ここから本文です。

学校案内

本校の位置づけ・教育理念・目的・目標

本校の位置づけ

本校は、京都府内の医療保健福祉施設で必要とする質の高い看護職者を育成し、その需要を果たすことが責務である。特に、設置地域である京都府北部の看護職者の充足に貢献することを期待されている。

教育理念

看護の対象は、共に生きる人間である。その原点に立ち「人間愛」を基盤とした豊かな感性を培い、人間を総合的に理解できる能力を育てる。また、社会の変化や医療の高度化・多様化に対応できる専門的知識・技術を身につけ、倫理に基づいた看護を実践し専門職業人として生涯にわたり看護を探究できる能力を養う。さらに、保健・医療・福祉チームの一員として、地域医療に貢献できる人材を育成する。

教育目的

社会のニーズに対応できる基礎的知識、技術を養い、倫理に基づいた看護が実践できる看護師を育成する。

教育目標

教育理念、教育目的を達成する為に、次のような具体的目標を設定して努力しています。

  1. 人を慈しみ、思いやる人間愛を基盤とした感性豊かな人間性を培い、良好な人間関係を築くことができる。
  2. 看護の対象である人間を総合的に理解できる能力を養う。
  3. 科学的根拠をふまえて、対象に応じた看護実践が出来る基礎的能力を養う。
  4. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チームの一員として看護の役割が果たせる基礎的能力を養う。
  5. 専門職業人としての倫理観を育み、主体的に看護を学び続ける基礎的能力を養う。

その他概要

設置の趣旨及び沿革

京都府が、京都府北部地域の要望により看護師確保対策の一環として設置し、昭和56年4月に開校。

特色

本校は、臨床に即した判断能力と実践能力を育成するため、1年次から系統立てた技術教育に力を入れています。学生個々の習熟度に応じた個別の指導を強化し、確実な知識と共に看護技術の習得ができるよう教育体制を整えています。

課程及び修業年限

3年課程の看護学科 全日制

応募資格

(1)高等学校を卒業した者、又は文部科学大臣の定めるところにより、これと同等以上の学力があると認められる者

(2)個別の入学資格審査により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で18歳に達した者

卒業後の資格

(1)看護師国家試験受験資格

(2)保健師、助産師学校受験資格

(3)専門士(看護専門課程)の称号授与

学費等

(1)入学金 5,650円

(2)授業料 118,800円(年額)

(3)その他諸費用 教科書代、実習交通費、実習教材費及び実習衣等はその都度学生が実費負担

※上記金額は、平成29年度の額であり、改定される場合がある。(改定された場合は、改定後の額を適用する。)

休業日

(1)土曜日・日曜日

(2)国民の祝日に関する法律に規定する日

(3)夏期・冬期及び学年末休暇

修学資金等貸与制度

(1)京都府立看護学校修学資金貸与制度
・本校独自の修学資金貸与制度

・本校の在学生で、卒業後、1年以内に看護師免許を取得し、直ちに府北部地域(綾部市以北)において看護師業務に従事しようとする意思を有する者について、入学料・授業料相当額の修学資金を貸与するもの

・看護学校を卒業後1年以内に看護師免許を取得し、直ちに免除対象施設に就業し、引き続き5年間従事した場合、返還を免除する

(2)京都府看護師等修学資金貸与制度 月額32,000円 (推薦枠あり)

(3)独立行政法人日本学生支援機構奨学金貸与制度 (推薦枠あり)

※(1)と(2)の併給はできない

学生寮

通学困難者で女子の希望者のみ利用可 寮費無料(光熱水費の負担あり)ただし改定される場合がある。

お問い合わせ

健康福祉部 京都府立看護学校

与謝郡与謝野町字男山455

電話番号:0772-46-3258

ファックス:0772-46-6234

kpsn@mxc.nkansai.ne.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?