶ峰城跡 / 須津城 / 宮津山城跡 / 大久保山城跡 / 八幡山城跡 / 上宮津城跡 / 宿野山城跡 / 小田城跡 / 中津城跡 / 高妻山城跡 / 小寺山城跡 / 由良脇城跡

巻末

編さん委員・専門委員名簿
上巻執筆者名簿
資料提供・協力者
写真・図・表一覧   

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?