ここから本文です。

採介藻漁業

漁業の概要

採介藻漁業とは,素潜り(潜水漁法)や船上から箱メガネで覗きながらヤスなどを使って(水視漁法:下図左上),貝類や海藻を採捕する漁業です。また,砂地にいるアサリなどをジョレン(下図右上)で獲る漁法も含まれます。水視漁法では,対象とする生物の種類に応じて鎌(下図左下)やヤス(下図右下)などの漁具を使い分けています。

水視漁法 アサリ掘りに使うジョレン
ワカメ刈りに使う鎌 サザエ獲りに用いるヤス

アワビやサザエの資源を増やすために,種苗を放流したり(下図),害敵を駆除するなどの栽培漁業の取り組みが行われています。

 アワビ種苗の放流

 

漁獲量および金額

採介藻漁業の漁獲量および金額はそれぞれ320~440トン,2.6~3.1億円の範囲で推移しています。

 

 

(平成13年から22年までの漁連データ集計) 

 

漁獲量では,カキ,サザエが高い割合を占めています。アワビは単価が高いので,漁獲量の割に漁獲金額に占める割合が高くなっています。

 

(平成22年の漁連データ集計)

 

 

漁獲される魚介類


貝類
サザエ,アワビクロアワビ,メガイアワビ),イワガキ,アサリ
海藻類
ワカメ,モズク,イシモズク,ホンダワラ,エゴノリ,マクサ
その他
ウニ,マナマコ

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?