ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(網野町誌 下巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(網野町誌 下巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>網野町誌 下巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

口絵
発刊のことば 網野町長 濱岡六右衛門
凡例

宗教編

第一章 神社

切畑 岩崎神社 4
郷  大宇賀神社 5
生野内 生王部神社 9
公庄 郡立神社 10
高橋 二宮神社 14
新庄 貴船神社 16
木津 賣布神社 17
    加茂神社 19
浜詰 志布比神社 24
塩江 赤崎神社 28
下岡 六神社 30
網野 網野神社 39 
    蚕織神社 46
浅茂川 日吉神社 51
      水無月神社 54
      島児神社 58
磯  加茂大明神 63 
    靜神社 64 
小浜 八幡神社 65
仲禅寺 貴船神社 66 
島溝川 春日神社 68 
      床尾神社 69 
掛津 白滝神社 72
遊  濱田神社 75
三津 八幡神社 77
まとめ 79

第二章 仏閣

はじめに 85

第一節 網野町の寺院(堂・庵)

1 萬久山福壽院

 東方庵 105 / 西方庵 108

2 寶貴山中性院

旦經寺、同歸院 117  / 俵野廃寺 118

3 法雲山萬松寺

温泉山醫王堂 122  / 溝野西方庵 124

4 湖秀山龍献寺

安養山成就寺 134 / 薬王山瑠璃寺 135  / 密雲山大授寺 136  / 熊谷村庵 136 / 岡田村庚申堂 136 / 常喜庵 137 / 日和田庵 137

5 鈯斧山青原寺 138

6 龍洞山周泉寺 140

7 岩倉山明光寺 142

8 桃林山萬泉寺 147

9 安龍山眞福寺 149

10 生野山大慈寺 153

11 城嶽山松泉寺 157

12 福聚山正徳院 161

瑞應庵藥師堂 165

13 日照山心月寺 167

14 寶聚山本覺寺

法皇堂 179 / 經王堂 182  / 毘沙門堂 183 / 鎮守七面堂 185 / 妙見堂 186

15 松江山大林寺 188

16 雲渓山連華寺 191

太養山正藥寺 194  / 十王堂 196 / 中央山吉祥院 199

17 掛津山海藏寺 205

18 萬松山廣通寺 208

第三章 キリスト教

一 カトリック(旧教) 219

二 丹後地方のカトリック 221

三 プロテスタント(新教) 223

文化編

第一章 文化財

国指定文化財

銚子山古墳 234 / 郷村断層 236

京都府登録有形文化財

日吉神社 239

網野町指定文化財

浜詰遺跡 241 / 五色浜 242 / 下岡城址 243  / 琴引浜と鳴き砂 244 / 石枕 245 / 鰐口 246 / 『丹哥府志』原本 247 / 復元岡一号墳 248 / 元尾坂寺宝篋印塔 249 / 仲禅寺仁王像 250

ふるさと自慢百選 251

あみの八景 251

第二章 文化活動の流れ・スポーツの歩み―戦後五〇年の略表―

第一節 文化活動の流れ 299

第二節 スポーツの歩み 321

民俗編

第一章 人生儀礼

はじめに 351

第一節 出産と幼児期 352

安産祈願  / 帯祝い / 出産 / 命名 / 産屋見舞 / 宮参り / 食い初め / 初誕生祝いと初節句 / 七五三

第二節 成年期 364

成人の式

第三節 婚姻 366

以前の結婚 / 婚約と結納 / 嫁入り / 結婚式 / 披露宴 / 婿入り・氏神参り・町歩き

第四節 厄年と年祝い 376

厄年 / 初老 / 還暦 / 以後の長寿の祝い

第五節 葬礼 381

はじめに  / 臨終・湯灌 / 枕飾り・納棺 / 通夜 / 葬式

第六節 法要 394

法事 / 年忌 / 付・住居 399

第二章 年中行事 405

『年中行事』(旧『網野町史草稿』第五巻より)

年男 / 若水迎え / 繭玉 / 餠花 / 蓬莱 / とび / 歳徳の棚 / 初詣 / 恵方詣 / 忌中の人 / 年賀のあいさつ / 年酒 / 雑煮 / おとそ / 煮しめ / かずのこ / 巻きずし / 串柿 / 箸紙 / 門松 / 注連飾り / 年が日 / 鏡祝い / お寺の正月行事 / お供え物 / 正月の遊び / お年玉 / 仕事始め / 掃初め / 書初め / 初荷 / 鍬始め / 初夢 / 船祝い / 鏡下 / 七日正月と七草がゆ―若菜迎 / 稲木下し / 小豆がゆ / 左義長 / 松の内 / 二十日正月 / 二日灸 / 節分 / 節分の豆まき / ひいらぎ / 針供養 / 八日吹き / ねはん / こと / 初午 / 春の亥の子 / 桃の節句 / 春の彼岸 / 春の社日 / 四月三日 / 十三詣 / 花祭 / ちりめん祭 / 浜祭 / 端午の節句 / こおり / 田植 / 植付詣 / 田植肴 / 苗飯 / さなぼり / 大祓い / 夏至 / 井戸替 / ぬか虫送り /  七夕 / 薬師祭 / 弁天祭 / 愛宕祭 / 水無月祭 / お盆 / 二十六夜待ち / 土用 / 土用干し / 八朔 / 二百十日・二百二十日 / 芋名月 / 豆名月 / 秋の彼岸 / 秋の社日 / 重陽 / 秋祭 / 祭納め / お日待 / 神様送り / 小六月 / 神様迎え / 山の神 / 亥の子 / 子祭 / ふいご祭 / えびす祭 / 秋あそび / にわあげ  / 大根の烏帽子着 / 霜月がゆ / 擂粉木かくし / 庚申 / 弟子朔日 / 師走がゆ / 師走の川 / 冬至 / 正月はじめ / 煤掃き / 大年 / 年越 / 箸納め

第三章 伝説

まえがき 456

第一節 郷土の古代伝承

1 丹波の大県主由碁理と竹野媛 457 
2 日子坐王と丹波道主命 459 
3 川上摩須郎女『丹波の五女』 460
4 浦島伝説 461
5 天女伝説―豊宇迦能売命 462 
6 天日槍伝説 465
7 麻呂子親王伝説 467

第二節 伝説と史話

1 養父大明神の化身 471
2 正月に筵 472
3 上り山地変 473
4 「おこうの村」の分村 474 
5 八百比丘尼と丹後 475 
6 黄金埋蔵伝説 476
7 奥丹後の行基伝説 478
8 磯の磯五郎と五兵衛 479
9 姥捨山の話 480
10 剛力な兵五郎 481 
11 引原ごんすけ狸の最期 483
12 浅茂川昔ばなし 484
13 遊部落の観音さま 486
14 網野の「広瀬」のこと 487
15 三津の夫婦塚 489
16 今若の話 489 
17 下岡城落城 491
18 下岡部落の言い伝え 492 
19 待谷川の話 494
20 暗がり峠と火の玉 494 
21 ともだち仲間 496
22 海賊船 497

第四章 民謡

郷土の民謡〔旧『町史草稿』第五巻より〕 504

第五章 方言

第一節 網野方言の概説 533

第二節 各論

一 音韻 535

二 アクセント 537

三 語法 538

第三節 網野方言文例

方言会話 545

第四節 網野町方言の語彙

むすび 564 / 追補「方言会話」 568  / 『網野の地名』 571

年表編

原始・古代 589
中世 598 
近世 605 
近代 632 
現代 677

下巻についてのことわり

あとがき

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?