ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 平成28年度 講義の様子

ここから本文です。

平成28年度 講義の様子

1年生

基礎看護学方法論Ⅳ(排泄)

排泄の授業では、床上排泄、浣腸、導尿などの技術を学びました。

36haisetu

1年間、多くの基礎看護技術の学内実習などに取り組んできました。

基礎看護学方法論Ⅰ(フィジカルアセスメント)

9月から、フィジカルアセスメントの授業が始まりました。

対象の、何を、どうみるのかを「考える」過程を学んでいきます。

36fiji1

黄色チームは肺の位置を真剣に描いています。

36fiji2

Tシャツを着用してみて聴診の位置がわかりましたか?

36fiji3

緑チームはフィジコさんの呼吸音の聴診です。

4つの異常呼吸音の聴き分けができましたか?

36fiji4

36fiji6

36fiji5

赤チームも苦戦中。教え合いながら肺や心臓の位置を描きました。

授業の復習もコツコツ頑張っています。

 

老年看護学概論Ⅱ

10月の授業では、各グループが高齢者体験から学んだことを発表します。

36kourei2

右半身が不自由で生活が大変なことに気づきます。

36kourei1

実習先の北部医療センターにもおじゃましました。

老年期にある方の身体面・精神面・社会面を理解できるように考えていきましょう。

 

京都府立医科大学にて研修

7月20日、1年生が、人体の構造と機能を理解するとともに、人間の尊厳について学ぶことを目的に、京都府立医科大学へ行きました。

28idai1

とても天気の良い日となりました。

28idai2

昨年度より京都縦貫自動車道の京丹波わちICと丹波IC間が開通したため、あっという間に到着しました。

講義の後は、学んだことをレポートにまとめ提出しました。

人間の尊厳、生命の尊厳についても常に振り返り、これからの授業も積極的に学んでいってください。

28idai3

基礎看護学概論Ⅰ

1年生は入学して早くも4ヶ月がたちました。

講義は基礎分野、専門基礎分野、そして、専門分野Ⅰへと進んできています。

授業は講義を聴講するだけではなく、自分の考えを発表する機会が増えてきました。

28gairon1

クラスの仲間と意見交換をして学びを共有していく力をつけていきましょう。

夏期休暇明けは試験があります。

体調をしっかり管理しながら乗り越えていきましょう!

 

学内実習(移乗・移送)

6月2日、車椅子とストレッチャーによる移乗・移送の実習を行いました。

患者さんの安全と安楽を考慮して実践します。

  idou1

少しの段差でも振動があります。

idou2

天気が良く、スロープの昇降もできました。

idou3

学生間の意見交換も楽しそう。

idou4

idou5

ベッドからストレッチャーへの移乗は4人で息を合わせて・・・。

idou6

学内実習の後は、記録の提出が大変ですが、皆さん頑張っています。

 

2年生

医療安全

看護の統合と実践の講義が始まってきました。

医療安全の演習では、医療事故の要因を皆で考えました。

35iryouanzen

2名の模擬患者の事例を通して、転倒事故などの防止対策について実践し、振り返りました。

在宅看護論

2年生は1年次より授業の内容がより専門的になってきました。

4月から統合分野の講義が始まりました。

在宅における日常生活支援の方法と技術を理解するために、在宅看護実習室で授業を行いました。

35zaitaku1

訪問時の基本的マナーを学びます。

身だしなみ、言葉遣いなどに配慮できましたか?

35zaitaku2

日常生活への援助技術はもちろん、利用者様を尊重すること、倫理的配慮も学びます。

安全安楽、安心できる声かけはできましたか?

学んだことをクラスの仲間と意見交換し、より学びを深めていってください。

3年生

基礎看護学概論Ⅲ (看護研究)

3年生は卒業前に、ケーススタディについて取り組み、発表をしました。

34kesu1

34kesu2

34kesu3

皆、素晴らしい発表でした。

卒業後も、看護について研究を続けていってください。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部 京都府立看護学校

与謝郡与謝野町字男山455

電話番号:0772-46-3258

ファックス:0772-46-6234

kpsn@mxc.nkansai.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?