ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(野田川町誌) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(野田川町誌) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>野田川町誌

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

野田川町航空写真図
野田川町全図
口絵
刊行のことば
監修を終えて

自然地理篇

一 位置 2

二 地形 3

三 地質 7

四 気候 10

付 動植物 12

人文地理篇

一 集落

一 民家 16

二 集落 20

各説・山田地区 22 / 市場地区 23 / 岩屋地区 25 / 三河内地区 26 / 石川地区 27

二 産業 30

一 農業 30

二 林業 37

三 機業 38

付 丹後ちりめん考 48

四 その他 56

農業協同組合 56 / 金融機関 57

三 人口 59

四 交通 64

一 道路 64

二 水運 66

三 陸運 67

五 通信 69

歴史篇

一 原初文化と野田川町

一 概観 78

二 弥生式文化 79

三 古墳文化 82

二 古代文化と野田川町

一 大和朝廷の発展 85

二 大和朝廷の動揺 87

三 大化の改新 89

四 麻呂子皇子の事蹟 92

五 律令制度 94

六 律令社会の発展 96

地方豪族と国郡司 96 / 古代の交通路 101 / 庶民の生活 103

七 奈良時代

平城京 105 / 国分寺 105 / 遣唐使 106 / 天平文化 107

八 平安時代

平安京 109 / 神社と寺院 110 / 外交と産業 114 / 摂関政治 115 / 国風文化 117 / 院政 119

三 中世文化と野田川町

一 鎌倉時代

守護と地頭 121 / 産業の発達 125 / 武家の文化 126

二 室町時代

室町幕府 128 / 守護大名 130 / 産業と交通 133 / 室町文化 134

四 近世文化と野田川町

一 安土桃山時代

織田政権 139 / 豊臣政権 144 / 桃山文化 145

二 江戸時代

幕藩体制 148 / 社寺の統制 156 / 農民の統制 159 / 農村の生活 168 / 藩の制度 185 / 産業の発達 188 / 紙幣の発行  / 交通の整備  / 藩の財政難 204 / 飢饉と百姓一揆 208 / 江戸時代の文化 216 / 文学と美術 218 / 石川五右衛門の出生地考 221 / 尊皇攘夷の運動 224 / 幕府の滅亡 227

五 近代文化と野田川町

一 明治時代

維新政府 230 / 地租改正 237 / 交通と通信 240 / 近代産業の育成 241 / 学校制度 244 / 自由民権運動 250 / 政党政治 25 / 日露関係 253

二 大正時代

国際関係と織物 254 / 第一次世界大戦と金融 258 / 教育の普及 259 / 生活文化の進展 261

教育篇

一 教育史

明治以前の教育 264

二 学校教育

一 教育委員会の発足 279

二 中学校の発足 280
  三 高等学校の発足 284

三 社会教育

一 戦前の社会教育 290

二 戦後の社会教育 295

災害騒動篇

一 百姓一揆 298

二 地震史

丹後大地震と野田川町 318

三 洪水

一 三河内村奥山の山津波 333

二 幾地村の災害 334

三 下山田村の被害 334

四 明治四十年の大水害 335

四 火災

一 三河内村の大火災 336

二 岩屋村の火災 337

三 石川村の火災 337

四 上、下山田村の火災 337

五 昭和の事変史

一 民情 338

二 生活状況 339

三 食生活 340

四 衣料 342

六 御蔭参り 343

七 入会山問題

岩屋村と三河内村 / 山田村等と中郡三重村 380

八 飢饉 389

民俗篇

一 冠婚葬祭

帯祝い 394 / 出産 394 / 宮参り 395 / 七五三の祝 396 / 烏帽子着 396 / 親方取り 396 / 徴兵検査と入営 397 / 婚姻 398 / 厄除け諸祝い 401 / 葬送 403

二 お祭りと行事

石川地区 407 / 山田地区 408 / 岩屋地区 409 / 幾地地区 410 / 四辻地区 410 / 三河内地区 411

三 子どもたちの遊び 413

四 方言 422

五 講会 427

六 年中行事

正月準備 435 / 正月 443 / 二月 473 / 三月 480 / 四月 484 / 五月 485 / 六月 488 / 七月 494 / 八月 510 / 九月 513 / 十月 521 / 十一月 524 / 十二月 527

七 農耕習俗 530

八 暮しの歴史(江戸末・明治・大正期における) 594

神社寺院篇

概観 564 / 阿知江部神社 565 / 八幡神社 566 / 深田神社 567 / 中村神社 568 / 倭文神社 570 / 稲崎神社 571 / 大宮神社 571 / 矢田部神社 572 / 大命神社 572 / 物部神社 573 / 多田神社 574 / 苦無神社 575 / 弥刀神社 576 / 明境神社 576 / 小聖神社 577 / 西林寺 579 / 雲岩庵 580 / 宝泉寺 581 / 養源院 582 / 梅林寺 582 / 妙見庵 584 / 福寿寺 584 / 西禅寺 585 / 神宮寺 586 / 祥雲寺 587 / 七面庵 588

文化財篇

一 史跡

遺物包含地 592 / 古墳 593 / 城跡 600 / 防塁 604 / 社寺跡 605 / 経塚 610 / 火葬墳墓 611 / 碑 616 / 摩崖仏 620 / 関所跡 621 / 窯跡 621 / 一里塚 626 / 野田川の川舟 622 / 条理制の跡 622 / 堤防 622 / 園池 623 / 私塾 623

二 名勝

庭園 624 / 岩石 625 / 滝 626 / 山岳 627 / 丘陵 627 / 展望地点 627 / 並木街道 628

三 天然記念物

動物 629 / 植物 630 / 地質鉱物 632

四 有形文化財

建造物 633 / 絵画 633 / 彫刻 637 / 書跡 647 / 典籍 648 / 古文書 657 / 考古資料 664 / その他 668

五 無形文化財

民俗芸能 669 / 童歌 687

六 民俗資料

年中行事 690 / 衣食住 690 / 生業 691 / 信仰 693

事業篇

一 石川村営電気事業 698

二 野田川改修工事 701

三 土地改良

堂谷地区区画整理事業 703 / 上山田地区区画整理事業 703 / 三河内三十五地区区画整理事業 704 / 幹線排水路事業 704 / 加悦谷土地改良区の設立 705

四 野田川町に於ける区画整理事業

三河内地区における区画整理事業 709 / 市場地区における区画整理事業 712 / 山田地区における区画整理事業 714 / 石川地区における区画整理事業 715

五 簡易水道工事

岩屋地区簡易水道工事 717 / 三河内地区簡易水道工事 719 / 四辻地区簡易水道工事 720 / 幾地地区簡易水道工事 720 / 石川地区簡易水道工事 720 / 上山田地区簡易水道工事 720 / 下山田地区簡易水道工事 720

町政篇

一 旧村政

山田村政 724 / 石川村政 762 / 市場村政 791 / 岩屋村政 814 / 三河内村政 835 / 付 植林事業 844 / 国民健康保険診療所 854

二 町政

加悦谷町村合併の概況 855 / 野田川町制史表 858 / 昭和二十九年度野田川町財政 861 / 昭和三十年度野田川町政 863 / 昭和三十一年度野田川町政 874 / 昭和三十二年度野田川町政 884 / 昭和三十三年度野田川町政 888 / 昭和三十四年度野田川町政 893 / 昭和三十五年度野田川町政 897 / 昭和三十六年度野田川町政 908 / 昭和三十七年度野田川町政 911 / 昭和三十八年度野田川町政 914 / 昭和三十九年度野田川町政 917 / 昭和四十年度野田川町政 920

特別資料

野田川町と地質 933
地形 933
地質概略 934
地下資源 940
丹後地震 943
附記 944
野田川町の歴史年表 948
参考郷土資料目録 970
明治以降の米価年次別推移表 972
編集後記 974

付 野田川町史跡図 五葉
  野田川町字切図 五葉

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?