ここから本文です。

介護給付費算定(加算体制届)に関する手続きについて

手続きについて

1 加算体制届の提出が必要な場合

 体制届は、原則新たな加算等の追加や変更がある(区分変更を含む)場合に必要になります。また、加算の算定要件を満たさなくなった場合においても加算体制届の提出が必要になります。

2 提出期限

(1)新たに加算を算定する場合、加算等の内容が変更になる場合

サービス名

加算の算定月

訪問介護・訪問入浴介護・訪問看護・訪問リハビリテーション・通所介護
・通所リハビリテーション・福祉用具貸与・居宅介護支援
届出受理日が毎月
・15日以前→翌月から
・16日以降→翌々月から
短期入所生活介護・短期入所療養介護・特定施設入居者生活介護・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設 届出が受理された月の翌月から
(届出を受理した日が月の初日である場合はその月から)

 ※訪問看護の「緊急時訪問看護加算は、届出を受理した日から算定可能

(2)その他(加算の取り下げ、人員欠如による減算等)
 速やかに提出してください。

3 提出先

  事業所の所在する地域を管轄する保健所企画調整室(届出先一覧(PDF:39KB))へ提出してください。なお、京都市内に所在する事業所については、京都市介護保険課へ提出してください。

平成30年度介護報酬改定に伴う留意事項ついて

(1) 新たに加算の届出が必要になった加算
  下記の加算については、新たに加算の届出が必要になりましたので、算定を希望する場合は、加算の届出をしていただきますよう、お願いします。

  • 【訪問リハビリ・居宅療養管理指導】 特別地域加算等
  • 【通所介護・短期入所生活介護・特定施設入居者生活介護・介護老人福祉施設】 生活機能向上連携加算
  • 【通所介護】 ADL維持等加算
  • 【通所リハビリ】 リハビリテーション提供体制加算
  • 【短期入所生活介護・短期入所療養介護】 認知症専門ケア加算
  • 【短期入所療養介護】 在宅復帰・在宅療養支援機能加算
  • 【短期入所療養介護・介護老人福祉施設】 療養体制維持特別加算
  • 【特定施設入居者生活介護】 身体拘束廃止取組 入居継続支援加算 若年性認知症入居者受入加算
  • 【居宅介護支援】 ターミナルケアマネジメント加算
  • 【介護老人福祉施設】 配置医師緊急時対応加算 褥瘡マネジメント加算
  • 【介護療養型医療施設】 入院患者に関する基準

 

(2) 算定要件が変更となる加算
  訪問リハビリ及び通所リハビリにおけるリハビリテーションマネジメント加算、社会参加支援加算や介護老人福祉施設における看取り介護加算など、加算そのものは報酬改定以前から存在しているが、算定要件が変更となるものにつきましては、各事業所において変更点をご確認いただき、新しい算定要件を満たしていただきますよう、お願いいたします。(新しい算定要件を満たさなくなった場合には、加算の取り下げをしてください。)

(3) 既存の加算で区分の変更があったものについては、別紙留意事項(外部リンク)を確認の上、提出してください。


【参考資料】

報酬告示等 → 官報号外第59号(外部リンク)

留意事項通知等 → 介護保険最新情報Vol.628(外部リンク)

平成30年度介護報酬改定に関するQ&A

  ・Vol.1(平成30年3月23日) → 介護保険最新情報Vol.629(外部リンク)

  ・Vol.2(平成30年3月28日) → 介護保険最新情報Vol.633(PDF:283KB)

届出様式


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部介護・地域福祉課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

kaigofukushi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?