ここから本文です。

丹後の海の生き物(ハダムシ)

ハダムシ


  「ハダムシ」は、その名の通り多くの海産魚の肌(体表)に寄生する虫です。ブリに寄生する「ベネデニア・セリオレ」が代表選手といったところでしょうか。この虫は単生類カプサラ科の仲間で、魚の体表に強固に付着し、上皮細胞や粘液などを摂取して、体長10mm程度に成長します。この虫が大量に寄生すると、粘液を多量に分泌し、体表はただれ、出血を伴うこともあります。生簀網などに体をこすりつけるため、傷口から病原菌が浸入し、死に到ることもあります。
  ハダムシ対策としては、淡水中に魚を3~5分間浸す方法が一般的です。その他、生簀網の交換や乾燥も有効な対策です。海洋センターでは、府内養殖業者に対して、養殖魚の寄生虫検査や対策指導も行っています。
 
京都府立海洋センター 海洋生物部長 傍島直樹
 (平成21年1月30日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?