ここから本文です。

丹後の海の生き物(ハコフグ)

ハコフグ

 

  潜水調査をしていると、遠くから、四角い物体がゆっくり近づいてきます。よく見ると、小さな鰭を小刻みに動かして泳いでいるハコフグでした。その名の通り箱のような体型に、前に突き出たおちょぼ口。とても愛嬌のある容姿です。
  身を守るために、鱗が変形した固い甲羅のような皮で体全体が覆われています。その代わり、体を曲げたり、くねらせたりすることができないため、速く泳いだり、急に方向を変えることができません。 体内に毒はないものの、皮膚に粘液性の毒を持ち、刺激を受けると体外に分泌します。最近は、観賞魚としても人気がありますが、他の魚と一緒に飼育していると、ハコフグの毒で全滅することもあるそうです。
  他のフグと同様に、調理には免許が必要なため、食べる機会は少ないですが、その味は絶品だとか。お腹を割って、そこから味噌、ネギ、取り出した肝を混ぜたものを詰めて、そのまま直火であぶります。自身を守るための硬い体が、皮肉にもちょうど良い器になります。ちょっと可哀想な気もしますが、一度食べてみたいものです。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
 (平成20年3月26日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?