ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 鴨川 > 鴨川景観対策事業補助金

ここから本文です。

鴨川景観対策事業補助金

鴨川は川と人の営み、山並み等が一体となり、中でも二条大橋から五条大橋の区間は京都の夏の風物として有名な鴨川納涼床もあり、情緒豊かな景観を形成しているため、平成26年3月14日に京都府鴨川条例に基づき景観配慮の要請に係る区域に指定されたところです。

この区間の室外機等については、良好な景観を阻害しないよう配慮することが求められているため、京都府では、二条大橋から五条大橋までの鴨川右岸(西側)に面している冷暖房機の室外機について、目隠し等の景観対策をしていただけると、施工費等に対して一定の補助を行うことといたしました。

京都府や京都市の許可等が必要となる場合がありますので、まずは御相談ください。

補助対象区域

鴨川右岸の二条大橋から五条大橋までの区間

補助対象者

二条大橋から五条大橋までの鴨川右岸(西側)の河川区域に隣接する土地所有者又は使用者が構成員となっている団体(事業協同組合、町内会、自治会その他の団体)

補助対象経費

二条大橋から五条大橋までの鴨川右岸(西側)に面して建物1階以下に設置されている冷暖房機の室外機に対して行われる塗装、撤去、河川区域から見ることができない場所への移設、目隠しの設置に要する経費

ただし、最低自己負担額は、1建物当たり1万円です。

なお、補助対象となるのは、河川法、京都市風致地区条例、京都市市街地景観整備条例及び鴨川景観対策(エアコン室外機等対策)ガイドライン(PDF:293KB)に抵触していないものに限られます。

補助率及び上限額

区分

補助率 上限額

塗装し、かつ、府内産木材の目隠しを設置することに要する材料費及び施工費

10分の10以内 1台当たり4万円

府内産木材の目隠しの設置に要する材料費及び施工費

10分の8以内 1台当たり3万円

府内産木材以外(木製又は金属製)の目隠しの設置に要する材料費及び施工費

2分の1以内 1台当たり1万5千円

鴨川河川区域から容易に見ることができない場所への室外機の移設に要する材料費及び施工費

2分の1以内 1台当たり1万5千円

撤去に要する施工費

2分の1以内 1台当たり1万5千円

塗装に要する材料費及び施工費

3分の1以内 1台当たり1万円

 

鴨川景観対策事業補助金交付要綱

要綱本文(PDF:90KB)

申請様式(PDF:80KB)

変更申請様式(PDF:75KB)

実績報告様式(PDF:78KB)

室外機景観対策補助事業チラシ(PDF:292KB)

補助金交付実績(京都府鴨川条例景観対策適合)

京都市下京区斉藤町140-18 スコルピオーネ吉右・・・5台
京都市下京区西石垣通四条下ル斉藤町136 料亭「鳥彌三」・・・6台

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部河川課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6312

kasen@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?