ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヤナギムシガレイ)

ヤナギムシガレイ

  ヤナギムシガレイはそのスマートな体が笹の葉に似ていることからササガレイと呼ばれています。ササガレイの薄塩の一夜干しは、頬がたれる程甘くて美味しいといわれ、高級食材のひとつとなっています。
  丹後では主に秋季に底曳網で水揚げされます。漁場は水深150メートル前後の所ですが、産卵期の1~2月頃には水深50メートル前後の浅場まで移動し、刺網などで獲られることもあります。
  ヤナギムシガレイは乱獲などの影響で、一時はほとんど獲れなくなり、「幻の魚」と言われました。その後、網の目合を大きくし、小さい魚は保護するなど漁業者の皆さんの取組みによって、最近は安定して水揚げされるようになりました。

 
京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
 (平成17年12月14日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?