ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 京都福祉のリアル発信プロジェクト発表会『学生が取材!私たちが見た福祉のホント』を開催

ここから本文です。

京都福祉のリアル発信プロジェクト発表会『学生が取材!私たちが見た福祉のホント』を開催

報道発表日:平成31年1月21日

京都府健康福祉部介護・地域福祉課
電話075-414-4561
FAX075-414-4572

急速な高齢化が進む中、福祉人材の確保が急務となっており、学生等若者に対して福祉の魅力を発信していくことが重要となります。

そこで、福祉の仕事に興味がある京都の大学に通う学生が、福祉に対するそれぞれの疑問を携えて、「上位認証法人(※)」で働く職員に密着取材をし、同世代の若者に向けて、福祉の仕事のリアルな姿やこれからの福祉について学生自身のことばで発信する「京都福祉のリアル発信プロジェクト」を実施しています。

つきましては、プロジェクトの成果発表会『学生が取材!私たちが見た福祉のホント』を開催しますので、多くの方々にお越しいただけるよう事前の周知と当日の取材についてよろしくお願いします。

※福祉業界がもつネガティブイメージを払しょくし、大学や養成校の学生等の若者をはじめ、多くの方々に福祉の職場を就職先として真剣に考えてもらいたいという想いから、京都府では、「きょうと福祉人材育成認証制度」を創設し、人材育成に積極的に取り組む事業所を認証しており、特に先進的な取り組みを行っている法人を「上位認証法人」として認証しています。(平成31年1月現在11法人)

「京都福祉のリアル発信プロジェクト」ちらし(PDF:315KB)

1.日時

平成31年2月9日(土曜日)13時30分~16時

2.場所

京都府立京都学・歴彩館小ホール

(京都市左京区下鴨半木町1番地29)

3.参加対象者

福祉の仕事に興味がある大学生・専門学校生

(定員50名(先着順)、学年は問いません。)

4.内容

(1)5組6名の学生による取材発表「私たちが見た福祉のホント」

学生×社会福祉法人同和園

相談職に現場での経験って必要ですか?

学生×社会福祉法人南山城学園

カフェの支援といろんなコミュニケーション!

学生×社会福祉法人くらしのハーモニー

福祉が目指す地域のカタチって?

学生×社会福祉法人リガーレ暮らしの架け橋

福祉のこれからを「上の人」に聞いてみた!

学生×社会福祉法人みねやま福祉会

療育のホントの姿が知りたい!

(2)参加型グループトーク「もっと知りたい福祉のホント」

発表テーマごとにグループにわかれ、学生と上位認証法人職員で座談会を行います。

5.参加費

無料

6.予約方法

原則「予約制」ですが、当日参加もOKです。

1.WEB:https://kyoto294.net/schedule21992/

2.メール:kyoto-fukushi@eidell.co.jp

「氏名、性別、電話番号、メールアドレス、大学名、学部・学科名、学年」をご連絡ください。

7.問合せ先

京都府福祉人材サポートセンター事務局コンサルティング部門

株式会社エイデル研究所京都支社(電話075-253-0201)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?