ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(峰山郷土史 上) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(峰山郷土史 上) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>峰山郷土史 上

(※)数字は市町村史各巻のページを表します


刊行のことば 町長 島津市隆
編集に当たって

1 郷土の誕生

比治山の天女 2

七夕伝説の織女 10

郷土の神々仏たち 13

郷土の山河 16

「丹波」の語源 18 / 真名井 20 / 比治山の所在について 22 / 土地の区画について 23 / 郷の名称について 24 / 丹後の田数 26

国造、国司たち 27

国司の制度 36

民のかまど 39

土地の測定……歩、代、束、段、町、尺、間、租課 41 / 公民とは……公民、雑戸、賤民 45

2 郷土のあゆみ

平安の道 48

修羅の道

源平合戦と郷土の関係……『日本史』、『丹後旧事記』、『中郡誌稿』、『丹哥府志』等 52

後藤新兵衛基清と新治蔵人定照 54

行政混乱期の丹後……国司、郡司、守護、地頭 56

南北両朝の対立 59

受難の道

一色修理太夫範光 61

山名時氏の乱 64

一色詮範 65

明徳の乱 67

一色満範 67

吉原山築城 68

一色持範、一色義範、一色持長、一色教親 71

一色義直、一色義遠 73

応仁の乱と丹後一色党 73 / 武田一族の侵攻 75

末世の道

一色義有、一色義信、一色義春 84

成相寺焼討 85

一色義幸 87

『丹後国御壇家帳』 87

一色義道 92 

織田信長との対立 92

一色義俊 99

一色義俊の誘殺 101 / 二月二十二日説 102 / 九月八日説 106

一色義清 111

丹後一色党の滅亡 111 / 大谷刑部左衛門成家の最期 120 / 弓ノ木城攻略と一色五郎義清自刃 122 / 付記 123

細川藤孝、細川忠興、細川興元 125

『封域分数貢税誌』 127 / 嶺山御陣屋 128 / 菊の方の最期 130  / 細川治下の郷土 132  / 丹後真言倒し 134 / 徳川家康と細川忠興 135  / 上杉景勝会津に挙兵 136 / 沢田仙太郎出陣 136  / ガラシヤ夫人の最期 137 / 稲富伊賀守と鉄砲術 138 / 嶺山御陣屋の落城 139 / 沢田治郎助の妻の勇気 140 / 田辺合戦 143 / 関ヶ原の合戦 145 / 福知山城攻略と細川父子の対立 147 / 付記 149

搾取の跡 150

3 郷土の開眼

封建の道 154

京極高知時代 154

京極高知の政治 155 / 丹後の国検地、草高十二万三千石 155 / 付記 159 / 丹後領三分 159

初代京極高通時代

峯山町と峯山御館 163 / 付記 168

二代京極高供時代

宮津京極領没収 170 / 永井右近太夫尚征入国 175 / 代官御役所のこと 175 / 牧民教令 176  / 付記 177

三代京極高明時代

多難な宮津領 182 / 増上寺事件 184 / 阿部対馬守正盛(正邦)入城 185  / 奥平太膳太夫昌春入城 188 / 付記 188

四代京極高之時代

ちりめんを織り出す 192  / 道倫さまのこと  / 宮津領の変遷 200  / 青山大膳亮幸侶(改、幸秀) 202 / 湊宮御陣屋 202  / 高札 203 / 付記 207

五代京極高長時代

延享の検地、新田百八十余石量出し 208 / 江戸仕送金のこと 209 / 宮津領と享保の飢饉 2 / 量出し新田六百八十二石余 211  / 青山大膳亮幸道の閉門 213 / 松平富之助(本荘氏)資昌 213  / 湊宮御陣屋が久美浜御役所に 215 / 丹後ちりめんの保護と問屋 216 / 縮緬屋森田治郎兵衛と改名 2 / 森田家の不幸 218 / 織工の引抜き防止、その他の協定 219  / 峯山藩の取締りと機株、鑑札 221 / 年行事役の申付けと統制 222 / 付記 223  /  『峯山明細記』 224

六代京極高久時代

天明の飢饉 284 / 高久の善政と都市計画 286 / 天明飢饉と宮津領 290 / 御料所百姓一揆 292  / 大名政治の機構 295 / 御料所(幕料)政治機構 298 / ちりめん業者の取締り 300 / 糸仲(糸問屋)のこと 300 / 飛脚のこと 303 / 闇取引き防止について 304 / 付記 306

七代京極高備時代

金毘羅権現勧請のこと 307 / 高備の検地 310 / 御領分永続積金御仕法のこと 313 / 宮津領の百姓一揆とその影響 314 / 『風俗問状答書』峯山 常立寺探誉上人、同 増長院尊光法院 共筆 322  / 若連中 338 / 宮津領の百姓一揆 339 / お蔭参り 346 / 幕料地 347 / 三領分ちりめん業者手をつなぐ 347  / 付記 352

八代京極高倍時代 353

九代京極高鎮時代

 高倍の救荒対策 357

十代京極高景時代

天保の飢饉 357  / 『時疫食当り名薬書』 359 / 酒造の制限と酒株 361  / 天保の勤倹令と倹約令 369 / 町方火消組のこと 373  / 出火の際の諸手配 375 / 宮津領雑記 378 / 幕料地 380  / あえぐちりめん産地 381 / 呉服所出張所の開設 382 / 付記 384

維新の道

十一代京極高富時代 385

浪人者等の取締り 386 / 宮津領の防備その他 388 / 幕料地警備 391

山陰道鎮撫総督西園寺三位中将の下向 391

善哉踊り(よいじゃないか) 392 / 政変 393 / 藩政のゆくえ 407

十二代京極高陳時代 410

峯山の町名改められる 412 / 宮津藩の版籍奉還 412 / 粗製に悩む丹後ちりめん 414 / 綿ちりめんの製織 419 / 付記 420

封建のなごり 421

城山の木の芽 421
 施粥と囲米 424

米の味 426
 宗門帳 426

大判改め 431

免状と田分け 437

土を食う 452
 節約は庶民階級の特権 454 / お年貢米上納 455 / 御城米 457

案山子 458
 住宅問題 460

封建のなごり 462
 下座規則書 462

4 王制一新

府藩県時代

峯山藩、宮津藩、久美浜県 468

高札および回文 468

(1)切支丹宗門 469 
(2)五倫の道 470
(3)徒党、強訴、逃散 471
(4)外人保護 471 
(5)御即位 472 
(6)東京行幸 473 
(7)錬兵天覧 473 
(8)天長佳節 474
(9)神仏分離 475 
(10)純一神道のこと 475
(11)酒造減石 476 
(12)明治改元 478
(13)恩赦のこと 479
(14)苗字帯刀のしらべ 479 
(15)博奕等取締り 480 
(16)不穏の取締り 481 
(17)僧侶の身分について 482
(18)通貨の改正 482
(19)贋金の取締り 483
(20)銀山の点検 483
(21)新貨通用の妨害について 484
(22)銀の廃止について 484 
(23)徒党の取締り 488 
(24)鉄砲の取締り 489
(25)賭博などの取締り 490 
(26)諸職、商人の保護 491 
(27)水利の開発 492
(28)撫民のこと 492
(29)宿駅の利用 494 
(30)神主等の自葬 495 
(31)小学校の建築 495 
(32)神職の官名停止 497
(33)自治機構の改正 500
(34)救荒対策 502 
(35)調達銀藩債 502
(36)峯山県、宮津県の誕生 503

豊岡県時代 504

(1)豊岡県誕生 504
(2)火付け、盗賊、殺人、贋金札造り取締り 507
(3)制札の周知について 508 
(4)高掛り、夫銭など諸税調査 508
(5)女人結界廃止のこと 510 
(6)氏神の守札のこと 510 
(7)博覧会、鉱山、諸品売買など 511
(8)合併村と文化財保護 512 
(9)村方役職制の改正 512
(10)日銭積立てのこと 513 
(11)雑税廃止のこと 514 
(12)宗門人別改帳の廃止と神社氏子札改帳 514
(13)兵隊児 519
(14)文明開化を運ぶ道 519 
(15)土地は人民のもの(地券創設) 520
(16)種痘、衛生と避病院 530
(17)幹校、峯山吉原校と各村支校 532
(18)学校 535 
(19)治安の維持について 539
(20)訴訟と犯罪の裁決 542 
(21)御用状の伝送と郵便事務 543
(22)産業計画と丹後ちりめん機業の混乱 544 
(23)民政機構の改正と町村費 546
(24)豊岡県 547
(25)豊岡県廃止 550
付記 551

5 京都府政と郷土

京都府に合併

官僚民政から自治制へ 555

町村会法生まれる 557

町村費の改正と議会 558

賦課法 559 / 村会の誕生 560

中郡役所と郡会議事堂 560

自治制の施行(私たちの町村へ) 561

士族授産 564

共同社 565

戸籍の管理 566

家族制度の廃止 567

道と人生 569

赤坂峠 570

菅峠、本町線 572

さかえ通り、境町道路 573

比治山隧道その他 574

奥吉原道 574

駅道その他 575

一番谷越え 576

河川と井堰 578

竹野川 578

大井堰大溝の由来、伊左衛門のこと 580 / 樋越開発、助右衛門のこと 581 / 吉沢井堰 582 / 竹野川改修と矢田橋 584

鱒留川 586

清助首かけ溝の由来 587 / 長岡井堰 588 / 新治、長岡両村の水論 589 / 新治、菅、荒山村の水論 590 / 菅村耕地整理 590

小西川 591

小西川改修 591 / 小西川の用水井堰 592 / 杉谷耕地整理 593

中川 594

ろんが谷水論 594

大糸川 595

桜川 595

郷土の乗物(旅客および貨物輸送) 596

乗合馬車 597

乗合自動車 597

鉄道開通―峯山線 598

丹後海陸交通株式会社と峰山自動車株式会社 602

タクシーの進出 602 / 乗合自動車の統合 603

日本通運株式会社峰山営業所 604

丹後と震災 606

震災のこよみ 606

奥丹後大震災 607

時刻 607 / 震源地 607 / 断層 608 / 峰山の惨状 609 / 通牒 613 / 慰問品 615 / 復興事務出張所 616 / 震災復旧資金貸出し 616

震災記念館の建設―薬師山 617

震災記念塔 618

行政のうえからみた峰山町春秋 620

明治・大正期 620
町の行なう事業 621
昭和前期 622
昭和中期 623

昭和維新と民主主義の普及 629
昭和二十一年 630 / 昭和二十二年 631 / 昭和二十三年 633 / 昭和二十四年 635 / 昭和二十五年 636 / 昭和二十六年 637 / 昭和二十七年 639 / 昭和二十八年以降 640

農地改革と農民解放 648

町村合併 653
合併の内容 657 / 新町建設計画(概略) 659

長善村合併 660
歴代町村長(明治二十二年以降) 661

付録 系図

新田、足利、一色、山名、細川、斯波、畠山、徳川氏略図 667
室町幕府将軍家略図 668
一色氏系図 668
細川氏系図 670
京極氏系図 673
京極高景目録 680

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?