ここから本文です。

底曳網漁業

漁業の概要

  京都府では、15トン未満の小型底曳網 8隻、20トン未満の沖合底曳網 3隻が操業しています。底曳網の漁場は水深100~350m付近の大陸棚斜面域で、兵庫・福井県船の一部も入会操業をしています。この漁場では、ズワイガニやアカガレイなどの資源管理を目的として、コンクリートブロックを設置し、周年の操業が禁止されている「保護区」や時期を限定した操業禁止区域などが設定されています。

京都府の底曳網漁船停泊中 底曳船が西舞鶴港に到着

漁場

操業禁止区域

保護区

 


  京都府の底曳網は一般的にかけまわしと呼ばれる漁法で、1.浮標樽 2.左舷ロープ 3.網 4.右舷ロープ の順番で漁具をひし形状に海に投入します。
  最初に投入した浮標樽を取り揚げて両舷ロープを船尾に固定し、約1~2ノット(時速約2~4km)の速力で、40分から2時間程度曳網します。 

底曳漁法図 底曳揚網風景

 

漁獲量および金額 

  底曳網漁業の漁獲量および金額はそれぞれ600~1,100トン、5~10億円の範囲で推移しています。

底曳網漁獲量及び漁獲金額の年変化

 (平成22年までの漁連データ集計) 

 

  底曳網で漁獲される魚介類の中では、ズワイガニ(1、2)、ハタハタ、カレイ類などが高い割合を占めています

底曳網主要種の漁獲重量割合(H22) 底曳網主要種の漁獲金額割合(H22)

 

(平成22年の漁連データ集計)

 

漁獲される魚介類

秋漁期(9~10月頃) 

ヤナギムシガレイ ニギス キアンコウ アカムツ ミズダコ カナガシラ ユメカサゴ マダラ


冬漁期(11~3月頃) 

ズワイガニ(12) アカガレイ ヒレグロ クロザコエビ・トゲザコエビ ノロゲンゲ タナカゲンゲ  


春漁期(4~5月頃)  

ハタハタ ソウハチ ハツメ ムシガレイ 


※6月1日~8月31日は、休漁期

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?