ここから本文です。

丹後の海の生き物(マダラ)

マダラ

  マダラは、亜寒帯冷水域の北日本沿岸を中心に分布し、京都府沖は分布の南限にあたります。京都府では冬に底曳網で稀に漁獲されます。鮮度落ちが早く、長距離輸送が難しかったころ、京都では珍しいものを例えて「京の生鱈」と言ったほど貴重な魚でした。今では保冷・輸送の技術も発達し、京都でも北海道・東北産のものが流通しています。
  マダラは冬の産卵期に浅場へ移動してきますが、通常は水深数百メートルの冷たい深海で生息しています。深海魚らしく身は白く、その味はあっさりとし、それでいて大変旨みもあり、鱈鍋やムニエルとして広く食べられています。マダラは、オキアミ・エビ・カニ・イカ・魚などを「たらふく」食べます。そのためか成長も早く、4歳で体長60センチ・体重3キロにもなります。大きな親魚の体にみられる金色と褐色の独特の「まだら模様」がマダラの名前の由来とも言われています。
  現在、日本海のマダラ資源は低いレベルで推移しています。おいしいマダラの資源量の回復が待ち遠しく思われます。

京都府立海洋センター技師 藤原邦浩
 (平成19年3月7日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?