ここから本文です。

丹後の海の生き物(ミノカサゴ)

 

ミノカサゴ

 

  海に潜っていて、長く美しい胸鰭を広げて優雅に泳ぐミノカサゴの姿を見つけると、思わず目を奪われてしまいます。その長い鰭が、藁で作った蓑(みの)に似ていることから「蓑笠子」と名前が付いたようです。同じ魚でも、国によってはその姿からイメージするものは大きく変わるようで、英名ではライオンフィッシュという勇ましい名前が付いています。
  丹後の海では見慣れない魚ですが、夏になり水温が高くなると姿を現します。岩場や障害物のあるところが好きで、調査のために設置している魚礁にも姿を見せてくれます。
  動きは比較的緩慢で、近づいても他の魚のように素早く逃げることはなく、悠々と泳いでいます。だからといって、手を出したりするのは危険です。この魚は、背鰭や胸鰭に強い毒を持っています。一見おとなしそうにも見えますが、しつこく追いかけたりすると、背鰭を立てて向かってくることさえあります。刺されると、患部が赤く腫れ上がり、激しい痛みに襲われます。最近では、観賞用に売られていますが、飼育の際にはくれぐれもご注意を。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
 (平成20年2月6日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?