ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 地域福祉推進課 > 北部地域の介護・福祉事業所と連携して中丹で開講『福祉即戦力人材養成科』受講生を募集します

ここから本文です。

北部地域の介護・福祉事業所と連携して中丹で開講『福祉即戦力人材養成科』受講生を募集します

報道発表日:令和元年8月7日

京都府健康福祉部地域福祉推進課
075ー414ー4561

京都府商工労働観光部人材開発推進課
075ー414ー5101

京都府北部地域は、府内でも特に高齢化率が高く、介護の必要な高齢者を支える介護・福祉人材の確保が緊急かつ重要な課題です。ついては、離職者向けの職業訓練として、中丹地域において開講する福祉即戦力人材養成科の受講生を募集します。
なお、講師については、中丹地域の介護・福祉事業所の職員が務め、地域の課題については、その地域で解決することを目指しています。

1 募集期間

令和元年8月23日(金曜日)~10月3日(木曜日)

2 対象

公共職業安定所(ハローワーク)に求職申込をされている方

3 募集人数

25名

4 申込先

住所地の公共職業安定所(ハローワーク)

5 選考試験

10月10日(木曜日) 中丹勤労者福祉会館(福知山市昭和新町105番地)

注1※筆記試験(国語・数学)

注2※応募人数により選考試験を実施しない場合があります

6 訓練機関

令和元年10月24日(木曜日)~令和2年3月23日(月曜日)(5ヶ月間)

7 訓練会場

主に中丹勤労者福祉会館(福知山市昭和新町105番地)

8 費用

無料

但しテキスト代(16,940円)・保険料・健康診断料は自己負担

参考

別日程で実施する丹後地域開講分は、24名の受講生が集まり、8月1日から訓練を開始しています。

『福祉即戦力人材養成科』とは

介護職員初任者研修及び介護福祉士国家試験受験資格要件となる実務者研修450時間のうち330時間に京都府オリジナル研修(施設実習・ビジネススキル等)を加えた5ヶ月間の講義・実習からなる訓練です。

3つのメリット

1.介護福祉士国家試験受験資格取得への近道です!

実務経験ルートにおける「介護福祉士国家試験」の受験資格要件となった「実務者研修」450時間のうち330時間を修了できます。

2.福祉施設への就職を前面サポート!

合同説明会や面接対策などの就職支援を行い、就職に向けて全面的にサポートします。

3.「雇用保険の失業給付」や「職業訓練受講給付金」の制度があります!

雇用保険の受給資格者で、公共職業安定所の受講指示(受講推薦は対象外)を受けて受講される方は、訓練期間中、「雇用保険の失業給付」が受けられます。

また、「雇用保険の失業給付」を受給できない求職者で、一定の条件を満たす方は、「職業訓練受講給付金」を受給できる場合があります。詳細はお近くのハローワーク窓口へお尋ねください。

お問い合わせ先

北京都ジョブパーク福祉人材コーナー

TEL:0773-22-2815

FAX:0773-22-2818

福祉即戦力人材養成科(中丹会場)チラシ(PDF:1,619KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?