ここから本文です。

研究こぼれ話

  平成21年4月1日、京都府立海洋センターは、京都府の農林水産関係試験研究機関の組織再編により、京都府農林水産技術センター海洋センターとして新しい歩みをスタートしました。
  新しい海洋センターの”今”を皆さんにお伝えするため、「研究こぼれ話」をお届けします。海洋センターの職員一同が、日々の業務として行っていること、業務を通じて感じたこと等を業務の対象としている水産生物と関連させて紹介していきたいと考えています。
  少しでも海洋センターの業務や海、漁業、水産生物等々に関心を持っていただき、理解を深めたいただけたら幸いです。

宮津漁業無線局と「かんじき」(平成24年3月28日)

温排水調査(平成24年2月29日)

「アカモク」と「ジンバ」の見分け方(平成24年2月1日)

「ウミネコ」と「オオミズナギドリ」(平成24年1月4日)

アワビの年齢(平成23年11月30日)

ヤナギムシガレイ漁の謎…?(平成23年10月27日)

大型クラゲ情報にご注意を!(平成23年9月28日)

阿蘇海のアマモ場調査(平成23年8月31日)

平安丸の夜間航海…調査後のひととき(平成や23年7月27日)

トリガイ稚貝の中間育成(平成23年6月29日)

底びき網の「漁師鍋」(平成23年6月1日)

トリガイの種苗をつくる(平成23年4月27日)

漁業無線って?(平成23年3月30日)

魚の年齢を調べる(平成23年3月2日)

モモガニって何?(平成23年1月26日)

魚病診断(平成23年1月4日)

アワビの生殖腺熟度調査(平成22年12月1日)

自動観測ブイの設置(平成22年10月27日)

風船を使った藻場の撮影(平成22年9月29日)

アカモクを育てる(平成22年9月1日)

海の仕事の必須技術…ロープワーク(平成22年7月28日)

垂下飼育コンテナの付着生物除去作業(平成22年6月30日)

標識アカガレイの再捕(平成22年5月31日)

ハマグリの分かれ話「ハマグリの成長について」(平成22年4月28日)

アカアマダイの標識放流(平成22年3月31日)

阿蘇海に潜る(平成22年2月26日)

プランクトン調査(平成22年1月29日)

市場調査(平成22年1月4日)

藻場造成域のアワビ(平成21年11月27日)

・サワラの標識放流(平成21年10月28日) 

・ホンダワラ種苗の葉が抜け落ちた!(平成21年9月30日)

・ズワイガニの「群れ」(平成21年8月26日)

丹後の海でクジラ漁!?(平成21年7月29日)

・カギノテクラゲに注意!(平成21年6月30日)

・ズワイガニの標識放流(平成21年5月27日)

・アサリの成長(平成21年4月30日)

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?