ここから本文です。

丹後の海の生き物(イズカサゴ)

イズカサゴ

  丹後では「オニカサゴ」、「オコゼボコ」などとも呼ばれています。沖合に生息する大型のカサゴで、体長50cm以上に成長します。丹後海では主に水深100 m以上の礁場(くりば)付近に生息し、エビや小魚を食べています。体色は赤く、顔中に棘(とげ)があるため顔は厳(いか)つくみえます。オニオコゼのような毒魚ではありませんが、背鰭、腹鰭および尻鰭に鋭い棘を持ち、図鑑によっては毒棘と説明がしてあります。刺されると激痛がして、1~2日は疼くこともあるので取り扱いには気をつける必要があります。
  延縄や一本釣りで漁獲されますが、水揚げ量は少ないので、一般にはなじみの薄い魚です。しかし、顔に似合わず白身で美味しく、市場では高級魚として取り扱いを受けています。新鮮であれば刺身がおすすめですが、骨などから良いダシが出るので鍋物にも向いています。
  遊漁でも人気の魚種の一つになっています。

京都府農林水産技術センター海洋センター 主任研究員 濵中雄一
(現 丹後広域振興局 農林商工部 地域づくり推進室)

丹後の海の生き物一覧

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?