ここから本文です。

丹後の海からの情報(平成20年1月)

12月の情報はこちらから

新年早々から寒ブリが豊漁です!

  1月4日から20日までの間に、主に伊根町新井崎、舞鶴市田井の大型定置網で、体重約10キログラムの大型ブリが8,617尾(約83トン)漁獲されました。
  1月に80トンを超える漁獲があったのは、昭和56年以来27年ぶりです。

ブリの豊漁

 

2年連続、平成19年もサワラの水揚げが日本一になりました

 昨年の年間漁獲量は、2,230トンでした (平成18年1736トンの28.5パーセント増でした) 。
さわら銘柄(体重1.5キログラム以上)が166トン、さごし銘柄が2,064トンでした。

大量に漁獲されたサワラ

ダイオウイカが舞鶴市神崎海岸に漂着しました

  舞鶴市の神崎海岸(西神崎:由良川右岸河口付近)にダイオウイカが漂着しました。全長約3.3m、外套長約1.8mという巨大なイカで、まさに大王の貫禄でした。発見は12月27日朝ですから、12月26日から翌27日にかけて漂着したものと思われます。
  冬季の日本海では、まれに海岸に漂着したり定置網に入ったりします。昨冬は特に漂着数が多く、山口県や兵庫県など日本海全体で6個体もの報告がありました。
  近年の京都府の記録は、以下の3例です。1つ目は2002年1月15日に京丹後市網野町五色浜で捕獲された例、2つ目は2003年1月11日に舞鶴市野原の大型定置網に入網し捕獲された例、3つ目は2007年1月24日に伊根町鷲崎の小型定置網に入網したが逃避したという例です。
  今回の個体は、過去に当所が入手した2個体と同様、東京にある国立科学博物館に研究用標本として提供しました。
  今回の標本もたいへん貴重なものですが、残念ながら胴体の一部が刃物で切り取られていました。ダイオウイカの生態はあまり知られておらず、非常に謎の多いイカです。また、その標本も滅多に手に入れることができません。もし、ダイオウイカを捕獲したりお見かけになったりしたら、都道府県の水産試験場などに連絡して下さい。携帯電話のカメラやムービーで撮影したものでも貴重な資料となります。

ダイオウイカ画像1

ダイオウイカ画像2

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?