ホーム > 教育・文化 > 教育・学習 > 京都府の歴史 [総合資料館] > 京都府内市町村史目次(伊根町誌 上巻) [総合資料館]

ここから本文です。

京都府内市町村史目次(伊根町誌 上巻) [総合資料館]

京都府内市町村史目次集>伊根町誌 上巻

(※)数字は市町村史各巻のページを表します

第一編 自然

第一章 自然環境

第一節 概況 3

第二節 位置・面積・人口 5

第二章 地形・地質

第一節 地形の概観 11

第二節 地質 13

(一)第一次火山活動期 14
(二)上世屋湖の時代 14 
(三)海侵の時代 17
(四)第三次火山活動期 19 
(五)洪積世から現代 22

第三章 気象

第一節 概況 27

第二節 気象統計 28

第三節 昭和三十八年(一九六三)の豪雪 34

第四章 生物

第一節 植物 37

第二節 動物 50

第二編 沿革

第一章 原始・古代

第一節 原始社会

採集・狩猟・漁撈の生活 61 / 農耕生活の開始 65 / 楽浪文化の伝来 66

第二節 古墳文化

古墳の概観 67  / 丹後地方の古墳 69  / 伊根町大浦中尾古墳 73

第三節 古代の伝承

稲別命 94 / 阿曇連 99 / 海部直 99 / 億計王(仁賢天皇)と弘計王(顕宗天皇) 100 / 浦嶋子(浦嶋太郎) 103

第四節 古代国家の確立

氏姓制度の社会 110 / 律令体制と地方組織 112 / 丹後国の成立 113  / 郡(評) 115  / 村と里 116  / 土地制度―班田収授法― 118 / 丹後国の貢納物 120 / 津母の製塩遺跡 124

第五節 古代郷土の仏教

奈良時代の仏教 125 / 平安時代の仏教 126 / 真言宗のひろがり 128 / 雲門山恩教寺と寺領観音堂仏像 130 / 青龍大権現 133  / 須弥山(のち熊野山)福生寺跡 133 / 華厳院鹿葬寺と藤原保昌 135

第二章 中世

第一節 荘園制と郷土

律令制の衰退と荘園制 137  / 伊禰庄と長講堂領 138 / 守護・地頭の設置 139  / 伊禰保地頭後藤左衛門尉基清 140

第二節 中世の村落

鎌倉時代の農村 141  / 郷村制と村落の結合 142 / 刀禰(刀祢) 143

第三節 伊禰庄と筒河庄

田数帳に見える「伊禰庄」と「筒河保」 150  / 天長寺大般若経奥書に見える「伊祢庄」 151  / 日吉神社奉納棟札に見える「伊禰庄」 154 / 筒河庄福田村寶蓮寺 157 / 筒河庄の地頭による一円支配 158

第四節 南北朝の内乱と一色氏

両統迭立 159 / 鎌倉幕府の滅亡 160  / 南北朝の内乱 161 / 一色氏の登場 164

第五節 室町幕府と丹後守護一色氏

室町幕府と守護大名173  / 明徳の乱と一色氏 175  / 丹後の守護一色氏 179

第六節 戦国の動乱と丹後

応仁・文明の乱と一色氏 189 / 戦国動乱期の丹後 194 / 一色氏の末葉 200

第七節 丹後諸城の落日

戦記物に見える一色氏の滅亡 216 / 丹後半島北部の落城 217  / 菅野城跡 219  / 六万部城跡 223 / 史料に現れた三富氏 226  / 伊根町の城砦一覧 229

第三章 近世

第一節 幕藩体制と郷土の支配

丹後三分 231 / 京極丹後守高広御領知郷村 232 / 京極家の断絶 233 / 新井村亡所 233  / 宮津領の代官所支配 237 / 村の細分化 238  / 延宝の延高 239 / 天領と私領 246

第二節 キリシタン禁制と檀家制度の確立

キリスト教の禁止―寺請制度― 259 / 切支丹宗門御改帳 261

第三節 農民の統制

村の生活 268  / 村方三役 271  / 大庄屋 273  / 五人組制度 279  / 御仕置五人組帳 280

第四節 農民の負担

貢租と検地 291  / 石盛(斗代) 302  / 新田検地帳 316 / 検見と年貢の納入 318  / 御城米(御廻米)と津出し 325 / 御城米船 331  / 検見取法と定免法 340 / 本途物成 356 / 村の租率 359  / 小物成 365 / 銀納の増加 374

第五節 入会権をめぐる紛争

太鼓ケ獄すそ廻り入会地争論 387 / 天領本坂村と私領菅野村の山論 391  / 天領野村と私領菅野村の境界山論 393 / 権現山をめぐる入会地争論 395 / 上山、竹久僧と野村枝郷田坪の山論 396  / 大嶋村と日出村の城山境論 400

第六節 船番所の設置と難船記録

船御改番所 403 / 伊祢御番所浦高札 405  / 抜荷(密貿易)に関する浦触 409  / 難船記録 411

第七節 封建社会の動揺

宮津在方法令條目 436  / 文政の百姓一揆 438  / 農村の窮乏 452  / 天保十三年の規定 463 / 幕末における宮津藩の役職と石高 466 / 免定に連署の宮津藩役人 473 / 遠見番所 475

第四章 近代・現代

第一節 明治維新

江戸幕府の滅亡 477 / 鳥羽伏見の戦 478  / 版籍奉還 482 / 廃藩置県と宮津県の設置 48

第二節 豊岡県から京都府へ

郡区制 495 / 組戸長制 496 / 聯合戸長役場 497

第三節 地方自治の確立

四か村の成立 505  / 郡制 509  / 京都府議会の開設 512

第四節 地租改正

財政の安定 513  / 地券取調べ 522 / 三斜法 524 / 地券証書 525 / 地価の算定 526  / 地租改正の結果 529

第五節 徴兵制度

鎮台の設置 534  / 徴兵令 536  / 徴兵免除 537 / 抽籤 539 / 兵種採用の基準 540  / 徴兵忌避 543

第六節 教育の普及

近代教育の発足 545 / 学校教育の確立 551

第七節 近代産業の勃興

筒川製糸工場 567 / 本庄繭糸生産販売組合 573

第八節 大正期の世相

第一次世界大戦とその後 575  / 筒川製糸工場の再建 576  / 工場の閉鎖と組合の解散 578  / 大正期の教育 580 / 実業補習学校 584

第九節 昭和の初期

丹後大震災 587 / 世界恐慌 589 / 経済更正運動 589 / 報徳社の設立 595 / 農村の状況 597 / 昭和戦前期の学校教育 612

第十節 太平洋戦争への道

満州事変とその後 638 / 満州農業移民 640 / 満蒙開拓青少年義勇軍 642

第十一節 戦時体制の強化

国民精神総動員運動 647 / 軍事後援会の設立 650 / 国家総動員体制下の種々相 654 / 勤労奉仕 656 / 統制経済下の物価 660

第十二節 太平洋戦争の勃発と戦局の推移

太平洋戦争の勃発 682 / ラジオ普及会 682 / 青島魚雷発射場の建設と飛行機献納 684 / 大仏応召 684 / 戦時下の窮乏生活 685 / 敗戦へ 687 / 伊根大空襲と潜水母艦「長鯨」の被爆 688 / 戦争の終結 693

第三編 行政

第一章 町政の概況

第一節 町村合併 697

第二節 町行政の機構 718

第三節 財政 725

第四節 議会と選挙 740

第五節 合併後のあゆみ 750

第二章 社会福祉

第一節 児童福祉 769

第二節 老人福祉 773

第三節 母子福祉 778

第四節 身体障害者の福祉 780

第五節 低所得者の福祉 781

第六節 国民年金 783

第七節 伊根町社会福祉協議会 785

第八節 民生委員制度 790

第九節 交通共済制度 793

第三章 保健衛生

第一節 環境衛生 795

第二節 予防衛生 812

第三節 国民健康保険と献血 836

第四章 消防

第一節 防火の歴史 853

第二節 自主消防組 855

第三節 伊根町消防団の発足と体制の強化 860

第四節 広域消防 865

第四編 教育

第一章 教育委員会

(一)公選制 873
(二)任命制 874
(三)教育委員一覧 875
(四)伊根町教育委員会会議規則 876

第二章 学校教育

第一節 概要 879

第二節 各学校の沿革と現況

(一)伊根小学校 885
(二)朝妻小学校 888
(三)本庄小学校 892
(四)筒川小学校 896
(五)伊根中学校 899
(六)本庄中学校 902
(七)宮津高等学校伊根分校 906

第三章 社会教育

第一節 社会教育の沿革 911

第二節 各種団体の現況

(一)青年団 921
(二)婦人会 923
(三)子供会 926
(四)育友会 928
(五)体育協会 935
(六)文化協会 935

第三節 公民館と公民館活動

(一)社会教育と公民館 937
(二)公民館の現状 938
(三)公民館活動 942
(四)社会教育の現状 952

付録 伊根町戦没者芳名録 955
後記

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策課 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

電話番号:075-723-4831

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?