ここから本文です。

丹後の海の生き物(ハリセンボン)

ふぐ提灯に加工されたハリセンボン

  ハリセンボンはフグの仲間ですが、体の表面に長い針状のとげがあります。このとげは鱗が変化したものです。名前はユーモラスで、名は体を表す典型的なものですが、とげの数は実際には1,000本もなく370本前後だそうです。
  丹後の海では、秋から初冬にかけて、強い北西の季節風によって、岸近くに吹き寄せられ、定置網に大量に入ってきます。絞りきった網の中で浮いているハリセンボンの群れは壮大です。
  また、時化の後の浜辺に、波で打ち上げられた15センチほどのハリセンボンをよく見かけます。これからの季節、最近はやりのビーチコーミング(海辺に打ち上げられた漂着物の観察、蒐集などを目的にした海岸の散策)のお目当てにいかがですか。

京都府立海洋センター 主任研究員 傍島直樹
(平成17年11月30日、京都新聞掲載)               

 

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?