ここから本文です。

丹後の海の生き物(微細藻類)

微細藻類

  読んで字のごとく、非常に小さな植物プランクトンの総称です。写真は珪酸質の殻に包まれた細胞が特徴的な珪藻の仲間。アンテナ状に突き出た部分は刺毛(しもう)と呼ばれ、海水中で浮遊生活を営む上で大変都合良くデザインされています。刺毛を除く大きさはわずか数ミクロン。あまりに小さいため、普通の顕微鏡では詳細を観察することは出来ません。
  この珪藻、実は海洋センターが生産するトリガイやイワガキの幼生の餌。口の小さな幼生のために、数ある微細藻の中から選りすぐった種類です。海水に数種類の栄養を加えた培養液と、適度な明るさがあれば、室内でも容易に増殖させることができます。
  センターの研究員が天橋立近くの阿蘇海で本種を採集したのは1970年代の後半、「水産試験場」から「海洋センター」に改称してまだ間もない頃の話。以来約30年もの間、海を離れフラスコの中で静かに世代を重ねています。大切な元種を絶やしては大変。培養液の交換や間引きなど、定期的な世話が欠かせません。

京都府立海洋センター主任 今西裕一 

(平成19年4月25日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?